1年目で転職ってマイナス?|3年働けと言われる3つの理由

     
       
転職_1年目
         

今の時代、転職を考える行為は珍しくありません。1年目の転職は3年目以降と比べ、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

中には様々な理由があり、入社してすぐの1年目で転職をしたいと考える方もいるでしょう。企業も様々なため、1年目における転職も決して間違いではありません。しかし、1年目の転職となれば3年勤めた時と比べ様々なデメリットが存在するのです。

今までの経験が無駄になる

フォワード

仕事を始めて1年目となれば、まだ経験が身に付いていない状態です。身に付いていない状態で転職してしまえば、経験としてはほとんどゼロになると考えていいでしょう。仕事の経験は業種によりますが、全てに共通して問われるのが社会人としてのマナーです。1年目の転職においてマナーはほとんど身に付いていない可能性が高く、企業から同様に認識されるのも避けられません。

業種の変更問わず働く場が変わった場合、前仕事をしていた企業とは環境も大きく変わります。1年目の転職をした場合はゼロの状態から変化した環境の中で仕事を身につけなければならないのです。特に1年目となれば元々プライベートで親しくない限りは人間関係もゼロからのスタートとなります。前の企業で仕事をした期間が無駄となるため、再転職する際に他の転職者と比べ不利になる問題も出るでしょう。

仕事における経験は単純に転職へ有利となるだけでなく、転職における行動の仕方にも関わってきます。3年仕事をして経験を身につけた社会人の方が1年目に比べ転職活動もしやすいのです。実際、後先考えず転職することばかり考えてしまえば失敗する可能性は非常に高いでしょう。

給料の下がる可能性が高い

ディスカッション

必ずではありませんが基本的に1年目の転職において給料の下がる可能性は高いです。現在仕事をしている企業によりますが、1年目となればほとんど仕事の経験は身に付いていません。実績がない状態の転職となるため企業側としても給料を高くする可能性が低いのです。

給料の相場は業種により変わるため、業種を変更した場合は実質的に上がる可能性は考えられるでしょう。しかし変更する場合は今までとするべき仕事、場の環境が変わるため別方面でリスクが生じます。給料が増えるという点ばかり重視せず、別方面で何かしら支障がないか確認はしましょう。

1年目における転職の場合、給料以外に以下の金銭面でも問題が生じます。

  • ボーナス
  • 福利厚生
  • 失業手当

転職を行う時期によりますが1年目となればボーナスがもらえない可能性が高いです。給料だけでなくボーナスの分も収入は下がると理解しておきましょう。

福利厚生は企業の運営によりますが、短期間での転職では十分に活用できないケースも多いです。1年目の転職となれば有給休暇を始めとした給料の出る休暇を活用できないと考えた方がいいでしょう。

意外と忘れがちとなってしまうのが失業手当であり、1年目における転職では失業手当は出ません。転職活動を行う場合は失業手当をあてにせず行わなければならないのです。

第二新卒として不利になる

BusinessPerson

1年目で転職をする場合、転職者は立場として新卒ではなく第二新卒としてみなされるのです。まだ社会人としての経験が身に付いていない新卒と違い、第二新卒はある程度経験があると企業からは見られます。全ての企業が同じとは限りませんが、実績や経験を必要とする企業の場合はまず採用されないでしょう。3年目の転職者と比べ選択できる企業が減ってしまいます。

1年目という短期間となれば企業側からもマイナスイメージで見られる可能性も見逃せません。主に見られるイメージとしては以下が考えられるでしょう。

  • またすぐ辞めてしまうのではないか
  • 忍耐力がない、飽きやすいのではないか
  • 人間として問題がないか

いずれのイメージを持たれるにしてもマイナスの常態でスタートしてしまうのは避けられません。面接では上手くマイナスを払拭しなければならず、他の転職者と比べ不利になってしまうのです。

可能性としてはゼロでないため1年目の転職を成功させる可能性も十分にあります。しかし他と比べ様々な面で不利のスタートとなれば成功させる確率は低いでしょう。低い確率の中活動していかなければならないのです。

まとめ

デメリットはありますが1年目における転職が必ずしも悪いとは限りません。企業は入社しなければ分からない部分も多く、入ったことで始めて理解する問題もあるでしょう。問題のある場合は在籍がデメリットになってしまうため、早々に転職を考えるのは間違っていません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*