初心者の仮想通貨

【超初心者向け】パンケーキスワップを使ってDeFiで仮想通貨を運用する方法

PancakeSwap

こんな方におすすめ

  • パンケーキスワップを触って見たけど挫折してしまった
  • イマイチ仮想通貨を運用するメリットが分からない
  • どのようなリスクがあるのか知りたい

このように感じたことはありませんか。

たしかに、日本ではまだDeFi運用が一般的ではなく、検索をしても分かりやすい情報が出てこないことも多いですよね。中には、一度チャレンジしたけれどよく分からずに放置している人もいるかもしれません。

ですが、操作手順自体はとても簡単なので、誰でも簡単に手持ちの仮想通貨を運用することができます。

ここでは、仮想通貨歴半年未満でで50万分以上をDeFi運用している私なべけん(@yochi_career)が、はじめてパンケーキスワップを始める人と同じ目線で分かりやすく解説いたします。

この記事を読むと、パンケーキスワップを使ったDeFi運用の手順と特徴について知ることができます。

パンケーキスワップでDeFi運用するための5つの準備

パンケーキスワップを使うためには、いくつかの準備が必要になります。

慣れるまでは時間がかかる作業ですが、一度経験すると10分で完結できる準備になります。

  • 国内取引所で仮想通貨を購入
  • Binanceへ仮想通貨を送金
  • 送金した仮想通貨をBNBへトレード
  • METAMASKへBSCネットワークを追加
  • BSCネットワークにBNBを送金する

国内取引所で仮想通貨を購入

パンケーキスワップで仮想通貨を運用するためには、国内の取引所で取り扱っていないBNB(ビーエヌビー)という仮想通貨を手に入れなければなりません。

ですが、BNBは国内の取引所では取り扱っていないため、BNBに交換するための仮想通貨をまず購入する必要があります。

ビットコインかイーサリアムを購入しよう

このときに購入する仮想通貨はビットコインあるいはイーサリアムがおすすめです。

これらは他のコインに比べて価格も安定しているため、初心者でも安心して購入ができます。逆に他のコインは発行団体やレートを分析しないと安心して購入ができないと思っています。

はじめての人はbitFlyerがおすすめ

bitFlyerであれば、かんたんに積立で仮想通貨投資をすることができ、なんと1円から投資ができるのです。

レートを分析して仮想通貨購入をするのはハードルが高いので、無意識に購入できるのがオススメですね。わたしも毎日積立投資をしており、すでに1万円以上のプラスになっています。

▼bitFlyerの開設方法はこちらをチェック

CHECK!
かんたん積立
はじめての仮想通貨はbitFlyer「かんたん積立」一択◇口座開設から使い方まで解説

続きを見る

バイナンスへ仮想通貨を送金

次に、国内取引所で購入したビットコインやイーサリアムを海外取引所のバイナンス(Binance)へ送金します。

このバイナンスでBNBへ仮想通貨を交換することができるので、送金作業が必須になります。

▼【3分でできる】まだBinanceを開設していない人はこちらをチェック

CHECK!
binance
初心者向け画像14枚で解説◇バイナンスの開設方法や使い方・仮想通貨の買い方

続きを見る

送金した仮想通貨をBNBへ交換

送金が完了したら、ビットコインやイーサリアムをBNBへ交換していきます。

交換をするときにレートをみて交換することもできますが、まずは一度交換してみることがおすすめです。交換の方法もいくつかありますが、一番簡単な方法であれば1分程度で完了します。

▼BNBへ交換する方法もこちらで紹介しています。

CHECK!
binance
初心者向け画像14枚で解説◇バイナンスの開設方法や使い方・仮想通貨の買い方

続きを見る

メタマスクへBSCネットワークを追加

BNBを手に入れたら次の手順は、パンケーキスワップにアクセスできる仮想通貨用のウォレット(財布)であるメタマスク(METAMASK)へ送金をします。

その送金のためには、メタマスクにネットワークを追加する必要があります。分かりやすく言い換えると、日本円だけでなく海外のドルも見られるようにするイメージです。

この追加するネットワークがBCS(ビーエスシー:バイナンススマートチェーン)となっています。

BSCネットワークの追加方法

metamask-rpc

metamask-polygon

※【注意】この画像は別ネットワークの設定

【メタマスクへBSCを追加する内容】

  • ネットワーク名:Smart Chain
  • 新しいRPC URL:https://bscdataseed.binance.org/
  • チェーンID:56
  • シンボル:BNB
  • ブロックエクスプローラーURL:https://bscscan.com

