転職は必要?しない方が良い?【転職するかどうか悩む第二新卒向け】

     
       
第二新卒
         

新卒で会社に入社したもののイメージと違う。。転職しようか考えているけれども転職をすれば果たして変わるのだろうか。。そんな転職の悩みを持つ第二新卒をはじめとする若手社員の方に向けて、正しい決断をできるように整理していきましょう。

転職はあなただけの悩みじゃありません!

悩んでいるのは自分だけと考えるかもしれないですが、新卒入社して1~3年目の多くの方は転職などキャリアについて悩む時期です。大きな理由としては就職するまでに担ってきた役割と就職してからの役割が大きく変わることが考えられます。就職するまでは「子ども」や「学生」としての役割が大部分を占めていますが、「仕事」という役割を初めて担うことになります。もちろん、アルバイトやインターンシップなどで就労経験を積んでいるという人もいると思いますが、就職する前と後では自分の役割を構成する要素とその大きさが違います。初めて仕事という役割を担い不安を抱えながら生活をするため、分からないことも多く不安になります。

就職して間もない社会人は学生時代の友人や旧友と仕事の話をし、職場環境や給与などの福利厚生を自身の所属する会社と比較し考えます。同じ幼少期や学生時代を歩んできたため、待遇の違いに疑問を持ったりすることもあると思います。

就活の軸をきちんと定めておらず就職した方にとっては、知人・友人の勤務先の職場環境や条件に必要以上に気持ちが左右されてしまうのではないでしょうか。売り手市場と言われる時代においては就職氷河期言われる時代に比べると、過去の経験の棚卸しやそれに伴う就活の軸の設定が甘かったとしても内定が出ることがあります。また、就活の受け答えが蔓延していることや勤続期間が短期化していることからあまり業界分析などをせずに就職してしまうかたも出てきているようです。

転職理由から考える

第二新卒の市場に参入する第二新卒生は、三年三割と言われる通りで三年間のうちに三割近くは参入する市場です。その中で、その三割の方はどのような理由で退職をしているのか、一般的に退職したのちに改善されているのかということを実際の数字を用いながら紹介していきます。

福利厚生

男女ともに労働条件と給与の不満による退職が30%近くを占めています。あらかじめ条件は明示されているものの初めて働くとなると、実際に明示されている条件のイメージが湧かず働いてみたらキツイということもあるのではないでしょうか。また、中には明示されていた条件と実態が異なり「条件付きでないと有給が希望通りに取得できない」や「社歴が長い人でないと使いづらい」などがあるとギャップがある企業もあります。

福利厚生について転職前後の改善でいうと、これは改善されることが多いと思います。日本においては実際に働くまで労働に関する法律や福利厚生について考える機会が圧倒的に少ないです。そのため、それらの知識を持った上で転職市場に出ることで条件面におけるミスマッチは格段に減らすことができます。また、一社就業している経験があるため、その会社との条件面の比較などでより正しい判断をすることももちろん可能です。

給与は上がる?

転職をした方の20代の半分以上の方が、転職前と比べて給与は変化なしあるいは減少するとなっています。具体的には、20~24歳で変わらないと回答した方が30.5%で25~29歳が20.8%、減少したと回答した方が20~24歳で27.3%かつ25~29歳で32.5%となっています(厚生労働省, 2019)。そのときの景気によっても変動するところはあるので一概には言えませんが、多くの方は転職によって急激に給与が増えることは少ないと考えられます。年功序列制が根付いている日本においては、給与の観点からすると転職せずに同一組織で経験を積んだ方がもしかしたら給与が上がることもあるのかもしれません。

仕事内容の興味・満足度

これも転職理由としては20代の方は男女ともに上位の理由として挙げられています。これについても前述の「福利厚生」と同様で正直働くことに対してのイメージが湧きづらい学生生活の中で進路の選択をしているためやはりミスマッチが起きやすいポイントの一つです。

これについて転職後に改善するかどうかと言われると、入社1~3年でみた仕事で制度の高いマッチングを行うことは実際には難しいのではないかと思います。もちろん、仕事以外のプライベートで関わる人が多く、常に様々な職種・業種の方と関わっているのであれば話は別ですが「働くということ」について見れていない部分は正直多いと思います。

教育改革実践家の藤原和博さんは、一つの職種においていわゆるプロフェッショナルになるためには7年間かかると言っています。仕事に関する興味・関心は自分自身だけでなく上司や同期などと共同することによって培われる部分あると思います。そのため、数年で仕事の面白いかどうでないかを判断してしまうのは少しもったいない気もするので、一方的に仕事に対してのイメージを決めつけてしまうことは避けましょう。

まとめ

多くの人が転職について悩んでいるということを知って、少し安心した方もいるのではないでしょうか。実際に転職をしている人が入社3年後には3割いますし、転職ということにあまりハードルを高く考えることはしなくても良いのかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*