将来が不安な方へ、転職前に知るVUCAとは|3つの最重要ポイント

     
       
Jobchange_VUCA
         

転職や就職が不安な方の中には、将来仕事がなくなってしまうのではないかという懸念をしている方もいるのではないでしょうか。もちろん仕事の心配をするこのも大切ですが、これから先のVUCAと言われる時代は”どのような時代”になるのかということをシェアいたします。

VUCAとは

インプット

VUCA(ヴーカ)とは、もともとアメリカの陸軍が社会情勢を説明するのに用いていた言葉で、4つのキーワード

  • Volatile:不安定
  • Uncertain:不確実
  • Complex:複雑
  • Ambiguous:曖昧

の頭文字をとったものです。

今までの社会では、終身雇用が約束されている企業がほとんどで、大企業=安定という認識を社会的にも持たれていました。しかしながら、業界における最大手企業が倒産したりということが立て続けに起き”安定”という言葉が社会では通用しなくなってきました。企業の平均寿命についてもここ数年で短くなり、現在では20年と言われています。

このように社会が不確実かつ不安定なので、生き残っていくことができる人材も大きく変わっていきます。それでは、今までは重要だったがこれからはアップデートして考えなければいけない3つのポイントをご紹介いたします。

経験の無価値化

Experince

今までの社会では、経験やスキルが評価される時代でした。直面する問題・課題に対して”経験的に”最適な結論を見出すという方法です。ですがVUCAの時代において、今まで経験してきた市場や状況が流動的に変化するため必ずしもかこの経験を活かすことができなくなってしまいます。

つまり、過去の経験に頼るのではなく”柔軟に”学び続ける姿勢が重要になります。”柔軟に”学ぶとは、逆に過去失敗した経験でも将来的に好転する可能性も大いにあるということです。そのため過去の成功だけでなく失敗にも囚われずに柔軟に目の前の物事に対応していく必要があります。

そのため、VUCAの時代で活躍する人材になるために必要になるのは”スタンス”と”ポータブルスキル”です。転職や就職でもVUCAの時代に対応できる人材を求めるようになるため採用面接や面談でもこれらについては重要視されてきます。

ポータブルスキルとスタンスについての詳細は【転職でスキルアップ志向の方必見|ポータブルスキル3つのポイント】をチェックしましょう。

予測の無価値化

FuturePrediction

現状を把握するということがナンセンスになるということは、「経験の無価値化」でご確認いただけたと思います。これに伴い、未来予測についても価値がなくなります。そもそも、正しく未来を予測することができない時代なのがVUCAです。そのため未来を予測して適応するのではなく、”今”最善を尽くして行動していくことが必要になります。

ただし、未来志向は物事へ取り組む上で重要な思考性の一つです。それでは、どのように未来志向を実現するのかというと、未来を”構想”していくことが必要になります。「どのようになるのか」ではなく「どうしていきたいのか」を考えることによります。これをするためにまず必要なのが、”今”を正しく捉えるということです。今という基準からどのように成長していきたいか変えていきたいのかという出発点になります。

そもそも人間は、物事の変化は線形的変化(ただ単に過去の延長)として未来を考えてしまいます。そのため、そのような考えないように意識するところから始めていきましょう。

最適化の無価値化

Optimisation

前述のように最適化をするということができなくなりつつあります。そのため、長期のキャリアビジョンではない他の指標が必要になります。そこで必要になるのが、クランボルツの計画的偶発性理論に則ったキャリアの構想です。これは、人々の転機は良い偶発性から起きており、かつ、こと偶発性は意図的に起こすことができるというキャリア理論です。つまり、キャリアプランを創るということではなく、キャリアを気づいていくための行動を重視していくことが重要視されているということです。

これについての詳細は【転職に悩む方!キャリア理論で乗り切る|計画的偶発性理論の5ポイント】をチェックしましょう。

まとめ

VUCAという言葉はより一般的になってきましたが、その中でどのような変化がありそれにどのように対応していくのかということはあまり触れられていませんでした。これから訪れる変化の特徴をしっかりと捉え、先を見据えてキャリアを考え前進していきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*