企業選びに悩む方必見!転職を成功させる企業分析4つのポイント

     
       
転職_企業選び
         

企業選びを行うための企業分析ですが、転職を成功に導くためにはポイントをおさえておきましょう。企業の仕事内容や採用情報はもちろん、企業同士でしっかり比較を行うことが大事です。自分と企業が合うのかを見極めるのが大切です。

転職活動において企業について調べる企業分析は必須となる行為です。しかし時間も有限ではないため、ポイントを抑えて企業分析を行わないと無駄な時間を使ってしまいます。やり方を間違えて転職を失敗させてしまう可能性もあり得るのです。では企業研究において企業分析を行うポイントとして何があるでしょうか?

企業の仕事内容と採用情報を調べる

データ

企業分析において企業の基本的な情報を調べるのは当たり前です。経営年数や経営理念も当たり前ですが、企業分析で特に重要なのが仕事内容と採用情報に関する情報となります。仕事内容を知らず転職先として選ぶのは考えられない行為です。何より企業としても必ず把握しているか聞いてくるため、面接対策の意味でも理解しておかなければいけません。

採用情報に関しては以下の点を確認しましょう。

  • 募集している職種
  • 選考のポイント

全体として企業はどのような人物が求めているかを確認するのが重要となります。

企業同士で比較

企業

一つの企業だけでは良い悪いの判断ができません。他の企業と比較し情報を照らし合わせ他とは違う点を確認しましょう。違う点を確認することで企業としての特徴と転職先として選ぶ理由が理解できます。

違いだけでなく企業としての規模を比較したい場合は以下の点を確認しましょう。

  • 資本金
  • 売上高
  • 利益
  • 社員数

規模としては数字の推移を確認することで成長しているかの判断もできます。しかし成長があまりにも早いと別の問題が出ている可能性も考えられるため、数字だけで信用しないようにしましょう。

比較する情報としては他にグループに所属しているかの有無もポイントです。独立しているか、グループに所属しているかで企業を運営していく姿勢も異なります。グループに所属している場合は同じグループで似通っているため、顔ぶれを確認しておきましょう。

企業と自分が合っているか確認

ディスカッション

調べた情報と企業の特徴から自分と合っているか確認をします。しかし合っているかは自分の情報もなければ確認のしようがありません。
企業分析をする前に自分の情報も整理しまとめておきましょう。主に整理しておきたい情報としては以下が考えられます。

  • 転職理由
  • 希望の職種、仕事
  • 仕事の条件

一般の就職と同じように全ての点が合う企業はまず見つかりません。条件に関しては優先順位も付けておき、ある程度の妥協はしましょう。

照らし合わせる情報も自分が重視する点に合う適切な内容にします。長期的に仕事をしたい場合は離職率を確認するといった具合です。

分析には様々な媒体を利用する

ガジェット

企業の情報は到るところに落ちています。現在はネットを利用して様々なところで情報を集められるため一つだけでなく複数の場所で集めましょう。

企業のサイトはもちろんですが、他にも調べたい場所としては以下があります。

  • SNS
  • 口コミ
  • 体験談

SNSは現在でも便利に機能である一方、問題が起こるのも珍しくない場所です。企業が社会的に問題のある行為を行っていないか確認しておきましょう。

口コミや体験談はサイトによってはふざけて書き込める場合もあります。就職や転職関係の企業が運営しているサイトを信頼しましょう。特に会員登録しなければ書けない場所は信用性が高まります。

ネットという仮想世界だけでなく現実でも情報収集をしましょう。説明会等で実際に企業へ足を運べる機会があります。内部を見学できる場合は社員に話を聞いてみるといいです。実際に仕事をしている生の声を聞けばより企業に対して理解が深まります。

まとめ

企業分析の方法は様々であるため、何から手をつければいいか迷う方もいるでしょう。転職活動における企業分析は自分に合うとされる企業か見極める行為です。何をすれば合う企業を見つけられるか自分で考え行動をしてみましょう。

企業分析は転職活動を行う前でもできる行為です。現在転職は考えていない方でも情報を集めておくのは無駄となりません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*