転職で正社員と契約社員の違いとは|契約社員へ転職3つのポイント

     
       
転職_契約社員
         

転職と言っても雇用形態を見ると様々な種類があります。新卒で入社する方の多くは正社員で入社します。ですが、転職活動をすると意外と多いのが契約社員です。この契約社員はどのような特徴があるのか正しく理解するためのポイントをご紹介いたします。

転職をしようとすると、雇用形態についてイメージが湧かないことも多いのではないでしょうか。この中でもイメージが湧きづらい契約社員の特徴を正社員との比較でご紹介いたします。

有期社員

キャリア

契約社員では、正社員と異なり有期の社員になります。そのため、契約の更新をして長期就業をする条件になります。これに対して有期契約ではないのが、正社員はもちろんですがパートとアルバイトは無期契約の雇用形態です。

有期の社員では、双方に契約に更新が必要というメリットとデメリットがあります。就業している方にとっては、更新のタイミングでキャリアについて考えることができ、キャリアチェンジを考えるのに良いタイミングとも言えます。もちろん企業にとっては、契約を更新しないということは社員を失ってしまうことになるためデメリットになります。また、景気に左右される業界の場合では逆のことももちろんあります。

正社員登用

契約社員では5年就業すると正社員への切り替えが可能になります。また、同じ有期雇用である派遣では3年が満期とされています。そのため、3年を超える就業を希望する場合には就業先と正社員やパート・アルバイトにて直接雇用をされなければなりません。

正社員登用に関しても制度を設けている企業とそうでない企業があります。将来的に正社員として働くことを考えている方であれば、募集要項に登用制度があるかどうかを確認する必要があります。

3年・5年ルールとは

派遣社員の3年満期は3年ルール、契約社員の場合では5年ルールと言われています。これは、労働者を守るために制定された法律です。契約社員や派遣社員は正社員に比べると待遇が良くないという認識が一般的にあります。この雇用形態で長期間就業することが労働者にとっては不であると考えられ、待遇のよくない仕事での長期就業を避けるために制定されています。派遣でもそうですが、5年(3年)就業後に就業先での正社員への登用や派遣社員から直接雇用への切り替えを推進しています。

裁量が正社員と異なる

BusinessPerson

近年では、同一労働同一賃金によって社内の人事制度が改定されている企業も多いです。ですが、その中でも少なからず待遇たいい意味でも悪い意味でも異なる点があります。メリットとしては、

  • 転勤がない
  • 残業が少ない
  • 二重契約が可能

などが挙げられます。正社員とは異なり、部署で採用をされたりすることもあるため転勤がないということは大きなメリットの一つです。また、業務のボリュームが正社員に比べると少なくなることがあるため、残業の対応についても社内の正社員より抑えることもしやすいです。

一方で、デメリットとして挙げられるものは

  • 賞与を含む基準給与が異なる
  • 昇進、昇給
  • 有期契約のため、更新があるかどうか不安

などが挙げられます。給与に関して、正社員より低い低い水準を設けられている会社も中にはあります。また、昇給・昇進に関しても正社員の方が優遇されているケースも少なくありません。ですが、これはあらかじめ定められている人事制度のため昇給制度について事前に確認することでミスマッチを防ぐことができます。

やりたい仕事をコアにできる

キャリアウーマン

契約社員では、前述のメリットでも挙げたように転勤がほとんどありません。また、社内の異動もほとんどありません。そのため、自分がやりたい仕事を続けることができます。中には、経験を積むとマネジメントに関わらなければならないこともありますが、現場の人間としてやっている業務のスキルを常に高めることができます。

まとめ

正社員と比べるとデメリットに感じる部分も少なからずありますが、それだけではなくプラスに感じられることも多数あります。何も考えずに契約社員へ転職をすることはキケンにも感じられますが、契約社員のメリットを踏まえた上で転職を考えることは大いにプラスになります。契約社員の特徴を捉え、新たな一歩の選択肢にしてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*