準備編◇悩み・モヤモヤ

知らないとキケン!第二新卒の空白期間3つの注意点◇100名以上キャリア面談した人が語る

blank

こんなことが分かる

  • 第二新卒の空白期間はどんな影響がある?
  • 離職期間が半年〜1年になるとどうなる?
  • 空白期間を作らないポイントは?

 

このように空白期間に悩む・不安な第二新卒に向けて、転職の正しい情報をお届けいたします。

 

はじめまして、なべけん(@yochi_career)と申します。

 

大手人材会社でコーディネーターとして1000名以上の就業機会に携わり、またキャリアコンサルタントとしても100名以上のキャリア相談の実績があります。

 

退職後に少し休みたい・新しいことに挑戦したいなど空白期間をつくりたい人も多いですよね。

 

また、過程の事情や転職活動がうまくいかずに離職期間があり不安な方もいると思います。

 

そんな方々が不安を抱えずに転職活動へ臨めるように、空白期間の注意点・ポイントをご紹介いたします。

 

なべけん
転職が不安な人はUZUZのエージェント登録すれば業界トップのサポート体制で安心です!

 

100名以上キャリア相談したプロが第二新卒にUZUZをおすすめする理由・評判を解説

続きを見る

 

ブランク期間の3つの注意点とは

 

空白期間があると、下記のような懸念をされてしまうことがあります。

 

3つの注意点

  • 就業意欲を過小評価されてしまう
  • スキル・スタンスが下がってしまう
  • 転職のこだわりが強いと懸念されてしまう

 

また、長期求職者の割合が在職中の方に比べるとブランクがある方の方が5%以上にもなります。

 

そのため、少なからずブランク期間の影響は出てきてしまうことが正直なところです。

 

就業意欲を過小評価されてしまう

 

数ヶ月離職期間があると「就業意欲が低いのでは?」と、採用担当者から思われてしまうことがあります。

 

また「転職後の離職に繋がってしまう」可能性が懸念されてしまうことも。

 

このような過小評価されることを避けるために、ブランク期間をきちんと説明できるようにならなければなりません。

 

ブランクの理由は事実を伝える

 

ブランク期間を伝えるときには、事実を偽ることをやめましょう。

 

ブランクの理由の一例

  • 転職活動
  • 資格の学習
  • 留学
  • 出産や育児、介護 など

 

偽った内容でマイナス評価されてしまっては、本来の採用マッチングを無駄にしてしまいます。

 

たとえば、資格学習をしたものの落ちてしまったので就職したというエピソードの場合です。

 

この時”やり切るスタンスがない”と評価されてしまう可能性もあり、事実と異なる自分おスタンスを評価されてしまうことになります。

 

スキル・スタンスが下がってしまう

 

仕事をしていない期間があることで、ビジネス感覚が鈍ってしまうということも懸念点の1つです。

 

自分では意識していなくても退職をすると、コミュニケーションが減ってしまったり頭を使う機会が少なくなってしまったりします。

 

懸念を払拭できるようにアピール

 

これを避けるために、仕事に取り組むスタンスをアピールしましょう。

 

もちろんビジネス感覚を維持するために、積極的に人と会いコミュニケーションを図ることも重要です。

 

ですが、仕事をしなければ感覚が鈍ってしまうことは避けられません。

 

そのため、短期的なスキルの低下を補えるだけの仕事に取り組む姿勢をアピールできるようになりましょう。

 

転職活動で重宝されるスキルを知りたい人は、こちらをチェックしましょう。

 

certificate
転職の市場価値が一気に上がるポータブルスキルとは◇キャリアのプロが解説

続きを見る

 

転職のこだわりが強いと懸念されてしまう

 

転職活動をしている場合に限りますが、希望条件が細かく企業を見るハードルが高いと思われてしまうこともあります。

 

拘って探しているのであれば全く問題ありませんが、そうでない場合に誤って担当者に懸念されることを避けるようにしましょう。

 

離職期間がある理由があればそれを素直に伝えることでこの懸念は払拭されますね。

 

ポイント

  • 空白期間が長いと過小評価される可能性あり
  • スキル・スタンスは磨き続けることが必要

 

求職期間による空白期間はどれくらいが目安?

 

約80%の方が3か月以内に転職を行なっています。

 

また、20代に限って考えると長期休職者(6か月以上)は30代以上に比べると少ないため、3か月より短期間で転職活動を行なっていることも予想されます。

 

退職してから転職をするまでの期間は、短ければ短いほどスムーズに転職活動が進められます。

 

無理な就職は控える

 

ただし体調不良や出産・育児、介護などが理由のときは、無理にブランクを埋めようとしなくても問題ないです。

 

体調不良の方は無理なく働ける状態になってから、復職を考えましょう。

 

育児や介護についてもライフスタイルに影響がでないように、短時間のお仕事なども視野に入れるのも良いですね。

 

短期間就業の影響

 

無理に復職して短期間の退職になってしまうと、転職活動のハードルが上がってしまうことがあります。

 

やはり多くの企業が長期間の就業を見込んでいるため、1社で長期間働いている方が優遇されてしまいます。

 

ご自身の状況と向き合い就業の判断をすることも重要ですね。

 

ポイント

  • 3ヶ月以内の転職が一般的

 

直近の在籍期間にも左右される?

 

転職をする前の会社の在籍期間が1年未満の場合、転職活動に時間がかかる可能性があります。

 

20代後半では転職をした方の中で、1年〜2年努めた方は20.6%と2年以上は60.1%です。

 

これに対して、前職の在籍期間が〜6か月は7.7%で6か月〜1年が11.6%です(厚生労働省, 2015)。

 

転職する方の大多数が1年以上は同一企業で働いているため、多くの採用担当者が1年は働いていることを想定している可能性が高いということです。

 

まとめ:ブランクの懸念をきちんと理解する

 

採用担当者の目線で懸念されるポイントを整理しました。

 

離職期間があったとしても、そのブランクに理由があれば全く問題ありません。

 

ただし、懸念されるポイントを抑えておくことで、担当者が抱く不安を払拭することにつながります。

 

採用担当者の目線を身につけ、新たな一歩につなげていきましょう。

 

無料で他社の5倍の転職サポート◇転職エージェントUZUZ

UZUZ

充実したサポートを希望する人以外は、登録しないでください!

 

業界トップレベルのサポートで入社後の定着率93%以上の支援実績!

平均20時間の転職サポート!

書類通過率93%以上で安心のフォロー体制♪

企業ごとのオリジナル面接対策が受けられる♪

 

-準備編◇悩み・モヤモヤ
-, , , , , , , , ,