転職を考えるほど仕事がつまらない|やりがいを考える5つのポイント

     
       
転職_やりがい
         

第二新卒であるかどうかに関わらず、「仕事がつまらない」と感じることは誰にでもあるでしょう。とはいえこうした感情を、そのまま放置するのはおすすめできません。仕事がつまらないと感じたときに新たな一歩を踏み出す5つのポイントをご紹介いたします。

仕事がつまらない理由を考察してみよう

ディスカッション

 

「仕事がつまらない」と感じてしまうのは、決して珍しいことではありません。まずはなぜ今仕事を面白いと思えないのか、その理由を考察する必要があります。仕事がつまらないと感じがちなタイミングとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • やりたいこと(WILL)はあっても、できること(CAN)が追い付かない
  • やらなければならないこと(MUST)ばかりに追われていて、やりたいこと(WILL)を見失っている

新人の頃に仕事がつまらないと感じがちなのは、主に一つ目のパターンです。大きなWILLを持って会社に入った人ほど、現実とのギャップに悩まされがちです。言われたとおりの仕事をこなすだけの毎日に、面白みを感じるのは難しいかもしれません。

一方で、ある程度仕事にも慣れてきた時期に陥りやすいのが、二つ目のパターンです。この頃になるとMUSTCANにはしっかりと対応できるだけの能力が備わっているのですが、やりがいを感じるためにもっとも重要なWILLを見失ってしまっているケースも少なくありません。

やりがいは自分で作る

ビジネスマン

 

仕事がつまらないと感じるときには、外にやりがいを求めがちです。

  • 別の会社に転職すれば、やりがいのある仕事ができるはず
  • 自分よりも○○さんが担当している仕事の方が、やりがいがありそう

このような考え方に陥っていると、仕事のやりがいを求めて転職や部署異動ばかりに目を向けがちです。まさに、隣の芝生が青く見える状態です。

転職すればきっとやりがいがある仕事があるのではないか、部署を変わればやりがいが生まれるのではないか、はたまた、今の部署でもいつかやりがいのある仕事が回ってくるかもと思っているだけでは、おそらく状況は好転しないでしょう。せっかくチャンスが巡ってきても、あっという間に今と同じような状態に戻ってしまうかもしれません。

ここで大切なのは、仕事のやりがいは外から自然と与えられるものではなく、自分自身で創り出すものということ。自分から見つけにいくことが重要です。

「目標」から創る

ジャンプ

新人時代にありがちなWILLばかりが大きく、CANMUSTが小さくて対応できていない場合には、自分の目標を再認識することで仕事のやりがいにつなげられます。

現在の仕事を必死でこなしているのは、ただ単純に周囲に流されているからではありません。いつか自分のWILLを実現するためには、自分にできる仕事の幅を増やすことが必要です。

そのためのステップを今必死で頑張っていると捉えることができれば、今の仕事にも意味を見いだすことができるでしょう。常にWILLを意識しながらCANMUSTを広げていくことで、自分が思い描く未来に向かって、着実に成長していくことができます。

一方で、日常的なCANMUSTに対応し続けてきたため、WILLを見失ってしまっている場合にも、目標を意識して再設定する方法が効果的です。この場合、目標を再設定すると同時に、今やっている仕事に不要なものが含まれていないか効率が悪くなっているところはないか見直してみることも大切です。

目標設定する方法

writing_business

仕事のやりがいを見つけるために欠かせないのが目標です。しかし、そもそも目標が見つからないという方も決して少なくありません。こんなときには、以下の方法で自分自身のWILLを見つけ出してみてください。

  • 理想の将来像を思い浮かべてみる
  • 仕事をする上で、重視していることを書き出してみる
  • 自分にとって、少しでも興味を抱ける挑戦分野を考える
  • 情熱を持って仕事をしている人に、質問してみる
  • 今後のキャリアアッププランを具体的に描いてみる

さまざまな方法で自己分析し、自分の心と現在の状況を把握することで、今できることが具体的に見えてくるはずです。それと共に、今の自分にはまだ足りていないことも、はっきりと理解できるでしょう。「もっとなんとかしたい!」と思ったら、それこそが新しい目標となります。

この方法なら、目標達成のためにできることも同時にわかるので、あとは実践するだけでOK。自身のキャリアアップのために必要な仕事だと思うことができれば、自然とやりがいを感じられるはずです。

周囲への働きかけも重要なポイント

コーポレート

仕事がつまらないと感じているときには、自分だけの力で問題を解決できるとは限りません。職場環境が悪く、やりがいを感じられていないのであれば、問題点を明確にした上で上司と話し、解決策を探っていく必要があるでしょう。

また目標(WILL)もはっきりとしていて、そのためにできること(CAN)も順調に増えてきているにも関わらず、チャンスが巡ってこないと感じてしまうこともあるかもしれません。こんなときには、自分自身の思いやできることを積極的に周囲にアピールする必要があります。周囲と積極的に関わることで、今の自分に足りていない要素を知ることもできます。

まとめ

「仕事がつまらない」「やりがいを感じられない」という場合に、頭をよぎるのが転職。確かに職場を変えれば、解決できる問題もあるのかもしれません。しかし、今の状況を言い訳に自分自身の仕事に対する姿勢や考え方を変えられなければ、どの職場へ行ったとしても、いずれまた同じことになってしまう可能性があります。

仕事のやりがいとは自分自身で生み出すものという意識を持って、目の前の仕事に取り組むことが、自分自身の成長につながることでしょう。

納得感あるキャリアを”自分で”歩めるようになる

人材会社には相談できない、キャリアの悩みをキャリアコンサルタントが一緒に考えます。

◆ 今の仕事に漠然とモヤモヤしている
◆ 異動や産休・育休、転居、介護などライフイベントに伴う仕事の悩み
◆ 自分が何をしたいのか分からない

相談を通じて自分で悩みを解決できるようになる自立支援を行なっています。

変化の激しい今の時代を生きる力を身につけましょう。


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*