入社1年以内での転職の実態|成功と失敗を分ける5つのポイント

     
       
転職_1年転職
         

入社1年目以内での転職は、一般的な転職とは違った目で見られがちです。そのため難易度も高く通常よりも意識して取り組むべき注意点があります。まずは転職の理由をしっかりと言えるかどうかがポイントになるでしょう。

今の時代は理解も進み、1年目による転職活動も珍しくない時代となりました。しかし、企業側からすれば1年目からの転職となるため、一般の転職とは見る目が違います。

1年目における転職活動のやり方を理解しなければ失敗してしまう可能性が高いです。では1年目における転職活動のポイントとして知っておきたい部分をまとめました。

第二新卒募集の企業を狙う

第二新卒とは学生が卒業後に企業に就職した後、3年以内に就職・転職しようとする方を指します。第二新卒の定義自体は企業により違い曖昧ですが、基本的にはこの認識です。1年目の転職は、期間内に該当するため第二新卒による転職となるのです。

1年目における転職の求人探しは第二新卒を採用している企業探しとなります。時期によりますが、第二新卒における求人数は決して少なくないため特別難易度が高いわけではないです。第二新卒として採用されるためのポイントを紹介します。

明確な理由、目的を伝えられるようにする

面接

珍しくない時代といえど、やはり1年目からの転職は企業にとってあまりいい目で見られません。短期間でやめるか、人間関係が上手く行くか等の懸念がもたれます。採用をされるには企業の懸念を如何に払拭するかがポイントといえるでしょう。

払拭のためには転職の理由、目的をポジティブに伝えることで解消されます。転職する理由、目的が相手に問題ないと思わせるものか確認しておきましょう。問題ある場合はまだ転職すべきタイミングではないと判断できます。

今の職場で問題ないか

ディスカッション

1年目で転職を考える時は本当に今の仕事をやめるべきかも考えましょう。個人によりますが転職をしたいと考える理由は様々です。しかし、理由の中には今の職場で行動すれば解決するケースも存在します。実際に行動して解決できないかを考えてみましょう。考えた上で難しいと感じた場合は転職を行うといいです。

基本的にネガティブな理由による転職はあまり快く思われませんか。しかし、下記の理由がある場合、自分の力ではどうしようもないためネガティブでも考えていいでしょう。

  • 会社に将来性がない
  • 社風が合わない
  • ブラック企業である

ブラックの場合は危険なためよいですが、他の理由がある場合は転職が決まるまで退職しない方がいいです。

履歴書、職務経歴書に具体的な経験を書く

1年目の転職において問題となるのが書類に記載する内容です。1年目ではまだ仕事の経験も少ないため、書くべき内容は必然的に少なくなってしまう場合もあります。何を書くべきか迷う方も少なくないでしょう。

書くべきポイントとしては仕事の量ではなく、携わった仕事から自分の考えを書くことです。自分の考えや意思を記載すれば相手の企業側に思いが伝わり良い印象を与えられます。

社会人としての経験だけで厳しい場合は学生自体の経験を記載するのも手です。アルバイトはもちろんのこと部活やクラブといった活動もアピールの材料となります。

書く場合は相手の企業に効果的なアピールができる内容を書きましょう。書くためには企業に関係する情報収集が欠かせません。

転職エージェントを活用する

営業事務

仕事の経験が少ない状態による転職活動は厳しい道のりです。自分の力だけではどうしようもならない場面も少なくないでしょう。転職活動を円滑に進めたい場合は転職エージェントを利用するのがいいです。

転職エージェントを利用することで以下のメリットが受けられます。

  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書、職務経歴書の削減
  • 自分に何が向いているかのアドバイス
  • 面接対策

単に企業探しだけでなく、自分の進むべき道を相談して判断もできるのです。転職活動をするだけでなく将来仕事をしていく上でも役に立つ知識、情報が得られるでしょう。

しかし、転職エージェントは自分の情報や話を聞いて行動の判断をします。情報がなければ行動のしようがないため、利用前に自分の情報を整理しておきましょう。

まとめ

1年目であろうと転職活動は転職活動であり他にも多くのライバルが存在します。ライバル達に打ち勝ち転職を成功させるためには自分の行動が重要となるのです。1年目であれば実績やスキルと利用できる武器も多くありません。利用できる武器が多くないため、現在利用できる物は何でも利用しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*