転職で学歴コンプレックスのある方|学歴を乗り越える3つのポイント

     
       
転職_学歴
         

転職をしたいけれども、学歴に不安を感じていて前に進めない方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に履歴書やエントリーシートを出しても、学歴が原因で選考がなかなか通過しないと感じている方もいるのではないでしょうか。学歴を乗り越えて転職活動を進めるためのポイントをシェアいたします。

学歴とは

人事担当者

転職活動において、日本では学歴社会という言葉があるようにいまだに一定数の企業では学歴をフィルターとして設けている企業があります。大学卒業をしていなければ書類選考を通過することができないや、一定偏差値以上の学歴でなければ書類選考を通過することができないなどです。

もちろんこれらは撤廃されるべき悪しき風習ですが、これがある以上これの対策をする必要があります。

原因は学歴?

学歴

転職がうまくいかない原因が学歴と考えている方は、なぜそのように思うのでしょうか。履歴書・職務経歴書やエントリーシートには、自己PRや資格をはじめ様々な記入箇所がございます。

実際に私の身近でも、必ずしも学歴は関係ないという例がございました。Aさんの最終学歴は、筑波大学大学院卒業予定でS社にエントリーしていましたが書類選考で落ちてしまいました。一方、Bさんは日本体育大学卒業予定で同じS社にエントリーしましまたが、書類選考に通過し選考を進めることができました。日本の大学で偏差値トップレベルとして認知度のある筑波大学の大学院卒業の学生よりも体育大学が選考で優位に立ったという例です。

Bさんのエントリーシートを確認した所、自分自身がアピールしたいことが明確に書かれており文章の構成も読み手に伝わりやすいものとなっておりました。

学歴フィルターを乗り切る

会議

それでもなお、転職において学歴のフィルターを設けている企業が一定数あるのが事実です。その時にどうするかというと、

  • 人事に直接アプローチする
  • 経営層に直接アプローチする

というのが唯一の方法です。現在では、書類選考は人工知能によって採点されている企業もあり、選考結果を覆すことはほぼ不可能に近いです。ですが、これを採用権のある方に直接書類を送ることができれば目に止めてもらえることがあります。

実際に人事担当者がこのようなアプローチで採用に至った方がいると述べていることもあります。一次選考で落ちてしまった方から、合同説明会で直接プレゼンを受け選考を承ったということです。書類や一次選考など自分自身がアピールし切れていない段階で選考漏れとなってしまった場合に、それを覆すことができるということです。

また、人事担当者にアピールしてもそれが覆らない場合には経営層に直接アプローチすることも考えられます。選考結果に不満を持って企業に直談判をする場合、人事担当者にお願いする人は多いです。そのため、例外を作ることができず、選考結果への問い合わせを受けていない企業がほとんどなのではないでしょうか。そんな中で、企業と接触するためには経営者であればメールアドレスがインターネット上に記載されていることも多く話を聞いてもらえる可能性が少しですがあります。もちろん接触できたとして、プレゼンがうまくいかなければ元も子もないですがファーストコンタクトだけでも作るということが重要です。

経験を積んでから再チャレンジ

転職しようと思っても、スキル面から企業の採用基準に乗らない時があります。この時は、それを真摯に受け止めて、別の企業で経験を積み再チャレンジするということも十分可能です。そのためには、選考基準と選考を通過しなかった理由を把握することで、経験するべきことを把握し選考を受ける企業を考えることができます。

私自身も、新卒採用において選考で落ちた企業からオファーを受けたことがあります。この会社の選考では、一次選考であるグループディスカッションで選考に落ちてしまったため採用基準に全くと言っていいほど乗っていなかったということになります。ですが、入社して2年経った時に企業側から転職サイトを通じてオファーをいただき面接でも一定の評価を得ることができました。

まとめ

日本ではまだまだ学歴という偏見が残っているのが事実です。ですが、必ずそれに従わなければならないのかと言われるとそうとも限りません。もちろん、シェアした方法は簡単ではないですが、強い思いを持って挑戦し新たな一歩を歩んでいきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*