パーソナルカラーできゃりああっぷ【人は見た目から?】

     
       
カラーコーデ
         

「自分ってなんかネイビー似合わないんだよな」みたいに自分に似合う色ってなんだろって考えることありませんか?最近よく聞くようになった「パーソナルカラー」を診断してくれる専門家もいらっしゃいます。ただ、時間やお金をかけられない学生や若手の方もいらっしゃいますよね。そんな方向けにパーソナルカラーの概要を知り、明日からのファッションやショッピングに活かしきゃりああっぷしていきましょう。

パーソナルカラーとは?

「カラーコーディネーター」や「カラー診断」と言った言葉を最近聞いたりしますよね。自分自身を表す色や似合う色がちゃんとあるんです。では、どのように分類されるかですが大きく季節に当てはめた4パターンに分類されます。またこの4つは大きく2つに分類され、色のベースがイエローベースとブルーベースに分かれます。

スプリング

スプリング

ビタミンカラーと言われ、明るく元気なイメージのカラーです。イエローベースの色合いで生き生きとした雰囲気を演出します。

 

サマー

サマー

パステルカラーと言われ、淡い色のことで優しいイメージのカラーです。ブルーベースの特徴があり、ふんわりとした雰囲気があります。夏を感じさせる明るい色や、グレイッシュで柔らかい色です。落ち着いた雰囲気で上品な印象になります。

 

オータム

オータム
アースカラーと言われ、渋い印象を持っており大人っぽさを感じさせるカラーです。イエローベースで深みのある色を得意とし落ち着いた雰囲気です。

 

ウインター

ウインター
ビビッドカラーと言われ、クールな印象を持たれるカラーです。ブルーベースの華やかでシャープな印象を与えます。個性的な色合いなので周囲からの注目度も高くクールな色合いです。冬の夜空に鮮やかな宝石箱をひっくり返したようなコントラストの効いた色が似合います。

それでは、自分のパーソナルカラーを知りましょう!
より正確に知るためには専門の診断士に依頼をし診断してもらうことをお勧めいたします。ただ、時間やお金がないと依頼するのも難しいと思います。ですので自分や友人同士でできる簡易的な診断方法をご紹介いたします。

なべけんの小話

季節を英語でいうとどうしても思い出してしまうものがあります。なべけんは映画を観るのが好きなのですが、夏にピッタリの映画で【(500)日のサマー】という映画があります。パッケージの女性がサマーという名前なのですが、甘酸っぱい恋愛映画を楽しみたい方にはおすすめの作品です。

日焼けの後で判断

日焼け

日焼けの後にすぐに日焼けしてしまう方と赤くなって日焼けする方、赤くなるだけの方がいますよね。これらのうち日焼けが残らない方は「ブルーベース」と考えて良いです。逆に日焼けが残ってしまう方は「イエローベース」と考えてください。これはメラニンの生産力によって違いが生じるのですが、それによって肌がどちらのベースの色になりやすいかを判断します。

ベースカラーがわかったら次は2色から選ぶのですが、これは感覚的に選んでもほぼハズレはないです。また、季節に寄って夏の日焼けが残っている場合は「スプリング」と「サマー」にもともと白い肌の方は「オータム」と「ウインター」に分類されます。また、日焼けが落ち着いたら同じベースカラーでも印象が変わるので「サマー」から「ウインター」に変わることも考えられます。

まとめ

今まではカラーについてなんとなく感覚的に判断していたところが多かったのではないでしょうか。自分の肌に似合うカラーを知ることで服の組み合わせや所持する小物の色合いも変わってくるかもしれません。もちろん好きな色はあると思いますが似合う色と必ずしも一致しないことがわかったと思います。外見の印象で周囲と差をつけキャリアアップしていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*