転職できない…焦っている方必見!20代の転職成功へ4つのポイント

     
       
転職_焦り
         

転職活動が思うように進まないと悩んでいる20代の方は非常に多いのではないでしょうか。成功しないと行動しなきゃと焦る方も多いと思いますが、まずは自分自身と向き合わなければなりません。悩みを解消できる4つのポイントをご紹介いたします。

転職理由を考える

きっかけ

20代での転職を成功させるためには、まずは理由を考えることが重要です。

雇用する側は志望動機やなぜこの行動に至ったかという背景を知る必要があります。ただし、ここで注意しなければならないことは福利厚生が充実しているからといった理由や、ブラック企業から逃れたいからなどと言ったマイナスの理由から行動をすることは避けたほうが良いでしょう。これらのマイナスの理由によって行動を起こしている人は、雇用したとしても早期退職によって損失を被ってしまうだけです。

そのため、可能な限り自分のキャリアアップやキャリアチェンジのために転職をするのだと理由付けしたほうが無難です。

本心でブラック企業から逃れたいという考えが強かったとしても、それを面接の場で言った場合、不採用は避けられなくなります。可能な限り前向きな理由を用意することで、無駄に面接を繰り返して不採用を連発してしまうことが無いようにすることが重要です。

転職で失敗する理由のほとんどは、自分に素直すぎることです。非営利団体でない限りはあくまでも自分は会社や社会のために働いているということを忘れずに、自分がその会社で何をしたいのか、その理由を強固にすることで短期間での活動成功を実現させます。

転職活動で重視するポイントを整理する

転職活動で重視するポイントを整理することも重要です。

たとえば、全て自分の求めている条件や希望が全て揃っている会社に出会うことはほとんどないです。年収や協働する人、職種・業種や会社のビジョンなど全て自分の思っている物に当てはまる会社に出会うことは少ないのです。

そのため、可能な限り妥協しても良い部分重視したい部分を考えることで失敗のリスクを低減していくことが重要です。自分の考えている仕事をしたいのであれば、会社のビジョンや職種・業種は重要ですが、その一方で年収や協働する人などはほとんど関係がありません。

その一方で、今の職場環境が人間関係の不和によって問題を抱えているのであれば、協働する人をよく調べておいたほうが無難です。

しかし、雇用する会社側は人間関係の問題によって転職するのであれば、自社をあえて選ぶ理由として快く考えないことが多いです。それだけでなく、人間関係の不和によって簡単に仕事を選んでしまうのであれば、仕事を与えたとしてもすぐにやめてしまうと考えて、雇用に至らないことが多くなります。そのため質問するのではなく、可能な限り環境から人間関係の問題を推測していくことが重要です。転職活動で重視するポイントを聞きにくい場合は環境から推測します。

長期的なキャリアを考える

ビジョン

長期的なキャリアを考えることも、転職活動を成功させるために重要なことです。

年収が高いからと言ってすぐにその仕事を選んでいると体や心を壊してしまい、長期的に仕事をすることはできないこともあります。それだけでなく、身につくスキルも偏ったもので自分の考えている以上にスキルアップが実現できないこともあるのです。そのような仕事を選んでしまった場合、今後のキャリアアップは難しくなるでしょう。

長期的なキャリアを考えた上で、”行動をすること”が重要です。

お金が欲しいのであればスキルアップを妥協して仕事を選んだとしても、短期的な仕事に留めておくことを意識します。お金を手に入れたら起業する、スキルを手に入れたら別の仕事をするなど、長期的に行動をすることを目的として活動をしましょう。

一方で、あまり長期的なキャリアアップを考えたとしても実現できる可能性は低い点に注意が必要です。たとえば、29歳の時点でスキルが全く無い状態でエンジニアなどに転職する事は難しくなります。スキルアップのために転職したとしても、適齢期までに間に合わないことも多いです。長期的なキャリアアップを考える際には実現可能である点も考慮します。

第三者への相談をする

サポート

転職活動において、自分だけで行動をしていると誤った方向に活動してしまう可能性もあり、結果的に転職が失敗してしまう可能性も高くなります。

自分の強みを適切にアピールするだけでなく、転職をする上で何を重視するのかを考えるためには、何よりもキャリアカウンセラーやエージェントの人からの話を聞くことが重要です。

エージェントから話を聞くメリットは、就職関係のスキルを身につけるだけではなく、縁故採用を利用することで話をスムーズに持っていくことができる点にあります。エージェントの中には自分に最適な就職先を多く知っている場合があり、結果的に就職活動をほとんど行わずに採用されることもあるのです。

自分一人で活動をしていると必要以上に時間が取られてしまい、仕事に関係するスキルの向上やマナーアップなど様々な時間を確保することができずに現場に配属されてしまいます。この問題を解決させるためには、活動の期間を可能な限り短くして、スキルアップに必要な時間を確保することです。

まとめ

転職活動がうまくいかないと焦ってがむしゃらに行動をしてしまう方も多いと思います。ですが、行動をする前にきちんと自分と向き合わなければ何が正しいのかということが判断できなくなってしまいます。

まず自分と向き合うことで次の行動を明確にし前進していきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*