BSCネットワークにBNBを送金する

メタマスクにBSCネットワークの追加ができたら、バイナンスからメタマスクへBNBの送金をします。

【注意】ネットワークはBSCを選択

バイナンスからメタマスクへ送金をするときに、ネットワークの選択ができるのですが必ずBSCネットワークを選択してください。

BTCやETHなど別のネットワークを選択してしまうと、逆戻りしなければならないので注意しましょう。

パンケーキスワップでDeFi運用する手順【BNB/BUSD例】

ここまででやっと準備が整ったので、パンケーキスワップで運用する方法を具体的にご説明いたします。

DeFi運用の手順

  • BNBをBSUDへ交換する
  • BNBとBUSDペアをプールする
  • ペアに流動性を与える
  • 報酬としてCAKEコインをもらう
  • もらったCAKEコインを運用する

パンケーキスワップでBNBをBUSDへ交換(スワップ)

まずはメタマスクにあるBNBの半額分を別のコインと交換する必要があります。

パンケーキスワップで仮想通貨を運用するためには、2種類のコインをペアで預け入れる必要があるのです。このときに、2つのコインは同額分を預け入れる必要があるため、半額分を交換していきます。

トレードをクリック

PancakeSwap-trade

交換したい額の半額分を「交換元」に入力しましょう。

このときに、BNBの方が多く手元に残るようにしてください。パンケーキスワップで取引をするときの手数料としてBNBが必要になります。そのため、BNBをすべて使ってしまうとバイナンスからまた送金をしなければならなくなってしまいます。

スワップをクリックすると、確認画面が表示されるため「スワップの確定」をクリックしてください。

PancakeSwap-Swapped

処理中・確定のポップアップが出て「終了」をクリックするとコインの交換が完了になります。

PancakeSwap

PancakeSwap

BNBとBUSDをプールへ

同じ金額分の2つのコインが用意できたら、次は運用をするためにコインを預ける作業(プール)していきます。

ファーム一覧からファームを選択

パンケーキスワップのファームを選択すると、ファームの一覧画面に遷移します。

PancakeSwap-Farm

ファーム一覧から運用したいファームのペアを選択します。ペアを選択した後は、左側の「LPを取得」をクリックしてください。

PancakeSwap-Farming

流動性の追加の準備

「流動性の追加」が預けるという作業になります。

この画面で片方のコインのMAXをクリックすれば、もう一方の金額が自動で反映されます。ここで注意点が、先程も出てきたBNBをウォレット少しで良いので残すようにしましょう。

BNBが手数料になるので、手間にならないように注意してください。

PancakeSwap-liquid

PancakeSwap-Pool

流動性を追加する

ここまでで準備が整った後に、流動性を追加していきます。

 

PancakeSwap-liquidity

流動性をステーキング

流動性を追加して、最後にステーキングという作業をしてDeFi運用の完了になります。

PancakeSwap-LP

「LPをステーキング」をクリックすると、処理が開始されてステーキングが完了となります。

pancakeSwap-staking

報酬としてのCAKEコインを獲得

ステーキングが完了し運用がスタートすると、報酬としてCAKEコインを取得することができます。

報酬でもらったCAKEをさらに運用する

CAKEをファームに預け入れると、さらにCAKEコインの運用をすることができます。

まとめ:まずはパンケーキスワップに慣れよう

いかがでしょうか。

ここまでの一連の作業は慣れてしまえば、迷わずにDeFi運用をすることができます。

はじめは難しいと感じるかもしれませんが、まず運用してみることが重要です。

-初心者の仮想通貨