転職準備で何からするかわからない方必見|成功への3つのステップ

     
       
success_3step
         

転職をしたいけれども、何からすれば良いのかわからないという方もいるのではないでしょうか。多くの方が「とりあえず、転職エージェントに登録しよう」と行動しますが、もっと効率の良い転職活動の方法があるかもしれません。そのためのフレームワークを一緒に確認していきましょう。

何からすれば良いかわからない

typing_lady

転職が当たり前になってきて自分自身も「いざ転職しよう」と意気込んでも、何からすれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。多くの方が最初に起こす行動として「転職エージェントへの登録」があると思います。もちろん無料で登録することができ、キャリア相談をすることができるのでいつでも誰でも最初にすることができます。ですが、人によっては結果的にその相談や登録の時間ももったいない場合もあります。そもそも転職をするに至らない場合や別の方法で解決するということです。

今回は時間を無駄にしないためにも自分でできる、転職を考えている方に向けて3つのステップに分けて最初にやるべきことをご紹介いたします。

転職の”理由”を考える

load_business

まず初めにすることは、転職をしようと考え始めたのかを考えることです。些細なことでも考え始めるようになったきっかけと向き合います。これについて、具体的でなくても良いのでリストアップをしていきます。たとえば、

  • 残業が多い
  • 上司と反りが合わない
  • 仕事の幅が広がらない
  • 通勤が遠い

転職を考えた理由が漠然としている状態だと、転職をしても現状を高いすることがなく負荷のかかる転職を繰り返すことになってしまいます。行動をしないと遅れてしまっている気がして、とりあえず行動をしたくなるかもしれないです。ですが、目的が伴っていない行動は時間もお金も無駄にしてしまうことが多いので、まずは”わからない”を解消するために自分とじっくり向き合いましょう。

転職”後”を考える

discuss_business

次に考えるのが、転職の理由と向き合い、転職をすることでどうなりたいのかを考えることです。転職を考え始めたきっかけと向き合い、本当に改善したいのかどうかということを考えます。この時に考えるべきことが【必要条件】と【十分条件】を考えるということです。必要条件については、「最低ラインとして、少なくとも必要な条件」を考えるということです。十分条件については、「自分自身が満足することができる十分な条件」についてです。

これを考えることで、現状当たり前のように満たしている条件を見落とさずに判断することができます。また、十分条件についても設定しておくことで、当初の自分の希望から解離している希望や転職理由を考えずに向き合うことができます。

TO DOリストを作る

writing_business

転職のきっかけと転職後を考えた後に、解決したいことをどう解決していくのかを設定することが最重要です。どうなりたいのかを考えて満足を指定しまう方が非常に多いですが、そのために何をするのかまで考えなければ根本的な解決になりません。そのため、「あとはやるだけ」というところまでTO DOリストを作成することは非常に重要になります。抽象度が高い状態だと”いざ行動する”となった時にハードルが高く取り組むことができないなど、気持ちだけが先走り目的から逸れた行動をしてしまいかねません。これができていないと、また”わからない”が再度訪れてしまい行動することができないループに陥ってしまいます。

そのためのTO DOリスト作成の細かい手順は【転職で何からするか優先順位を迷う方|行動選択の3つのステップ】をチェックしましょう。

まとめ

自分だけだと何からすれば良いか”わからない”という方も非常に多いですが、自分だけでも行動の方針を立てることができます。これを確認することで、人材エージェントやキャリアコンサルタントなどの第三者へ相談する時にもより効率的に活用することができます。地味な作業ですが、方針をきちんと確認して新たな一歩を踏み出していきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*