【図解】転職で何をすべきか悩む方へ!行動が加速する4つのステップ

     
       
転職_マトリックス
         

転職活動をしていて”やること”が意外と多く優先順位が付けられないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。限られた期間で最大限の成果を上げられるように使う”緊急度×重要度マトリックス”を習得し、納得感を持った転職活動をしましょう。

よく聞くマトリックスで”緊急性×重要性”がありますが、それを”ハードル×重要度”に応用しています。

緊急度は仕事が与えられている場合など、すべきことがすでに明確になっている場合に考えられます。ですが行動力を向上するためには、緊急度ではなく”すぐに取り組めるのかどうか”の方が重要です。

”ハードル×重要度”マトリックスとは

チェックリスト

行動力を加速させるためのマトリックスで、①行動のハードル軸と②行動によるリターンの2軸を使ったフレームワークです。

このマトリックスは2軸を使って4つの事象(まとまり)に分けられており、それに行動を当てはめて使用します。

これを使うと今自分がするべき行動を客観的に知ることができ、ムダを省くことにも繋がります。そして最短で目的にあった結果を得ることができます。

4事象の意味

難易度×重要性マトリクス

それぞれの軸の意味を組み合わせると、

  1. すぐに行動できる&インパクトが大きい
  2. 時間がかかる&インパクトが大きい
  3. すぐにできる&インパクトは小さい
  4. 時間がかかる&インパクトも小さい

の4種類に分類することができます。

この4つの事象に自分がする行動を当てはめて考えることで、取り組むことを可視化することができます。次はこの取り組むことの優先順位について確認します。

4つの優先順位

難易度×重要性マトリクス_優先順位

各事象に当てはめる行動には優先順位があり、取り組む順番が必然的に決まります。

行動の優先順位:①>②≧③>>④

最も重要な事象はすぐに取り組むことができ、かつ、行動によるリターンが大きい①です。説明は不要だと思いますが、得られることのインパクト・重要度が高いものは優先順位が必然的に高くなります。

次の優先順位は「”②”あるいは”②と③を同時”」に取り組むことです。もし仮に③を先に取り組んでしまうと、本来欲しい情報が得られる②のリターンが遅くなってしまいます。そのため先に②に取り組むことが必要です。

ですが②と③は同時に取り組むこともできる場合があるので、同時に取り組むことで常に得られることがある状態も作れます。

アクション&リターン軸

④は図からもわかるようにリターンが得られるのに非常に時間がかかります。そのため得られることに重要性が感じられない場合は、行動をしないことが正しいです。行動の選択肢を減らすことで別のことの質を高めることにつながるため、思い切って捨てることも重要です。

行動に移す4つのステップ

1. 知りたい情報をブレストする

strategy

マトリックスに当てはめる前に、行動の選択肢を列挙することから始めます。

この時に意識することは、

  • 行動まで落とし込む
  • 一つでも多くの選択肢を挙げる(できるかどうかは考えない)

の2つです。

具体的な行動に落とし込めていなければ、「行動できるか・できないか」という判断軸で評価できなくなってしまいます。

◇具体例

NG:業界について調べる

OK:業界について本を買う

またブレストでは行動のハードルについては評価する段階ではありません。目的に対してそれが重要かどうかを現段階で評価してしまうと、有効な打ち手が無くなってしまう可能性があります。

また選択肢を少しでも多くあげなければ最終的に行動に移すことが少なくなってしまい、かつすぐにできる簡単なものだけになってしまう可能性もなきにしもあらずです。

2. マトリックスに行動を当てはめる

マトリックス_付箋付き

ブレストした行動が4つの事象のどこに当てはまるのか、プロットしていきます。これによって今すぐにするべきことが可視化できます。

上図の例で今すぐに取り組むことは「①業界で働く人に聞くと②イベントに参加すること、③本で調べる」の3つということです。

3. マトリックスを基にto doリストを作る

可視化したマトリックスを基に、実際に取り組むことを選別します。

実際にすることは「行動しないことを決める」ことです。あまりにもハードルが高いものや時間がかかりすぎるものについては選択肢から除外してリストを作成します。

4. 期限を決めて取り組む

取り組むことが決まったら、それらの期限を大まかに設定します。

リターンが早く得られるという想定についても、具体的にどれくらいの結果・成果が得られるのかを決めることでダラダラと取り組むことを避けます。

この期限については取り組みながらアップデートしていきます。リターンが得られるのに想定より時間がかかりそうな時は次の行動を前倒しで始めたりします。

行動を加速させる

action

行動をしていないと不安になる方も多いと思いますが、その行動が結果的にムダになっていたら本末転倒です。

時間は限られているので、その中で最大限のリターンを得られるようにマトリックスを使い次の一歩を加速させましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*