転職・退職理由に悩む方必見!自分で考えられない方へ3つのポイント

     
       
転職_退職理由
         

転職を考える第二新卒の方は初めてとなる退職理由を考えるのに悩む方が多いのではないでしょうか。退職という事実は一つですが、捉え方は2つです。あえて転職と退職の理由を分けて考えることで自分自身を整理し、転職先にマイナスの印象を与えないように退職理由と転職理由を整理しましょう。

”退職”理由は?

ビジネスウーマン

第二新卒の方は初めて新卒入社をした会社を退職するわけですが、事実としてまずは退職する理由を整理しましょう。ここれ考えるのは「退職をする理由」なので〇〇に挑戦したいなど未来型の志向は一度考えずに整理しましょう。

具体的な理由としては、残業過多や有給が取りづらいなどの福利厚生面や上司や同期との関係性などの人間関係があります。ここで整理して考えるポイントとしては、新卒採用で考えた志望動機が逆に辞める理由になるということです。組織論における選社軸(就活の軸)は大きく4つに分類することができます(詳しくはこちら)。これに当てはめて考えると整理しやすいです。

たとえば、新卒採用における就活の軸が「職種の希望」であったときに、実際に入社したら希望職種と違う職種に配属になってしまったというケースです。この場合は、優先順位の高い就活の軸(志望動機)を実現することができなかったということが退職の理由になります。なので、次に転職するときには職種別の採用を行なっている企業の選考を受けるという流れになり、次の行動もより見えやすくなります。

”転職”理由は?

ジャンプ

転職理由とは前職を退職して転職をしようと思った理由のことです。前職を辞め無職になるのではなく、起業するわけでもなく、なぜ再度就職をするという選択肢を選んだのかということを考えます。そのため、その業界や職種に少なくとも魅力に感じている点や成長したいと思っているポイント、興味がある点について整理するので志望動機と近いものになります。

第二新卒の方は、新卒入社した会社において何らかの負を感じて退職し転職を考えていると思います。なので、その負を解消した職場を見つけるという考えで整理しながら考えると整理しやすいと思います。そして、その負を解消することによって自分はどうなるのかということまで考えられると転職先にポジティブな印象を与えることができます。自分のやりたいことをできる新しい環境を求めているのか、成長することができる環境を求めているのかなどです(詳しくはこちら)。その自分はどのような影響を組織に与えることができるのかというところまで考えられるとより説得力が増すと思います。

成長したことは?

ビジネスマン

第二新卒の方が転職をする際に考えるべき一番重要なことは、新卒入社した会社で得られたことをちゃんと言えるかどうかということです。たとえ2ヶ月や3ヶ月という短い期間であったとしても、その就業期間中に何も得られなかったということはないと思います。どんなに些細なことでも自分自身が経験したことと、その経験から得られたこと次に活かすことができることを言語化しましょう。これを言語化することができるようになることで、就業意欲の高さや向上心をアピールすることができます。

このときに考えるべきことは、結果的に得られたスキルよりかは仕事を行う上で自分自身工夫して取り組んだことなどを言語化することです。得られた知識についてはVUCAの時代には賞味期限があり、必要とされるスキルも年々短期間で変化していっています。そんな時代の中で転職後も活躍を期待されるポータブルスキルとは、仕事の仕方以外の何でもありません。

これは学生時代に書いたESで「学生時代に頑張ったこと」をなぜ書くのか、なぜ聞かれるのかという回答になります。たとえば、あなたがサッカー部の部長で新入生からも半年後に控えた大会の出場メンバーを選出しなければならないとします。そして、目の前に新入生が2人いたとしましょう。1人はサッカーをやっているのですが、練習の頻度は少なく大会も地区予選敗退だったとします。もう1人はサッカーではなくバスケットボールを幼少期からやっており全国大会への出場経験があるとします。あなたはどちらの新入生を選ぶでしょうか。おそらく多くの方が2人目の新入生を選ぶのではないでしょうか。理由としては、畑違いではあるが練習の仕方や努力の仕方が分かっていたりすることを買って長期的なまで見たときに活躍を期待するのではないでしょうか。このように、再現性があると仮定し面接が行われることが多いので短い期間でも得られたことは述べられるように整理しましょう。

まとめ

第二新卒の方の多くが初めて考える退職理由と転職理由についてあえて分けて整理しました。その2つの考え方をクリアにしておくことによって、面接に進んだときに整理された状態で話すことができます。また、転職をする(再就職をする)ということを整理することで自分自身の転職活動の軸や自身の価値観と結びつけて考えることができます。そのため、軸と照らし合わせながら選社でき、よりミスマッチを防ぐことができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*