学生必見!3つの就活サービスと活用方法【大手人材社員が解説】

     
       
         

就活を始めたけれども、サービスが多数あり”何をどう活用すれば良いか分からない”方も多いと思います。

そんな学生に向けて、納得感を持って内定獲得ができるように、就活サービスの紹介を致します。

また、他の就活生と差をつけるポイントもシェア致します。

学生必見!3つの就活サービスと活用方法【大手人材社員が解説】

最初で最後の新卒採用の就活ですが、無料サービスが多数あり、どのように活用するべきか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は大手人材会社でコーディネーターをしている観点から、おすすめのサービスと活用方法を徹底的に解説致します。

1. 就職エージェント

エージェントサービスは私も活用していましたが、専任のアドバイザーによる就職相談と、相談を踏まえた求人情報の紹介も受けられます。

また、エントリーシートの添削や模擬面接などの対策も行っており、就活全判のフォローが担当のアドバイザーから受けられるため、安心して就活をすることにも繋がります。

1.1 活用方法①:複数登録する

1社のみの登録の場合、就活の選択肢を増やすことができない場合があるため、必ず最低3社のエージェントに登録しましょう。

より具体的な理由としては下記が挙げられます。

  • 取り扱っている求人が異なり、紹介件数が増えるため
  • 人材会社やアドバイザーの相性が合わないこともあるため
  • アドバイザーに競争意識を持たせるため

人材会社は学生の内定が出て初めて、紹介料として利益が発生します。そのため、ひとりの就活生を内定に繋げることが非常に重要です。

1社のみのエージェント登録の場合、他社のエージェントからの紹介と競合しないため、フォローが薄くなってしまうこともあります。そのため、より良いサービスを受けられるように、複数エージェント会社を登録するようにしましょう。

1.2 活用方法②:無理にエントリーしない

登録する紹介会社やアドバイザーによっては、エントリーを強く進められることがありますが、安易にエントリーはしないようにしましょう。

理由はシンプルで、あまり興味が感じられないにも関わらず、時間とお金(説明会や面接の交通費など)をかける必要がないためです。

また、私も求人紹介を行っているため分かるのですが、アドバイザーはエントリー数を目標(ノルマ)の営業数字として追っています。そのため、アドバイザーに上手く流されないように、自分の就職活動の軸をしっかり持って求人の紹介を受けましょう。

1.3 内定率86%!おすすめの就職エージェント”キャリアスタート”

キャリアスタート新卒専門の就職支援サービス会社で、驚異の内定率86%の実績がある就職エージェントです。

若手アドバイザーが多いため同じ目線に経ってフォローを受けることができます。面接対策では、求職者の特徴に合わせたキャリアスタート独自の面接トレーニングプログラムが用意されており、応募から平均1ヵ月での内定獲得実績もあります。

また、実績は内定率だけでなく、求職者と企業のマッチング分析によって入社後の定着率92%以上となっております。

取り扱っている求人は、学歴フィルター(MARCH以上など)が一切なく、学歴問わず全ての方に等しく求人紹介が行われています。

学歴フィルター一切なし!【キャリアスタート】

2. スカウトサービス

プロフィール情報を入力すると、企業側から直接オファーが来る”逆求人型”のサービスです。

志望業界が定まっている方にはオススメではないですが、そうでない方は様々な求人情報が送られているため、業界や企業について興味を持つきっかけになります。また、直接オファーのため自分で探す求人よりも選考に通りやすいこともメリットです。

2.1 活用方法①:早期に登録する

エントリー解禁直前にエントリーをすることはできるだけ避け、余裕を持って登録しましょう。

早期に登録すると、インターンシップの案内がくるものもあり、より就職に対するイメージを具体化することに繋がります。また、オファーは一定量の情報がある(企業からのオファーが多数の場合もある)ため、ある程度時間に余裕がある状態で情報を精査することがベストです。

2.2 活用方法②:オファー企業や業界を調べる

求人サイト(リクナビやマイナビなど)や就職エージェントでは、興味に偏って企業や業界を調べてしまいますが、オファーを通じて知らない企業・業界について知る機会になります。

私がコーディネーターとして仕事紹介をしていても、入社前には知らなかった業界が多数あります。中には、知っていたら就職活動が変わっていたかも知れないとすら感じる企業もあります。

できるだけ多くの選択肢を想像できるように、業界や職種・企業について知識を増やしていきましょう。

2.3 就活生の5人に1人利用!おすすめのスカウトサービス”dodaキャンパス”



就活生の5人に1人が登録している、 企業から早期インターンや特別な採用オファーが届く”逆求人&オファー型”就活支援サービスです。

登録企業数は6,200社以上で、プロフィールを入力するだけで企業に魅力が伝わり、自分にあったオファーが届くようになります。

また求人のオファーだけでなく、オンラインキャリアイベント「dodaキャンパスゼミ」など就活のテクニックを学べるイベントもあり、これからのキャリアを考えるうえでの成長支援サービスが無料で受けられます。時期に応じた添削サービスや成長支援・サポートもあり、安心して就活が進められます。

5人に1人が登録!オファー型就活【dodaキャンパス】

3. 選考イベント

就活と聞くとエントリーシート選考通過の後に面接という流れを想像しますが、採用に直結するようなイベントも数多く開催されています。

3.1 活用方法①:就活生同士の情報交換

就活は情報戦と言われているくらい、リアルな情報が手に入れられるかが重要です。

そのため、実際に面接を受けていたり、説明会に参加したりしている同じ就活生の情報を共有することで、自身の就活に活かすことができます。

また、同じ業界を志望している学生と知り合えたら、お互い刺激し合いながらキャリアを選択することもできるようになります。

3.2 活用方法②:企業担当者とのコミュニケーション

通常の選考フローでは、企業担当者とフラットに話す機会が少ないため、些細なことでも積極的に質問しましょう。

もちろん、学生側が企業のエントリーを受けるかどうかの判断にもなりますし、業界の面白さはもちろん働くことのモチベーションを見つけるきっかけになることもあります。

またシンプルに、就職活動は社会人になるための儀式とも考えられるため、社会人がどのようなコミュニケーションを取るのかや、どのような考え方をするのかを知っておくことも重要です。

3.3 内定直結型!90%以上内定獲得!おすすめのマッチングイベント”Meets Company”



年間の採用イベントの開催数は業界NO.1で、年間のサービス利用者約10万人と就活生の5人に1人が利用しているサービスです。

Meets Companyは就活のマッチングイベントで、企業の人事で決定権を持った人や社長のみが参加しています。そのため、学生はその場で内定を獲得出来たり、内定の一歩手前まで選考が進むこともあります。イベント参加企業は東証一部上場企業からベンチャー企業まで多種多様となっています。

またイベント後には、就職のプロが就職の相談をも行っているため、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わ せた徹底サポートも受けられます。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*