スキルがなくても転職できる|20代の転職3つのポイント

     
       
転職_スキル
         

20代の場合はまだスキルもほとんど身に付いていないと認識しているため、他の年代に比べ重視の度合いは下がるのです。スキルが重視されないこともあり20代はスキルなしでも転職可能な環境となっています。スキルなしの20代における転職のポイントとしては何があるでしょうか。

スキルなしで転職できるといえど転職そのものは決して簡単ではありません。安易な気持ちで挑むと失敗してしまう可能性が高いため、スキルがないなりにポイントを考え活動する必要があるのです。

20代で見られるのはポテンシャル

面接

20代はスキルがほとんどないと見られますが、企業側もポイントを見ずに採用を行うわけではありません。20代ではスキルの代わりにポテンシャル、潜在的な将来性が重視されます。しかし一言でポテンシャルと聞いたところで何を見られるか分からない方も多いでしょう。

ポテンシャルとして見られるのは主に以下の点が考えられます。

  • 将来についてどれだけ考えているか
  • 仕事に対してどのような姿勢で取り組むか
  • 行う仕事に対しどのような考えを持っているか

20代の場合はまだ社会経験も短いため、具体的に言語として主張するのは難しいでしょう。しかし企業側も承知の上であり、自分なりにどう仕事や将来に対し考えを持っているか聞かれるのです。実際自分自身が企業側の立場に立ち、未来のビジョンもない人間を採用する気になるかと考えれば分かりやすいでしょう。

企業に関わらず安易で考えのない転職は後悔する可能性が高いです。自分なりに転職を行う上でのビジョンを相手に伝えられるようにしておきましょう。見方を変えれば伝えられない状態の場合は転職をするべきでないといえます。

現在の自分に何ができるか

ビジネスマン

今の時代、若い世代で転職を行うのは珍しくありません。転職が珍しくないということは、企業へ応募した際のライバルも多くなるのです。同じ20代だけでなく即戦力となる30代以上が立ちはだかるケースも考えられます。

ライバルが多い以上、ポイントになるのは自分のできることです。単純に他人より自分にできることが評価されれば採用される確率も高まります。

スキルがない以上、別方面でアピールを行う必要があるでしょう。分かり易いアピールが資格であり、企業に関連する資格を所有している場合は強みとなります。しかし資格も種類により難易度は違うため、あまり簡単に取得できる資格は役に立ちません。アピールの武器とする場合は一定以上の難易度がある資格にしましょう。現在資格がない場合は今の職場で働きながら資格取得を目指すのも一つの手です。

資格ではなく別の面でアピールしたい場合は、短いながらに仕事で身につけた経験や仕事以外で身に付いている経験を考えてみましょう。仕事以外で行った行為が評価されるケースも少なくありません。自分の強みを見つけることが重要なのです。

企業の求めている人間を理解する

マルチタスク

20代の転職における企業の選択肢は多いです。しかし多い時間が有限である以上、多くの企業を回ることはできません。自分で転職先としての企業を選ぶ必要があるため、企業が何を求めているか理解する必要があります。

企業の求めている物として見るべきポイントは以下が考えられるでしょう。

  • どのようなスキルを求めているか
  • 人手を求めているか
  • 人材育成をどの程度考えているか
  • 企業が重視している仕事は何か

最初に見るべきポイントはスキルであり、特定のスキルを求めている場合は残念ながらスキルなしの20代で手を出すのは難しいです。ゼロではありませんが確率としては低いため応募を目指して転職活動を行うだけ時間の無駄となってしまいます。求めているスキルを見て、自分が転職先として応募できる企業か判断しましょう。

異業種に転職する場合は人手が足りない企業の場合、とにかく人手が欲しいため採用される可能性が高くなります。しかし退職者が多くブラックと見られている企業の可能性もあるため、企業情報は集めておきましょう。

仕事の重視している点は自分の目的とマッチしている場合、熱意が評価され採用される可能性も高くなります。求人以外の企業情報で提示しているケースもあるため、求人だけでなく企業自体の情報を集める必要もあるでしょう。

まとめ

スキルがなくても転職はできますが、転職する上で重要なポイントは本当に自分が転職を考えているかです。無闇な転職は自分自身にとってマイナスとなってしまいます。今の職場で仕事の経験を身に付けスキルを取得した方が将来的に転職活動へ役立つケースも考えられるのです。転職前に転職を行い問題がないか納得するまで考えましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*