【人材社員が解説】転職で失敗したくない!口コミサイトの活用法3選

     
       
         

転職活動で企業の情報収集ツールとして、働いている方の声が聞ける”口コミサイト”を利用する方も多いのではないでしょうか。

今回は現役人材社員が、口コミサイトの”正しい”利用法と、サイトを活用した満足度の高い転職活動のポイントをシェアいたします。

【人材社員が解説】転職で失敗したくない!口コミサイトの活用法3選

口コミサイトは転職活動に当たり前のツールとなりつつあります。

私が仕事紹介をしていても、口コミサイトを活用している求職者は多い印象です。しかしサイトを上手く活用できず、選択肢の幅を狭めてしまっている方も一定数いらっしゃいます。

このコラムでは転職で失敗しないように、下記のポイントに絞ってサイトの特徴をチェックしていきます。

  • 口コミサイトの注意点
  • 3つの正しい活用方法
  • おすすめのサービス

この3つについて、今日から誰でも転職活動に活かせるポイントをご紹介いたします。

1. 口コミサイトの注意点

サイトは非常に便利ですが、利用する上で注意点が3つあります。これを意識することで、ミスマッチを防ぐことができます。

1.1 口コミサイトとは

実際に利用した方の意見が投稿されているサイトが口コミサイトです。

企業に関する口コミサイトでは、働いている・働いたことがある方が企業についてレビュー投稿がされています。レビューは項目別に点数とコメントが投稿されているため、別の企業との比較材料にすることもできます。

1.2 あくまでも主観

一個人の意見が投稿されているため、主観的な内容になっていることを意識しなければなりません。

一つの事実に対してプラスとして捉えることもできれば、マイナスとして捉えることもできます。また、日本人は減点方式で物事を評価するため、プラスのことが投稿されることが少ないことも懸念の一つです。

1.3 部署=会社ではない

企業の規模が大きくなればなるほど、部署によって風土が異なることもあります。

企業によっては雇用形態が異なると業務の内容が異なることもあります。投稿されている内容が、自分が入社後に関わる部署なのかどうかを転職活動中に確認することも必要です。また、雇用形態も確認することで、希望条件と実際の条件・環境のミスマッチを防ぐことに繋がります。

2. 3つの”正しい”活用法

口コミサイトの特徴を踏まえた上で、気をつけるべき3つのポイントをご紹介いたします。

2.1 事実と意見を見極める

様々なコメントが投稿されていますが、事実か意見か見極めることで正しく企業を評価できます。

意見が投稿されている例は、”自分の実績や業績が正しく評価されなかった”などです。この例では、”どのような実績”なのか”正しい評価とはどのような評価か”が書かれていません。

事実が投稿されている例は、”半年に1回人事評価があり、営業成績が年間で未達だったため評価が低かったときもある”などです。ここでは、”未達”という事実がどのように評価されたかが書かれているため、入社後に成績がどのように評価されるか”事実”を知ることができます。

2.2 知りたい情報を事前に準備

求めていない情報に一喜一憂しないように、目的(知りたい情報)を持って口コミ検索をしましょう。

転職活動で重視するポイントがいくつかあると思いますが、そのポイントを評価するためにサイトで確認しましょう。きちんと設定できないと、当初重視していない条件が気になってしまい、正しく企業を評価できず入社後のミスマッチに繋がってしまいかねません。

2.3 求める度合いを設定

自分にとって最低限必要と考えている条件を設定し、口コミ情報を調べます。条件を設定せずに口コミや評価を見てしまうと、自分が希望している条件を満たしているにも関わらず、マイナス評価を真に受け過小評価してしまう可能性があります。

応用編では、最低限を越えた満足する条件(いわゆる十分条件)も設定することで、転職活動で選考を進める際に企業を評価することが容易になります。

たとえば定量的な例で、年収であれば”最低300万円”など具体的な設定をしましょう。自分にとって必要な条件を明確に設定することで、条件面のミスマッチを防げます。

また定性的な例の場合は、コミュニケーションが取りやすい職場環境かどうかという設定です。口コミサイトで”分からないことが聞きやすい”などのコメント有無を調べることで解決することができます。

3. 失敗したくない転職にオススメ!キャリドア

キャリドアは人材業界大手のパソナが運営するクチコミ活用型キャリア情報サイトです。

様々な切り口でのクチコミ評価項目があり、企業文化はもちろん経営陣の手腕や社会貢献度合いなど、他では得られない生の情報を収集できます。

また、”適職診断サービス”をキャリドアでは受けることができます。これは厚生労働省に採用された唯一の民間適性検査「ASK」から生まれたツールで、400万人のデータをAIと脳科学で分析し、目に見えないパーソナリティや潜在的な能力を視覚化して、どんな職場環境や働き方、職業に向いているのかアドバイスが表示されます。

そして、転職活動で調べにくい、財務データやIRニュース、プレスリリース等の企業情報や業界データ情報も収集することができます。有価証券報告書のデータやパソナ社が保有する情報を元に、経年推移や市場規模、転職動向など、客観的なデータを俯瞰して理解できます。

自分の市場価値を複数視点で把握したい方や、今の会社や業界の将来になんとなく不安を持っている方は要チェックです。

▽無料サイト登録はこちらから▽

キャリドア

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*