派遣に転職で未経験からキャリアップOK|派遣で働く3つの魅力

     
       
派遣_転職
         

転職で派遣という働き方を選択肢に考えたことはありますか。派遣と聞くとネガティブなイメージを持つ方も少なくないと思います。ですが、派遣の中にも紹介予定派遣という直接雇用への切替が前提になっている類のものもありますので、今回はこれについて徹底解説していきます。

派遣でも未経験の求人が多数ある

search

派遣で転職と聞くと”即戦力”が求められていると感じる方も多いのではないでしょうか。派遣は有期の雇用形態になるため、経験が求められる仕事も数多くあります。ですが、若手の方のポテンシャルに期待し未経験者でも就業が決まることが多々あります。このように考える企業が多いのもあり、割と高時給の仕事もあります。そのため、経験を積むために派遣で就業するという選択肢も十分前向きに検討されるべきです。また、それ以外にも転職で派遣を検討するメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 就業が決まるまでの期間が短い
  • 求人が増える時期までの”繋ぎ”と考え就業する
  • 生活スタイルに合わせた仕事を選べる
  • 直接雇用切替前提のものもある

就職が決まるスピードが速い

営業事務

正社員や契約社員などのいわゆる直接雇用の仕事に比べて、短期間で仕事が決まることが多いです。私自身が仕事紹介をしていて、派遣会社に登録してから最短3時間で仕事が決まった方もいます。派遣では面接行為が一切禁止されています。また、入社に必要な手続きは派遣会社が取りまとめているため手続きについても、直接雇用形態に比べると煩雑なものは少ないように感じます。

”繋ぎ”として働く

キャリアウーマン

派遣という雇用形態は、いわゆる有期の雇用形態のため長期間(最長3年間)働くためには契約の更新をしていきます。そのため、更新のタイミングで更新を希望しないという選択肢ももちろんあります。実はこれが”派遣=不安定”と言われる所以なのですが、逆手にとって考えていくこともできます。これによって、転職活動をしながら契約期間満了まで働くことができるため、希望する正社員や契約社員への就職が決まるまでの繋ぎ就業が十分に可能になります。

派遣では”生活スタイルに合わせた仕事”を選びやすい

子育て

育児や家事、介護などの理由でフルタイムでの就業が出来ないと言う制約を抱えている方も少なくありません。このような希望の方が仕事をするとなると、アルバイトやパート就業がメインになります。しかし、パート・アルバイトでは社会保険の加入が対象外になってしまったり、最低賃金で働くことも少なくないでしょう。派遣では、これに比べると平均時給が上がりより収入を得ることができます。

派遣でも時短の求人が増えてきています。週3日の仕事や週5日の時短勤務などヴァリエーションは様々です。また、家庭の事情による急な休み(お子さんの体調など)に対する理解のある職場も非常に増えてきており安心して就業することができます。

  • 週3日や4日勤務が選べる
  • フルタイムだけでなく、時短勤務も選べる
  • 社会保険加入することもできる

直接雇用への切替が前提の”紹介予定派遣”

ヒューマンリソース

”紹介予定派遣”と言う派遣はご存知でしょうか。これは、一定期間の派遣就業後に直接雇用(正社員・契約社員)への切り替えを前提にしているものです。派遣就業期間は、最長6ヶ月とされており派遣就業後に契約更新されると無条件に切り替わります。もちろん、派遣期間中にミスマッチを感じたら切り替えを希望せずに退職を選択することもできます。これらを踏まえて紹介予定派遣のメリットは、

  • ”派遣=不安定”のイメージがあるが、直接雇用への前提である
  • 正社員・契約社員就職のミスマッチを防ぐことができる

ただし、一般派遣に比べると就業が決まるまでにある程度の期間を要する場合が多いです。一般派遣では面接行為が禁止されているためスムーズに就業が決まることが多いですが、紹介予定派遣では複数回面接を重ねることがあるためです。

まとめ

派遣と聞くと無条件にネガティブに捉えていた方もいるかもしれません。ですが、派遣の特徴をきちんと理解することで転職に有利に働くこともできます。また、正社員や契約社員への切替が前提になっている派遣(紹介予定派遣)についても知っているかどうかで選択肢の幅も大きく変わります。自身の転職希望を改めて見直し派遣を選択肢に入れるのもアリかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*