【第二新卒】1年未満でも職務経歴書が書ける!考え方3つのコツ

     
       
職務経歴書_1年未満
         

第二新卒で就職活動をしている方の中には、1年未満の職歴で職務経歴書に”書くことがない”と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし考え方一つで職務経歴書が書けるようになります。

この考え方のコツを掴み経歴書を書き進めましょう。

【第二新卒】1年未満でも職務経歴書が書ける!考え方3つのコツ

”まだ誰でもできることしか、数ヶ月で経験していない”と悩む第二新卒が多いのではないでしょうか。

しかし数カ月間のみの職歴であっても、第二新卒として就職活動を行う方であれば、必ず職務経歴書に書くことはあります。そうは言っても、”経験が浅い”や”実績が少ない”などと考えると、やはり”書くことがない”と悩む方が多いのが事実です。

職務経歴書で悩む第二新卒に向けて、3つの考え方をご紹介致します。

  1. 他人と比較はNG
  2. 面接官の気になることに答える
  3. 一番イイタイコトを伝える

それでは具体的にどのようなことを意識するかチェックしましょう。

1. 他人と比較はNG

応募書類に書くことがないと悩んでいる方の多くは、”誰でもできる”や”簡単なことしかできない”と悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。このように他人と比較してしまいがちですが、そもそも他人との比較は間違いです。

就職活動で企業側が知りたいことは、誰かと比較して何ができるのかではなく、”あなたは何ができるのか”が知りたいのです。もちろん採用人数は決まっているため、事実上競争が行われています。しかし、エントリー候補者の中で比較し、”一番優れているから採用!”とはなりません。採用人数がゼロのこともあります。

つまり職務経歴書を含む採用面接では、

”他人と比べてできるかではなく、企業の採用基準を満たしているか”

という絶対評価になるということです。ここで書類選考で企業が評価するポイントを整理するとすると、面接官は下記2つのポイントでマッチングを図ります。

  • 何を経験してきたのか
  • それをどのように会社で活かせるのか

これらを考えるときに何を意識すれば良いのかポイントを考えましょう。

1.1 何を経験してきたか

自分にとって些細だと感じることでも、自信を持って”経験した”と捉えることが重要です。

なぜならば、企業が求めているレベル(基本的な知識or年単位の経験)が正確には分からない、かつ、条件緩和がされる可能性があるためです。応募条件に明記されていることもありますが、自分が過大評価・過小評価している可能性は否めません。

知識があるかないかで市場価値は変化することを前提に、自分の知識・経験を過不足なく面接官に伝えることが必要です。

<POINT:自分の経験を過不足なく伝える>

知識があるかどうかを応募書類で判断するために、”経験がある”や”資格を持っている”ことは網羅的に書くことを意識しましょう。少しでも知識があれば、入社後の教育コストを減らすことができるためプラス印象になります。また、”良い意味で”第二新卒は経験が浅いと思われているため、知識があることは想像の何十倍も面接官にとってプラスに映ることがあります。

条件緩和については採用現場で非常によくある考え方です。企業が求める人材に100%マッチした人材が採用できることは非常に少ないです。採用活動を行っていく中で当初必要としていた条件を緩和して採用をすることもあります。

1.2 どのように活かせるか

「どのように活かせるか」は「入社後活躍できるか」ということで、自分が経験したことの類似点やプロセスについてを確認します。

ここで重要なのは今までの成果や結果では、これをアピールできないということです。企業側が知りたいことは今までの成果ではなく、入社後に活躍するかの再現性です。

成果や結果ももちろん取り組んだ証明になるため重要ですが、成果だけで転職後も同等の結果を出せることの証明はできません。

つまり大きな成果を求められていると錯覚しがちですが、そうではありません。

自分にとっては小さな結果や成果であっても、取り組みや課題解決のプロセスを証明するために結果を示しアピールしましょう。

2. 面接官の気になることに答える

もちろん”自分が言いたいことを伝える”ことも大事ですが、大前提として面接官の質問に答える・質問を想定して答えることが必要です。

書類選考や面接は企業側が、採用基準を満たしているか”質問を通じて”判断する場です。そのため、聞かれていないことには答えず、聞かれたこと”のみ”答えることが求められているのです。相手軸に職務経歴書を作成すると、質問に振り回されてしまうと思われるかもしれないですが、実はそれで正解です。

