差をつけたい学生必見◇面接対策に読書を勧める理由・おすすめサービス

     
       
         

”ネットで調べれば何でも分かるから、読書なんて要らない”と思っていませんか。

しかし知識としてインプットされていると、ビジネススキルはもちろん就活での面接対策にもなります。

就活でも入社後も周りと差をつける読書のポイントをシェア致します。

差をつけたい学生必見◇面接対策に読書を勧める理由・おすすめサービス

読書をしたいけれども、本を読む習慣が無かったり、何を読めばよいか分からなかったり。読書のハードルを高く感じている方も多いのではないでしょうか。

読書ができない人でも、知りたいことをインターネットで就職活動やスキルアップ情報の収集が当たり前になりました。しかし、インターネットの情報は必ずしも正しいとは限りません。

つまり正しい情報を得るだけで、周りの就活生とも差をつけることができるということです。

必ずしも正しくないネットの情報

多くの学生は、就活に限らずですが”知りたいこと”は、ネットから情報を得ています。

このネットの情報は、新聞や本と異なり”匿名性”があります。誰でもSNSやインターネットで情報の発信ができるため、意図せず誤った情報を目にする可能性があります。

このように意図せず誤った情報を、ネットに発信したり、拡散したり、信用したりしまいかねないです。

匿名性の高いネットに比べて、本は著者の名前だけでなく経歴なども明記されています。また、お金を払って得る情報のため一定の価値もあり、より信憑性の高い情報に触れられます。

つまり本を読むだけで、”正しい情報が得られる=周りの就活生と差をつけられる”ということです。

読書で面接力UP↑

就職活動と読書の結びつきが考えられない方も多いと思います。

本を読むことで、ビジネスセンス質問力を付け面接の対策ができます。

ビジネスセンス

学生から社会人になるための一種の通過儀礼とも言える就活ですが、ベースとして重要なことは社会人の感覚(見方・考え方)を持つことです。

もちろんアルバイトなどで、”働く”ことを通じ経験を身に着けている方も少なくないでしょう。しかしながら、普段の学生生活で社会人との接点より、同じ年代の知人・友人と関わりが多いとビジネス感覚はやはり習得が難しいです。

たとえば、学生と社会人の考え方の違いとしては

  • 顧客の満足度を考える目線
  • 組織の中長期の成長目線
  • 社会貢献の目線

などが挙げられます。

就職活動の面接官は一社会人なので、社会人の目線に合わせることがやはり求められます。ビジネス書を読むことで、社会人の見方・考え方を知ることができ、面接で目線が変わります。

質問力UP↑

私自身、新卒採用で就活が始まった当初は、逆質問で”何を質問すればよいか分からない”状態でした。

この状態に陥る原因の一つに、知識不足が考えられます。シンプルに知らないことに関する質問はできません。そのため、”正しい”企業や業界に関する情報を知る必要があります。その手段が読書ということです。

ビジネス書では”事実”と”意見”が述べられています。業界や会社の現状を知ると、市場との比較で質問をすることができます。また意見も同様、著名人の意見・考えという1つの軸を元に質問することもできます。

ビジネス書は”眠くなる”ので読めない。。。

ビジネス書を読むメリットは分かっても、習慣化されていなかったり、時間が無かったり、眠くなってしまったり、読書に自身が無い方も多いのではないでしょうか。

実は、ビジネス書は1冊全て読む必要はありません。

必要としている情報は一部だけです。そのため、知りたいことや要点だけをインプットするだけでも有意義です。たとえ1日あたり10分程度であったとしても、読んでいない学生に比べると天と地の差にもなりうるということです。

それでも読書に不安を抱えている学生向けに、おすすめのサービスをシェア致します。

【学割で60%OFF】1冊10分のビジネス書要約サービス”flier(フライヤー)”

アルバイトや部活・サービスで忙しい学生でも、要約されたビジネス書を10分間でスキルアップできます。

蔵書が1,400冊以上あり、フライヤー編集部が実際に読んでオススメする本、著名な経営者やビジネススクールの選んだ本であるため、読みごたえがあり質の高いものばかりです。

要約の作成は、各領域のスペシャリストが担当しています。

  • 出版社の編集出身者
  • 経営コンサルタント
  • 投資銀行出身者
  • 博士号取得者など

さらに出版社の担当編集者の最終チェックを経て完成する要約コンテンツは、抜群の読みやすさです。

本の内容を短時間で理解できる「要約」形式ならば、多くの本の魅力に触れることができますし、自分に合った本があればその本を買って続きを楽しむことができます。

flier(フライヤー)では、話題の本の要約に加えて、著名な経営者や著者へのインタビュー、推薦図書の特集記事も読むことができます

▽flier学割プランはこちらをチェック

本の要約サイトflier(フライヤー)【ゴールド学割プラン開始キャンペーン】

学生のうちに習慣化し、一流のビジネスマンへ

一つのことを習慣化するためには、3ヶ月必要と言われています。読書の習慣化と言っても、毎日読む必要はないです。要約アプリを使えば、1週間に20分間の読書をするだけで年間100冊ペースのインプットができるということです。

また、読書量と年収は相関があると言われており、一流のビジネスマンは必ず読書家です。就職活動だけでなく、入社後も周りと差を付けられるよう正しい知識を付けスキルアップしていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*