既卒やフリーターなど未経験者に”営業職”がおすすめの4つの理由

     
       
         

営業と聞くとノルマやクレームなどネガティブな印象の方も多いと思います。

しかし、既卒やフリーターなどの未経験者には営業職が最もおすすめです。

必ずしもネガティブな仕事ではない営業職を、未経験者におすすめする4つのポイントについてご紹介致します。

既卒やフリーターなど未経験者に”営業職”がおすすめの4つの理由

営業と聞くと目標・ノルマがあったり、クレーム対応のイメージでマイナスの印象を持っている方もいると思います。しかし、営業職は得られるスキルも非常に多く、未経験の方におすすめの職種です。

このコラムでは、実際に営業職として勤務している著者が魅力をシェア致します。

1. 営業とは

営業職は企業や個人の顕在・潜在ニーズを引出し、そのニーズを解決するために商品やサービスの提供及び折衝(交渉)を行う仕事です。営業未経験者は、商品の押し付けをイメージする方もいらっしゃいますが、そうではなく相手のニーズを引き出すことがメインの仕事とも考えられます。

1.1 法人営業と個人営業

セールスをする相手によって、【法人営業】と【個人営業】に分かれます。

法人営業の場合は、企業が企業にモノやサービスを提供します。一方で個人営業の場合は、企業が個人に対してモノ・サービスを売るということです。

1.1.1 対クライアントがメインの業界(BtoB:Business to Business)

個人として市場を見たときに、市場に出回っているサービスや商品の一部の製造を行っている企業がBtoB企業です。

たとえば、家電量販店で販売されているパソコンの電子部品を製造している企業などです。一般の市場に流通することはないですが、パソコンを販売する企業はこの製造企業(メーカー)と企業間で取引を行います。

  • コンサルティング
  • 化学
  • 広告など

1.1.2対カスタマー営業がメインの業界(BtoC:Business to Customer)

私達が直接購入したり関わりがある商材・サービスを取り扱っている企業がBtoC企業です。この企業の中でも、BtoBとして企業間取引を行っている場合ももちろんあります。

BtoC企業の例としては、スーパーや旅行・レジャー施設等もこれに該当します。

  • 食料品
  • 旅行
  • 電気機器
  • 不動産など

1.1.3 法人・個人いずれもある業界

下記に紹介する人材業界などのマッチングを行っている業界は、いずれの要素もあると考えられます。

  • 人材など

1.2 営業スタイル

個人と法人それぞれのアプローチ先がある営業職ですが、営業スタイルも複数あり、いずれかに特化する場合もあればオールマイティに担当する場合もあります。

  • 新規営業:取引のない企業への営業活動
  • ルート営業(既存営業):既に取引のある企業への営業活動
  • テレアポ営業:新規・既存ともに電話でアポイントメント(面談予定)を獲得する営業活動

細かく分けると更に枝分かれしますが、主な機能としては上記の3つに分かれます。

営業として重要なことは、ニーズを引き出すための関係構築とも考えられます。いずれの営業スタイルでも担当者との関係性が良くなければ、サービス・商品の依頼を獲得することはできません。

◇ラウンダーは営業と異なる?

ラウンダーとはスーパーや量販店など小売店へ訪問し、商品の陳列ディスプレイについて売場構築を担当する仕事です。この売場の管理業務以外にも販促イベントを行うこともあります。
量販店の担当者へのディスプレイ方法の提案や商品情報を伝えることもありますが、商品を担当者へ提案(受注を獲得する交渉)する仕事とは別のため営業と別に考えられています。

2. 営業職がおすすめの4つの理由

営業職を通じて学べることは他の仕事に比べて多く、その学びを将来のキャリアでプラスに活かすことができます。そんな営業の4つの魅力をシェアいたします。

2.1 ビジネススキルが磨ける

営業職は個人で完結する仕事ではないため、人との関わりの中で得られるスキルが非常に多いです。また、営業のノルマ達成をするためにはマーケットの分析やPDCA(課題の分析・解決)を自身で考え行動します。これは仕事の基本であれ、別の仕事でも応用できるスキルです。

  • ヒアリング能力
  • 提案力
  • リスク・マネジメントなど

2.2 未経験求人が多い

営業職は就職する企業の商材・サービスを入社後に覚えるため、入社前の知識が問われない未経験求人が多い傾向があります。

IT職種や事務職などは人気ですが、やはり経験が求められている求人が多いです。新卒採用のようにポテンシャル採用でない限り、転職市場では経験重視の求人も一定数あります。

2.3 転職に強い

ビジネススキルを磨くことができ、かつ、取り組んだことの結果が分かりやすいため転職市場でプレゼンしやすいです。

営業以外の仕事では、自分が取り組んだことの結果が見えづらいことも多く、市場価値を示しづらいことがあります。しかし、営業職であれば”ある課題に対して、ある取り組みをした結果、どうなった”ということを明確に語れます。

2.4 給与水準が高い

20代の営業職平均年収を見てみると、事務職・クリエイティブ職に比べて約25万円高いです。

未経験で始められる職種で高収入の仕事は営業職以外の場合かなり限られています。また、前述の通り営業経験を積むと、転職でもプラスに評価されることが多いため、長期的に考えたときに年収アップも十分可能な経験を積むことができます。

3. 営業職の就職におすすめ◇転職成功率80%以上!定着率90%越え!”ジェイック”

ジェイックは就職支援を既卒、第二新卒、大学中退、フリーターなど未経験者を中心に無償で提供しています。また、厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。ジェイックの一番のポイントは、”就職講座”と”面接会”の実施を行っていることです。

※厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者とは、全国18,000社ある就職支援会社のうち約40社しか認定されておらず、70項目以上の国の審査基準に合格しています。

3.1 5日間の無料就職講座

正社員として働きたいけれども、何からすれば良いか分からない方も多いと思います。

就職活動の悩みを感じている方でも、経験に合わせた4つの就活講座が用意されているため、講座に参加するだけで対策をすることができます。

  • 未経験、フリーター、第二新卒向け就職講座
  • 中退者限定の就職講座
  • 女性限定の就職講座
  • 30代限定の就職講座

この講座によって就活対策が網羅されており、未経験から正社員での就職成功率はなんと80%以上の実績もあります。就職活動を行ったことがない方や、自身がない方でも就職活動を乗り越えるためのコンテンツが用意されています。

  • 自己分析、自己PR
  • ビジネスマナー
  • 身だしなみ
  • 履歴書、職務経歴書の書き方
  • 企業研究の仕方
  • 面接の受け方

3.2 約20社との”書類選考なし”選考会

講座を受講した後は、書類選考なしで約20社の優良企業と面接できます。

未経験の方は職務経歴書などの作成に悩むと思いますが、学歴や職歴ではなく人物重視の企業との面談がセッティングされています。また、この面談では全てが正社員としての求人のため、確実に採用へ近づくことができます。

また紹介求人は、ジェイックの審査基準によってブラック企業が徹底的に排除されているため安心して面接を受けることができます。

3.3 内定・入社後1年間のサポート

初めての正社員就業では、内定・就職後も不安だと思いますが、ジェイックでは入社後の1年間もサポートを受けることができます。

内定後も活躍する社会人になるための”新入社員向け無料講座”が用意されていたり、専任アドバイザーへの相談できたりするため、就業中の不安も都度解決しながら社会人としての経験を積むことができます。

▽ジェイックの無料就職講座はこちらをチェック

就職支援のJAIC(ジェイック)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*