読書

【無料で読める】普段は本を読まない社会人におすすめの小説を厳選

Bibliophile

こんな方におすすめ

  • 無理なく小説を読んでみたい
  • 本を読まない人でも読める小説が知りたい
  • 読書家はどんな小説を読むのか知りたい

 

はじめまして、年100冊以上の本を読んでいる読書家なべけん(@yochi_career)と申します。

 

この記事では、読書の初心者でも無理なく楽しめるおすすめの小説をご紹介いたします。

 

活字がニガテな人に向けて、わたしも愛用しているAmazonオーディブル(聴く読書)の使い方も併せてシェアいたします。

 

\ 無料で聴く読書が1冊試せる! /

無料で1冊聴いてみる

Amazonオーディブル30日間無料♪退会はいつでもOK!

 

おすすめ小説①:アルケミスト

 

 

【難易度:

 

世界170カ国以上で2億部以上の売上げ実績のある著者の代表的な一作です。

 

サンチャゴという少年が世界中を旅をしながら、世界を観て人と関わり新たな発見をしていく童話風の物語です。

 

幸福の秘訣

 

少年サンチャゴは、ある日観た夢に従って旅に出ていきます。

 

旅に出るときにある人から「幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、目の前のことも忘れないことだよ」と教わります。

 

少年は分からないながらにも、学んだ見方・考え方で世界を旅していきます。

 

あなたは何をすべきか知っている

 

誰でも若い時は自分の運命を知っているものなのだ。

 

まだ若い頃は、全てがはっきりしていて、全てが可能だ。夢を見ることも、自分の人生に起こってほしいすべてのことにあこがれることも、恐れない。

 

ところが、時がたつうちに、不思議な力が、自分の運命を実現することは不可能だと、彼らに思い込ませ始めるのだ。

 

『アルケミスト』より抜粋

 

サンチャゴの旅を通じて、社会人が忘れてしまったチャレンジ精神や好奇心を思い出させてくれます。

 

なべけん
アルケミストはオーディブルなら無料で聴けます!

 

アルケミスト-Audible

 

アルケミスト

  • 素直な少年の目線でチャレンジや好奇心が楽しめる
  • オーディブルで無料で試せる

 

おすすめ小説②:「福」に憑かれた男

 

created by Rinker
¥660 (2021/10/10 23:23:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

【難易度:

 

閉店の危機に迫っている本屋さんが再生するまでの小説です。

 

内容はビジネスよりですが、小説形式で分かりやすく物語を読み進められるので、本をあまり読まない人もすぐに読めます。

 

本屋さんの再生を描いていますが、人生が豊かになる考え方も読み進めながら知ることができます。

 

なべけん
『「福」に憑かれた男』もオーディブルで聴けます!

 

「福」に憑かれた男-Audible

 

ポイント

  • 本屋さんの再生を通じて豊かになる考え方を知れる
  • 読書初心者でも読み進めやすい

 

おすすめ小説③:総理の夫

 

 

【難易度:

 

人気作家である原田マハさんの作品で、2021年には映画化もされメディアからも注目を集めていますね。

 

題名から想像できますが、日本初女性総理の旦那さんが主人公の作品です。

 

主人公の夫は政治とは無関係で鳥の研究をしているという全く違った夫婦が描かれています。

 

総理の夫としての役割

 

総理大臣の夫となると、一般人とは異なりプライベートでの振る舞いも注意しなければなりません。

 

総理の夫としての自覚を持つまでの心境の変化、

 

家庭の夫としての役割

 

総理の夫としてだけでなく、仕事が終われば家庭の夫なわけです。

 

頼りないながらも「妻を支える1人の男」としての夫の成長も楽しめます。

 

なべけん
『総理の夫』もオーディブルで聴けます!

 

総理の夫-Audible

 

総理の夫

  • 女性総理大臣を支える夫の成長
  • そして家庭の妻を支える夫としての成長

 

おすすめ小説④:蜜蜂と遠雷

 

created by Rinker
¥687 (2021/10/10 23:23:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥687 (2021/10/10 23:24:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

【難易度:

 

天才ピアニスト4人が出場しているコンクールを描いている恩田陸さんの傑作です。

 

直木賞・本屋大賞のW受賞をした後に実写映画化もされています。

 

(個人的には映画よりも小説で読むのがおすすめです)

 

音の繊細な表現と音楽を聴いたときの揺れ動く心情がきれいに描かれており、音楽に馴染みがない方も楽しめる一冊です。

 

努力と才能の闘い

 

ピアニストのコンクールと聞くと、どのようなイメージがありますか。

 

優勝をすればプロの音楽家としてデビューができますが、2位になってしまうとプロデビューできないような厳しい世界です。

 

蜜蜂と遠雷に登場する4人のピアニストは「努力の天才」と「生まれながらの天才」が熾烈な闘いを繰り広げています。

 

