企業選びに悩む方必見|転職を成功させる企業分析3つのポイント

     
       
転職_企業分析
         

転職を行う上で情報を収集し企業分析をするのは欠かせません。転職を成功させるため、企業分析で行うべきポイントとしては何があるでしょうか。

企業分析が十分にできず転職をしてしまうと自分が思った時と違う結果になってしまい、後悔する可能性が高いです。しかし転職活動をいざ始めた時、企業分析のやり方が分からず企業選びに悩む方も少なくないでしょう。

求人情報だけでは不十分、他の方面からも情報収集する

転職を行うと考えれば求人情報を探すのが基本でしょう。しかし求人にも様々な情報は掲載されていますが企業分析において、求人だけでは不十分です。転職先として選ぶ場合、求人だけでなく別方面で企業に関係する情報を集めなければいけません。多方面で企業分析を行えば面接の時に相手の求める答えが理解しやすくなります。

求人以外で情報収集する媒体としては主に以下が考えられるでしょう。

  • 企業のサイト
  • 新聞、雑誌
  • 口コミサイト
  • ブログ、SNS

求人情報だけと同じように一つではなく複数の利用を心がけてください。他にも転職先として考えている企業の情報が掲載されている媒体がある場合は活用させてもらいましょう。

しかし情報収集を行ったところで全ての情報を自分の頭へ入れ理解するのは難しい話です。目を通し重要、必要とされる情報と判断した物を把握しておきましょう。

企業分析だけでなく関係する業界の分析も重要です。業界の流れにより企業も経営に対する姿勢が変わるため、ニュース等の確認もしておきましょう。業界について情報を理解しているかにより面接で相手が受ける印象も変わってきます。

自分が転職を行いたい理由により見るべきポイントは変わる

転職をするにおいて個人により目的は様々でしょう。企業研究を行う場合、自身の転職目的により見るべき重要なポイントは変わってきます。見方を変えれば企業研究を行う場合はまず自分の目的を定めた方がいいでしょう。

転職先の業界で長期的に仕事を続けたい場合、企業の将来性がポイントとなります。企業の将来性を判断する上で見るべきポイントとしては主に以下があるでしょう。

  • 経営状況
  • 経営年数
  • 成長性

経営状況においては近年の資本金や利益の状態を確認すると分かりやすいです。社長等の重要な立場にいる人間の言葉も今後企業が成長する余地があるかを判断する材料となります。集めた上で企業選びに悩む場合は比較も行えば、より将来性のある企業はどこか判断しやすくなるでしょう。

転職を行った上で何がしたいか明確に定めている場合、関連する情報を重視するといいです。特定の仕事に携わりたいと思った場合は関係する情報を集めることにより、希望通りの仕事ができるか判断できます。

単純に今よりも収入を増やしたい場合は給与の情報だけでは不十分です。企業の将来性も含め、今後収入が増加する見込みがあるか判断しましょう。

企業や転職エージェントに相談する行為も重要

キャリア相談

企業分析も自分1人だけでは得られる情報に限界があります。より深く情報を得て分析したい場合は他を頼る必要もあるのです。

他を頼る方法としては主に以下があるでしょう。

  • 企業へ訪問
  • 転職エージェントを利用

実際に企業へ訪問すれば自分の目で企業の環境を確認できます。企業によってはイベント等で接触する機会が設けられているため、利用できる場合は積極的に行いましょう。単に見学するだけでなく実際仕事を行っている社員から話を聞くのも非常に貴重な情報となります。

転職エージェントは企業との交渉も行ってくれるため、自分より詳しい情報を握っているケースも多いです。相談を行い情報を提示することで実際に向いているかの企業分析もできるでしょう。悩むポイントがある場合は相談で解決してくれる可能性もあります。

しかし転職エージェントを利用する場合は聞くだけでは不十分です。自分からも意見を出すことでより深く企業研究を行い、悩むことなく円滑に転職を進められます。

まとめ

企業分析は転職において必須ですが進め方は人により様々です。ポイントはあれど絶対に正解とされる方法は存在しません。企業分析を進める上で何かしら良い情報が得られる場面が出てきた場合は大いに活用させてもらいましょう。チャンスを掴むために転職を考えている場合、普段から情報集めの癖をつけておくといいです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*