【第二新卒】志望動機が書けない!失敗しない職務経歴書5つのコツ

     
       
第二新卒_志望動機
         

エントリー企業が魅力的には感じるけれどもうまく言語化できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また志望動機が見つからないと悩んでいる方でも、誰でも考えられるようになる5つのポイントを具体例を交えながらご紹介いたします。

志望動機とは

ビジネス・コミュニケーション

志望動機とは文字通り「エントリー企業を志望する動機」ですが、これを考える時にポイントは2つあります。

志望企業にあわせて職務経歴書を作成する場合には、

  1. 志望企業の”何に対してどう感じるか”
  2. 志望企業で働くことで”どうなりたいか”

この2つに分けて考えられます。

応募書類ではどちらか一方に絞って書くようにしましょう。分量が限られているため両方書いてしまうと内容が浅くなってしまい、選考で不利になってしまいます。

複数の志望動機がある場合には、面接でアピールしていきましょう。

1. ”何に対して、どう感じるか”を言語化

PC_キャリアウーマン

志望する動機が”自身の抱いている興味”の場合、「何に対してどう感じるか」をアピールします。

言語化をする時に意識すべきことは、

  1. 魅力の対象は何か
  2. 魅力なポイント
  3. 1.が魅力的な理由

この3つです。

1.1 魅力の対象”何に対して”を捉える

自分が魅力的に感じることは何かを特定します。

この対象も人によって様々ですが、大きく分けると下記の4つに分類されます。

  1. 人材の魅力(魅力ある人と働く)
  2. 活動の魅力(業種・職種)
  3. 条件の魅力(オフィス環境・制度待遇)
  4. 目的の魅力(会社ブランド・経営ビジョン)

ここで”条件の魅力”が志望理由の場合、企業からの評価がプラス評価にならない可能性があるため職務経歴書に書かない方が良いです。ただし自分の志望度を図る際には一つの評価軸として考えることも重要です。

また”人材の魅力”と”目的の魅力”はそれぞれの会社特有のため、

そして”活動の魅力”だけではオリジナルにならないため、”その企業における”業種・職種として捉えることが必要です。

【業種×企業】

エントリー企業の業界でのポジションや強みを理解し、企業の魅力に感じることを言語化します。

例 業界の中でも顧客の満足度が圧倒的に高い貴社での仕事を通じ、自身の対応力を高めていきたいです。

【職種×企業】

ある職種についてその企業で経験することのプラスに感じることを捉えます。

例 カスタマーと向き合う時間が十分にある貴社で営業経験を積むことで、新たなニーズを捉え新たな”不”を発見し向き合っていきたいです。

1.2 ”どのような魅力”があるか

エントリー企業の魅力的に感じたことが”具体的にどのようなことか”を考えます。

魅力について考える時に、事実ベースで物事を捉えることが必要です。主観的なことや定性面の場合、相手に自分の大切にしている価値観が伝わらない可能性があります。

【△:主観的な表現】

貴社の社員は向上心があるため協働することで自身が成長をし、事業の成長にも寄与できるためです。

【◯:客観的事実】

同業他社と比較し一人当たりの担当企業数が多いという裁量に魅力を感じ、自身の成長だけでなく貴社の首都圏のシェア奪還に貢献していきたいです。

1.3 ”魅力的に感じたのはなぜか”

最後に自分が魅力的と感じたことが、”なぜ魅力的に感じたのか”を過去の経験と当てはめていきます。

それを魅力的に感じる理由は”自身の価値観”ですが、それを説明できるのは過去の経験です。

もちろん知識を得てそれに魅力を感じるわけですが、知識がある方が皆それにチャレンジしたいとは限りません。つまり自身の価値観を形成した過去の経験も把握しておく必要があるということです。

【対象】人材の魅力

【魅力的なこと】働く人の圧倒的な当事者意識による責任感

【原体験】数十名を取りまとめるプロジェクトのリーダー担当時、課題と向き合いきれておらず求められる成果をあげられなかったという後悔

2. ”何を得て、どうなりたいか”を言語化

ビジネスマン

もう一つのパターンでは、転職することで自分がどうなりたいのかWILLを考えます。

この時に考えることは、WILLを実現するためのMUSTがエントリー企業で得られるということです。つまり「自分が実現したいことは、転職して新たな経験を積むことが必要」ということです。

”実現したいという熱量”と”仕事に打ち込んで成果をあげること”を結びつけなければなりません。そのためWILLについて詳細に語れる必要があります。

2.1 どうなりたいか

将来的に自分が”どうなりたいのか”や”どういうことをしたいのか”を考えます。

もちろん明確であれば尚良いですが、キャリアの目標を短期・中長期問わず掲げている方はこれを言語化しましょう。

目標を持っているとモチベーションが高まり、成果が期待されると言われています。そのため

ここで考える目標は必ずしも一貫性がなくとも問題はありません。業界や業種について一見関わりがなかったとしても、動機としてプラスに感じていれば問題ありません。

【人材業界志望のWILL

将来は学校長として学校をマネジメントし、教員のさらなるキャリア開発と児童・生徒のキャリアの最大化を図っていきたいです。

2.2 MUSTと仕事を絡める

自分に現状足りていないことを認識し、その課題を解決する手段として仕事を考えます。

つまり”仕事を通じてどのような成長を遂げたいか”を言語化するということです。

”足りていないこと”のみを切り取るとマイナスに感じるかもしれませんが、職務経歴書では経験と実績についても書いており、強みについては十分言及されているので安心してください。

 将来は学校長として学校をマネジメントし、教員のさらなるキャリア開発と児童・生徒のキャリアの最大化を図っていきたいです。そのために貴社のユニット経営というマネジメント形態で、一般企業での経営マネジメント経験を積んでいきたいです。

アンテナをアピール

ビジネスマン

志望動機は自分がどのような価値観を持っているかのアピールをしていきます。その価値観や成長意欲が相手に伝わるよう言語化することで、ミスマッチを防ぐことができます。

自身の価値観を知りスキルアップを加速させる新たな一歩を進みましょう。。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*