転職に悩む方の新たな選択肢|副業やパラレルキャリア6つのメリット

     
       
転職_パラレルキャリア
         

今の時代就職すれば一生安泰なんてことはありません。いつ自分がその職を離れても再度スムーズに転職ができるよう、今のうちから副業やパラレルキャリアを積んでおくことも大事です。メリットについてはこちらをご覧ください。

パラレルキャリアとは

load_business

まだ禁止の企業もありますが、今の時代副業は当たり前となりました。一方で本業とは別に仕事をするパラレルキャリアと呼ばれる形式も出てきています。副業は主に金銭関係ですが、パラレルキャリアは金銭以外の面でも幾つかメリットがあるのです。ここではパラレルキャリアを行うメリットとして知っておくべき内容をまとめています。

本業とは別の収入源が確保できる

副業は本業とは独立している仕事となるため本業にプラスして別の収入源が確保できます。パラレルキャリア側も別の仕事という形で新しい収入源となる可能性があるのです。単純に収入が増えるため生活面の安定や余裕を持たせることができるでしょう。

今の時代、企業が突然なくなるのは珍しくありません。今まで自分が本業で仕事をしてきた企業がなくなるケースもあり得るのです。副業やパラレルキャリアで収入源を確保しておけば、次の本業を探すまでに生活を安定させられます。

別の観点で考えられる

BusinessPerson

選んだ仕事先によりますがパラレルキャリアは本業とは違う仕事となります。仕事内容や環境が大きく変わるため、本業とは別の考え方を行わなければいけません。別の観点で考えられることで自分の中で新しい考え方が身に付く可能性があるのです。パラレルキャリア先だけでなく本業の仕事においても考え方としてプラスになります。

本業の内容によりますが、中には長く続けてきたためモチベーションが低下しているケースもあるでしょう。パラレルキャリアで別の新しい仕事を行うことで気持ちを切り替え、モチベーションの維持ができます。

別の能力が身に付く

副業、パラレルキャリア共に本業とは別に時間を割いて行わなければいけません。本業だけの時以上に時間やスケジュール管理を考えなければならないため、必然的に管理能力が身に付くのです。本業とは別の仕事を行うため、現在とは違う能力が身に付く場合もあります。能力によっては将来ではなく現在の本業に役立てられるでしょう。

転職や起業の準備ができる

ジャンプ

副業、パラレルキャリアを行うと本業とは別の知識や経験が身に付きます。身に付いた知識と経験から別の業種に転職、自身で独立して起業を行うこともできるのです。本業があるため収入源の心配を考える必要もなく、生活面を不安定にするリスクを考えることなくできます。

昔憧れていた夢が叶う

ヒューマンリソース

現在本業している仕事が将来考えていた夢でない、というケースは珍しくないでしょう。パラレルキャリアを行うことで将来考えていた夢の仕事に携われることができ、夢が叶う可能性もあるのです。最初はパラレルキャリアという形で行い、将来的には本業となるケースも考えられます。

人間関係が広がる

コミュニケーション

本業とは別の環境で仕事を行うため、人間関係もまた変わってきます。新たな出会いと交流があるため結果的に人間関係が広がるのです。人間関係の広がりにより人生に深みが出たり、将来的に仕事面でプラスとなる出来事の起こる可能性があります。

パラレルキャリアを行うことのデメリット

パラレルキャリアを行うことのデメリットとしては以下が考えられます。

  • 本業に支障をきたす恐れがある
  • 時間を取られるため、生活面をある程度犠牲にしなければならない
  • すぐ成果は出ないため継続して行う必要がある
  • 仕事によっては別途で費用がかかる
  • 副業とみなされるケースも多い

パラレルキャリアはまだ国内において珍しい形式です。企業によっては理解していないため副業とみなすケースも珍しくありません。副業を禁止している企業で起こってしまえばペナルティを受ける恐れがあるでしょう。

まとめ

社会が不安定になっている今、本業とは別に仕事を持つのは当たり前の時代です。
現在ネットで副業を行い、不労所得として本業以上に収入を得ている方も多くいます。
パラレルキャリアも別の仕事を体験することで新たな可能性を見出せる形式です。
デメリットも決して小さくありませんが、興味のある場合は手を出す価値があるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*