そんな芸術のパフォーマンスを通じて、天才とは何かを考えさせられます。

 

ピアニストの音楽を楽しみ成長する姿

 

デビューできるかどうか1度の演奏で結果が出てしまう緊張感は計り知れないです。

 

本番から逃げ出したくなるような葛藤や、出場者の演奏を聞いて音楽の楽しさ・素晴らしさと向き合い成長したパフォーマンスをする。

 

その演奏を聴き感化されコンテスタントはさらに最高のパフォーマンスを発揮する。

 

緊張と向き合いながら音楽を楽しむそんな葛藤と成長が肌で感じられます。

 

蜜蜂と遠雷

  • クラシックを知らなくても楽しめる作品
  • 緊張しながらも音楽を楽しむ描写がきれいに描かれている

 

おすすめ小説⑤:美しき愚かなものたちのタブロー

 

created by Rinker
文藝春秋
¥1,815 (2021/10/10 20:53:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

【難易度:

 

『総理の夫』と同じ原田マハさんの作品です。

 

マハさんは芸術に精通しており、実際の画家を登場させる「半分実話で半分フィクション」の小説を多く出版されています。

 

『美しき愚かなものたちのタブロー』も実話をもとに作られた小説です。

 

日本で西洋美術が観られない時代の、西洋美術館誕生の史実を基に描かれたフィクション小説です。

 

「リアル(本物)」の凄さ

 

西洋美術を学ぶ日本学生や学者はリアルのタブローを観ることができず机上に留まっていました。

 

本物のスケールや色合い、迫力に一人でも多くの人が触れられるよう、一人の男がゴッホ・ルノワールを購入していくのです。

 

タブローに対する熱き思い

 

フランスで購入した美術品は戦争により日本へ持ち帰ることができず、しまいにはフランス政府が所有することになってしまうのです。

 

その絵を守り続けた男とフランスから日本へ返還に尽力した男たちの奇跡の物語です。

 

タブロー

  • 日本に西洋絵画が広まったきっかけの物語
  • 西洋絵画を日本に輸入するための半生を描く

 

小説はAmazonオーディブルの聴く読書がおすすめ

 

みなさんは「聴く読書」を使ったことはありますか?

 

使っていない人はAmazonオーディブルで最初の1冊が無料で聴くことができます。

 

ビジネス書は図表が見られず、メモも取れないのでおすすめできませんが、小説であれば本を読まない人でも読んだのと同じ感覚になれます。

 

プロ声優の収録で聞き取りやすい

 

初めて聴いたときは聴き取りやすく衝撃を覚えたほどです。

 

ただ聴き取りやすいだけでなく、抑揚がついているので物語もすんなりと頭に入ってきます。

 

3.5倍速まで選べる

 

再生する速度は自分が心地よい速度を0.1倍単位で選択ができます。

 

そのため収録時間が長い作品も、意外と短い時間で聴き終わります。

 

わたしも2.5倍速で聴いているので、1日で聴き終わることも多いですね。

 

移動中や家事をしながら聴ける

 

わたしも家事やスキマ時間を活用して聴いています。

 

本を読むのに慣れていない人は、重い腰を上げないと最初の1ページを読み始められないのではないでしょうか。

 

オーディブルを使えば家事をするときに、画面をタップするだけで聴けますのでぜひ一度試してみてください。

 

著名人もオーディブルを使っている

 

 

 

\ 無料で聴く読書が1冊試せる! /

今すぐ無料体験する

Amazonオーディブル30日間無料♪退会はいつでもOK!

 

社会人だからこそ小説がおすすめ2つのの理由

 

ビジネス書だけでなく社会人だからこそ小説を読むべきだと考えています。

 

ここでは、その理由を2つご紹介いたします。

 

表現力が豊かになる

 

 

実際に言葉にはなっていなかったとしても、頭で考えているときに小説を読んだ良い影響はうけています。

 

この些細な積み重ねが、日常のコミュニケーションだけでなく仕事のキャリアアップにも繋がりますね。

 

物語を通じて知識が増える

 

ビジネス書を読むと眠くなる人でも、小説であれば続きが気になって読み進められる人も多いのではないでしょうか。

 

フィクションの小説であっても、史実にならって書かれているものも多くあります。

 

たとえば、ご紹介した原田マハさんの小説はゴッホやピカソが主人公の小説でアートの歴史を知ることもできるのです。

 

学ぶ機会をなかなか作れない人こそ、小説を通じて学ぶのも良いスキルアップになりますね。

 

ポイント

  • 表現力が豊かになる
  • 知識が増える

 

まとめ:読書習慣がない人は聴く読書で小説を!

 

いかがでしょうか。

普段は読書をしない人にもおすすめの小説をご紹介いたしました。

 

また活字がどうしてもニガテな人は、「聴く読書」で小説を楽しむのも良いですね。

 

読みたい小説が1冊でも見つかっていたら幸いです。

 

それでは失礼いたします。

-読書