転職・就職面接で逆質問に悩む方へ|効果的な質問を考える3ステップ

     
 

転職や就職の面接で逆質問をするときに、何を質問すれば良いのか悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか。実はこの逆質問は、転職者が企業を面接する場面でもあり、ミスマッチを減らすことができる重要な時間です。この時間を効果的に活用するためのポイントをご紹介いたします。

逆質問とは

クエスチョン

逆質問とは、面接官から質問をされる面接の場で就活生・転職者から質問をすることを指します。このときになんでも質問をすればよいわけではなく、逆質問も面接の一部として捉えられていることが非常に多いです。質問をされた方は質問の意図を汲み取ろうとして回答するため、この意図がマイナスに感じられてしまうとマイナス評価につながってしまうこともあります。たとえば逆質問の内容が「休みは取りやすい環境ですか」だとすると、面接官が考える意図として「休むことが前提の何か事情があるのか」や「よく休むことがあるのか」などと感じられてしまうという場合です。ですが、質問の仕方を

つまり質問内容ももちろん重要ですが、内容に限らず質問の仕方も大切になってくるということです。

逆質問の3ステップ

就職先のミスマッチを減らすためにも、正しい手順で逆質問の内容を考えていく必要があります。これを考えるステップは、

  • ステップ1:就職活動の軸を考える
  • ステップ2:欲しい情報を言語化する
  • ステップ3:逆質問のセリフを考える

となります。これから一つずつ方法を確認していきますが、これらのプロセスは「目的から手段を考える」という逆算的な考え方を3つのステップに分けたものになります。逆質問に限らずそのほかの一般的なことにも当てはめられる手順になりますので一緒に確認していきましょう。

ステップ1:就職活動の軸を考える

THINK

転職・就職をするときに、どのような基準で企業を選ぶかの判断軸である「就職活動の軸」を考えることが重要です。なぜならこの就職活動の軸とは、自分が譲ることができないポイントであるためこれらが自分が欲しい情報となるためです。

就職活動の軸=自分が欲しい情報

もちろん一つに絞る必要はないですが、1〜3個考えておきましょう。なお、就職活動の軸についてはこちら(就職・転職で選び方が分からない20代必見|企業選びの4つの軸)を要チェック。

ステップ2:欲しい情報を言語化する

アウトプット

就職活動の軸を自分の言葉で置き換え、誰でも理解することができる言葉に落とし込みます。これを考えなければならない理由は2つあり、①自分自身が納得感を持ち腹落ちしているということ②自分だけでなく第三者も理解することがでできるようにするということです。

①については、自分で考えそう思っているのかという確認にもなります。私も含め人は環境や友人・知人から少なくとも何かしらの影響を受けています。自分が考えていることが周囲からの影響で考えているのであれば、就職活動においてミスマッチになりかねません。また、②について最終的には逆質問という形で第三者へ質問をするためその意図を誤解なく相手に汲み取ってもらえるために必要になります。

たとえば、就職活動の軸が「人的資源」であるとします。このときに「どのような人と働きたいか」ということを考えなければなりません。これに対して第三者に説明をする一般的な言葉としては「常に挑戦をし続ける向上心の高い人」などがあります。しかし、自分自身が腹落ちしているレベルでは「高校三年生の最後のバスケットボールの試合で圧倒的に劣勢だったが、最後まで諦めなかったキャプテンのような人と一緒に働きたい」など具体的なエピソードを当てはめて考えていきます。

ステップ3:逆質問のセリフを考える

面接

ここまで考えると、自分自身が欲しい情報が整理されるためこれを確かめる質問のセリフを具体的に考えていきます。たとえば、ステップ2の例で考えれば「人」が働いているのかどうかということが欲しい情報になります。しかし、質問をするときに「常に挑戦し続ける向上心の高い人はいますか?」とはなかなか聞きづらいと思います。そこで、相手にマイナスな印象を与えずに欲しい情報を得ることができる質問を考えなければなりません。

このときに考えるポイントとしては、「そのようなときに挑戦している人が良いのか」ということです。ステップ2で落とし込んだエピソードでは、逆境の経験からこのような就職活動の軸を考えています。そのため、想定される場面としては月末や期末の追い込みや他社競合が優勢の時などがあります。このときの働き方を聞きたいので、セリフの具体例を挙げると「私は、営業力を身に付けたいと考えています。そのため、日常の営業活動の中で競合他社優勢の時などに特に意識していることがあれば教えてください」などはいかがでしょうか。面接官に与える印象は向上心が感じられるためプラスです。また、逆境でどのように乗り越えるのかということについても自分が欲しい情報を取りに行くことができます。

また別の例で改めて説明すると、「欲しい情報が休みが取りやすいかどうか」という情報だとします。これもストレートに聞いてしまうといい印象を与えないので、具体的な質問の例としては「長期休暇はどのように過ごされるのでしょうか」などがあります。これに対しての回答が「海外旅行に行く人もいる」などが返って来ればある程度長期の休みは取れるという確認になります。また、これであれば相手に伝わる意図は「ワークライフバランスを重視している方なのかな」ということになります。

まとめ

目的から逆算してto doまで落とし込み物事を考えるというプロセスを一緒に確認していきました。このようにto doにまで落とし込まなければ、せっかく考えたものも実行できずに終わってしまうことがあります。そして、逆質問についてもこの方法で考えることで就活生自らが会社を選考することができミスマッチを防ぐことにもつながりますので、ぜひ一度実践してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*