なぜ振り回されて良いのか、次に説明致します。

3. 一番イイタイコトを伝える

職務経歴書の書き方を調べると、”結論ファースト”や”結論先行型”と検索されます。

この”結論”は”自分が最もイイタイコト”を答え・書きます。つまり、”志望動機”や”強み”など大きなトピックの質問に対しての”最初の答えでイイタイコト”が言えると良いということです。

そうすると面接官は、イイタイコトについての質問しかしてきません。

【日常の具体例】

<NG:結論ファーストでない例>
A(男性):「Bさんと一緒にいると楽しいんだよね」
B(女性):「どういうときが楽しいの?」
A:「一緒にでかけた時に、時間忘れて話していて楽しい」
B:「なんで楽しいの?」
A:(いつまでも告白できない。。。)

<OK:結論ファーストの例>
A(男性):「付き合ってください!」
B(女性):「なんで付き合いたいの?」
A:「Bさんと一緒にいると楽しいから」
B:「私もAさんとはなしていると楽しい」

このように、イイタイコトを先に言えないと、偶然イイタイコトに関する質問が投げかけられない限り、伝えられなくなってしまいます。日常会話の例で確認しましたが、文章に落とし込んでも全く同じことが言えます。

【”学生時代に最も力を入れたこと”の例】

<NG:結論(イイタイコト)ファーストでない例>
学生時代に力を入れたことは、サッカー部のキャプテンとしての活動です。(面接官の質問の想定:キャプテンとして何をするの?)キャプテンはプレーの指導だけでなく、クラブ全体の運営にも携わりチームのまとめ役です。

<OK:結論ファーストの例>

学生時代に力を入れたことは、サッカー部でキャプテンとして各メンバの役割分担をしたことです。(面接官の質問の想定:なんでそれに取り組んだの?)当初、クラブの役割が幹部のみに割り振られており、無職の部員は出席率も悪く部活に対して消極的でした。

前者の例は質問(学生時代に最も力を入れたことは?)に答えられていそうですが、結論部分(第一文)でイイタイコトが伝えられていません。そのため、最も力を入れたことが結局アピールできずに文章が終わってしまいそうです。一方後者は、イイタイコトが伝えられているため、分かりやすく質問に答えるだけの論理展開で文章を構成することができます。

ここまで読むと、会話の中や文章の途中でイイタイコトを書けば・言えばよいのではないかと思った方もいると思います。しかし、途中にイイタイコトを入れようとすると、論理展開が崩れてしまうことがほとんどです。つまり、質問に答えていないことになりかねません。

そのため、結論としてのイイタイコトをきちんと伝え、質問に答えるようにしましょう。

4. 【おすすめ転職エージェントUZUZ】書類選考通過率93%以上!他社の10倍の時間をかける就活サポート!

UZUZは20代に特化した就職エージェント会社で、業界トップのフォロー体制で内定率86%以上の圧倒的な実績を誇っています。

一人あたりのフォローに平均20時間で、他社の5〜10倍で内定ゲットに着実に近づけます。フォローは個別サポートとスクール形式で選べます。

  • 企業毎にカスタマイズされた面接対策は無制限!
  • エントリーの強要は一切なし!

また、取引企業の厳しい審査基準を設けており、ブラック企業の徹底排除を行っています。そのため、UZUZから入社した方の定着率は93%となっています。新卒入社した企業がブラック企業で転職に慎重になっている方や、短期間で仕事を辞めてしまった方も安心です。

▽30秒で無料会員登録!UZUZはこちらからチェック

UZUZ

等身大としての自分をアピール

転職しようと考えると「採用されたい」という思いが過剰になり、企業の求める人物像に無意識で合わせ過ぎてしまうことがあります。

そうすると本来の自分がアピールできずミスマッチに繋がってしまう可能性があるだけでなく、もし選考に落ちてしまった場合に納得感が持てなくなってしまいます。

あくまで自分が経験してきたことを過大評価・過小評価せずアピールし、新たな一歩につなげましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*