新卒で派遣ってどう?安定して働ける?【新卒採用・学生向け】

     
       
キャリアカウンセリング
         

派遣というと「働き方が不安定」とか「長く働けない」そんなイメージをお持ちではないでしょうか。実は、あまり知られていないですが、新卒で派遣働くということも長期的なキャリアを考えたときにオススメの働き方なのです。その新卒にオススメの理由を紹介していきます。

長期間就業できる?

長期間の就業が可能な常用派遣という派遣就業の形態があります。これは派遣会社の正社員として雇用契約を結び、実際の就業先は別会社で派遣就業するという派遣の形態です。そのため、給与などの福利厚生面についても一般的な正社員採用の水準と変わりません。正社員としての雇用契約を結ぶため就業先が変わるかもしれない可能性はありますが、それによって給与が変わったりする心配もないので安心です。また、産休や育休制度が完備しておりボーナス支給がある派遣会社もあるので福利厚生は充実しています。また、昇給制度などもあり常用派遣就業中もキャリアアップを考えながら就業することができます。

また、常用派遣の仕事については将来的には就業先での直接雇用切り替えや転職市場で勝ち残れる人材になるように派遣就業先で経験を積んでいきます。そのようなゴール設定があらかじめあり採用しているため、その目的達成のために派遣会社は手厚いサポートを提供しています。そのようになるために、実際にどのようなサポート体制があるのかより具体的に説明していきます。

なお、常用派遣以外の派遣については派遣って実際どうなの?安定して働ける?【新卒・第二新卒向け】へ。

手厚い研修制度がある

派遣される前にビジネスマナーやPCスキルの手厚い研修があります。学生時代にパソコンをあまり使ったことがない方でも、事務の事後とでは必須になるExcelのスキルなどもゼロから研修を受けることができます。大手企業のビジネスマナー研修などは、集合型で半年などの長期間行われることが多いです。しかし、中小企業やベンチャー企業だと即戦力として扱われいきなり業務に取り組むことになります。そうなるとなかなかできないこともありますし、中小企業・ベンチャー企業だと忙しくなかなか丁寧に教えてもらえないかもしれません。そのため、パソコンを今まであまり触ったことがない方はパソコン操作の基礎を積んだのちに業務に取り組むことができるため安心です。また、研修を行う派遣会社も就業先に派遣したときに基本的なパソコンの知識やビジネスマナーが身についている状態でなければ、クライアントとの信頼関係にも関わるためクオリティーの高い研修を実施しています。

憧れの大手で働ける

新卒採用ではハードルが高い大手企業での就業チャンスが非常に高いです。大手の人材派遣会社になればなるほど大手クライアントの求人を持っている可能性が高いです。また実際に就業先として派遣先企業についても成長機会やサポート体制に関する審査・基準がそれぞれの派遣会社の中であります。そのため、サポート体制が整っている企業は必然的に大手企業になりやすく大手へ派遣される可能性も十分にあります。また、エンジニアなどの職については大手への派遣が顕著で、新卒で大手への就職倍率が非常に高くかつ中途採油においても経験やスキルが重視されるためなかなか大手で働くことが難しいです。しかし、常用派遣を活用することで新卒で大手の開発に携わったりすることができる可能性が十分に高まります。そうすることで実績を積むこともでき、長期的なビジョンを考えたときにもプラスの経験を積むことができます。

どんな人におすすめ?

大学であまりパソコンを使ってこなかった方やアルバイトなどの経験も少ない方にはおすすめです。また、文系でプログラミングをやってこなかったが、将来的にシステムエンジニアになりたい方もおすすめです。未だ学歴社会が残っている日本の新卒採用市場においては、同じ文系でもいわゆる高学歴の学生を採用する傾向が少なからずあります。そのため、学歴にコンプレックスのあるSE志望の文系学生さんにはもってこいの選択肢です。

まとめ

新卒採用においても長期的なキャリアを考えたときに非常に有益な働き方のうちの一つだということがわかりましたでしょうか。派遣と聞くとイメージされる「雇用が安定していない」ということや「長く働くことができない」ということは説明した常用派遣だと一切当てはまらないものになります。新卒採用だと初めての就職活動で重視するべきポイントなどがやはりわかりづらいです。しかし、派遣会社の設ける基準を満たした企業での就業になるので、就業環境やスキルアップについてもより確実に見込める就業先での勤務になります。就活についてまだイメージが湧きづらい方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*