2年目で転職ってどう?|現状に満足できない20代へ3つのポイント

     
       
転職_20代_2回目
         

1年仕事をしてきた結果、様々な理由で2年目に転職を考える方も珍しくないでしょう。
20代で2年目の転職を考える場合、考えるべきポイントとしては何があるでしょう。

一昔前に比べ転職は当たり前となったため、20代による2年目の転職も不可能な話ではありません。しかし、転職を行えば確実にプラスへ流れるとは限らないため、本当に転職をすべきか悩む方もいるでしょう。

転職したい理由を明確にする

List

転職を行いたい場合、最初に自分が何故転職したいか理由を明確にしましょう。特に理由を考えず転職を行ったところで良い流れになるとは限らないからです。

2年目となれば1年同じ職場で仕事をこなしてきたため、ある程度今の状況が理解できているでしょう。転職を考えるとなれば今の職場で何かしら問題を感じている方も少なくありません。たとえば、考えられる問題としては以下のようなものがあげられるのではないでしょうか。

  • 社内の環境が自分に合わない、悪い
  • ハラスメントがある
  • 将来性がないと感じた
  • 待遇が良くない

他にも様々ですが今の職場で働き続け心身ともに支障が出ると判断できた場合、転職を考えるのは間違っていません。しかし給料等の直接心身に関わらない面が理由となっている場合、留まった方がいいです。20代による2年目の転職を行い、給料の上がるケースはほとんどありません。逆に転職を行ったことで下がってしまう可能性も考えられるのです。

消極的な理由ではなく新しいことにチャレンジしたい等の積極的な理由で考える方もいるでしょう。本当にやりたいことのある意欲を持っている場合、転職を考えるのは間違っていないと判断できます。逆に何となく思っている場合は中途半端な心持ちによる転職となってしまうため、よく考え判断した方がいいです。

自己分析も忘れずに行う

writing_business

当たり前ですが転職を成功させるには企業へ応募し面接を経て採用されなければいけません。今の職場へ就職した時と同じように面接を如何に通るかがポイントとなります。自分の能力が分からずに面接を突破できないため自己分析が必要となるのです。

自己分析で確認したいポイントとしては主に以下が考えられます。

  • 何故転職したいか
  • 今の職場に問題や不満があるか
  • 自分に何ができるか
  • 何が必要となるか

異業種へ転職したい場合、今の職場とは違うスキルと心持ちが必要です。20代で2年目の転職となればスキルは重視されないため心持ちの方を考えましょう。異業種へ転職する気があるかの判断もでき、本当に転職したいかの判断もできます。

自己分析とありますが自分だけでは分からない部分もあるでしょう。知人や家族、転職サポートの方に相談する等の行為も時には必要です。しかし今の職場で聞く場合は自分が転職を考えていると知られてしまうため、やめた方がいいでしょう。

20代の2年目となればまだ時間は多くあります。自己分析は自分自身を明確にする行為なため、納得の行くまでやりましょう。

先人達の声を参考にする

discuss_business

転職が珍しくない時代なため、世の中には多くの人間が転職を行っています。中には自分と同じように20代の2年目で転職を行った方もいるでしょう。時代の流れによる違いはあれど、既に転職を経験した方の声は貴重です。転職活動を行う際の参考となります。

先人の声で参考にしたいポイントとしては以下が考えられるでしょう。

  • 何故転職したか
  • 転職が成功した理由
  • 前の職場で役に立ったこと

失敗してしまった方の声も気をつけるべき点として参考になります。特に自分が転職先として考えている業種と同じ方を重視して参考にしましょう。

先人達の声は主に転職関係のサイトや企業の口コミサイトで見れます。企業関係の場合は現在入社して仕事をしている方の声も聞けるため、転職先として選んで問題ないかも判断できるでしょう。

形式が決まっている内容ではないため、役に立つかは見る本人次第でもあります。自己分析と同じように自分が納得の行くまで参考にした方がいいです。

まとめ

転職は誰に言われるのではなく自分自身が決めて行うものです。成功と失敗のケースは様々ですが、自分自身が成功と感じていれば成功したと考えていい話となります。何が正解かも曖昧な部分もあるため、自分自身が納得行くまで行動するのが大事です。他人の意見を参考にするのはよいですが、何事も自分で判断する癖を身につけましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*