20代で2回目の転職はどう?|転職に悩む20代必見4つのポイント

     
       
キャリアウーマン
         

「第二新卒として一度転職したけれども、2回目の転職を考えている」けれども、社会からはどのような評価を受けるのだろうか。転職はしたいけれどもうまくいくのか不安という方々に向けて、20代での複数回の転職の実際をご紹介いたします。

20代の複数回の転職は不利?

クエスチョン

近年転職をする人は増えていますが、転職をする人の多くは20代から30代に行います。このうち、20代で職を変える人の中でも2回目の人も少なくありません。売り手市場としては、会社側からどのように評価されるか気になるところです。

この点に関しては、評価は大きく二つに分かれるところです。一つは、古くからの体質の会社の場合には職を変えること自体を否定的に考えていることが多く、20代で2回も職を変えるのは飽きっぽい性格の人と思われてしまう可能性があるでしょう。つまり、20代なのに2回も職を変えている人は入社してもまた辞めてしまうのではないかと考えるわけです。そうすると、採用に対して否定的に考えるようになるでしょう。

これに対して考え方が先進的な会社の場合は、20代が2回転職していてもそれほど気にはしていません。むしろ高い評価を得る可能性もあります。たとえばアメリカなどでは、職を変えるのが当たり前とされており、キャリアアップのためにわざわざ職を変更する人もいるぐらいです。そのような事実を知っている会社経営者ならば、決して仕事を頻繁に変えようとする人がいたとしても否定的には考えないでしょう。もちろん最終的には、どのような理由によって前の会社を辞めたかは大事になります。

転職を考えるきっかけは?

きっかけ

転職をする場合、どのような理由があるのでしょうか。これは人によって様々な理由がありますが、20代で転職した人の理由に挙げられるもののひとつは、キャリアアップになります。新卒として入社した会社でも、最初のうちはその会社で満足していたものの、長年勤務していくうちに不満を感じることもあるでしょう。特に向上心の高い人は、その会社では満足できなくなってくる可能性があります。自分はもう少し高いレベルの能力をつけたいのに、現在の会社だとなかなか能力を高めることができない場合です。このような場合には、キャリアアップのためその会社を辞めてより自分の能力を高めてくれる職場、あるいは能力を高められる職場を選ぶようになるはずです。

次に考えられる理由は年収になります。ある程度一つの会社に勤務すると、自分がどの程度年収が高くなるか分かるようになります。30代になってしまうと完全に将来の自分を見通すことができてしまい仕事に興味をなくす人もいるでしょう。そうなる前に20代の段階で抜け出しておこうと考えるわけです。

人間関係で悩む人も少なくありません。人間関係とは同僚との関係や、上司との関係になります。新しい環境ならば、いままでの人間関係の問題を清算することができると考え転職を希望するわけです。

成功する人も失敗する人もいる

成功失敗

転職をするといっても、必ずしも希望通りの結果が出る訳ではありません。つまり、新しく職を変えて成功したと感じる人もいれば失敗と感じる人もいます。たとえば成功したと感じる例の一つは、スキルを向上させた場合です。今までの会社ならば、自分のスキルをこれ以上向上させることができないと感じて新しい会社に入るわけです。そこで今までに経験したことのない技術を身につけたとすれば、結果的に職場を変えてよかったということになるわけです。

逆に失敗した例の一つとしては、同じような業種や業界に転職してしまい、結局やっていることは今までと変わらないような場合になります。給料が上がればせめてもの救いですが、給料も上がらないどころか下がってしまうことも考えられるでしょう。

人間関係を解消しようと考えて新しい職場に入り新たな人間関係を築くことも可能になります。その結果切磋琢磨できる仲間や自分のことをよく扱ってくれる上司に巡り合えば、転職に成功したといえるでしょう。しかし、前の会社における人間関係の原因が自分にあるとすれば、新しい職場に入っても同じように扱われる可能性は高いです。このように考えると、職場を変えることが必ずしも良いこととは限りません。

誰に相談すれば良い?

取捨選択

これから真剣に転職を考えて成功させたい場合には、エージェントと呼ばれる業者に依頼することが必要になります。一般的に転職エージェントなどと呼ばれており、より有利に職場を変えたい場合にはぜひ利用しておきたいところです。

エージェントを利用する場合には、キャリアアドバイザーがいます。このアドバイザーは、その人の能力を見抜き、より良い職場を勧める立場の人です。見方を変えるならば、職場を変えたい人の自己実現を手伝う立場といえるでしょう。

キャリアアドバイザーに相談すると、その人の特性がどのようなものであるかを明確にしていきその人の能力を最大限に発揮できる職場を紹介していきます。この時本人も、自分にはどのような能力があるか分からなかったけども、相談してみて初めて自分の能力がわかったと言う例も少なくありません。そのような意味においては、自分を客観的に見てくれてより妥当な判断をしてくれる人といえます。

エージェント会社のアドバイザーを利用する場合には、無料で利用できる場合もありますがお金がかかるところも少なくありません。ただお金がかかったとしても、将来的に自分の本当にやりたい仕事で気に入った職場を見つけることができるとすれば、これを利用しない手はないでしょう。

また、キャリアカウンセラーに相談するということも非常に有効な手段の一つです。アドバイザーとの違いですが、一番の違いは営業活動として仕事をしているかどうかということです。アドバイザーの場合は、就業決定時にお金が発生するビジネスモデルのため必ずしも自分が希望している仕事を紹介してもらえるとは限りません。

一方でキャリアカウンセラーは個人のキャリアに寄り添ってカウンセリングを行っています。そして、キャリアカウンセラーは国家資格を有している方のみが名乗ることができる称号です。そのため、理論や実務経験が豊富なためより専門的な視点を持った相談を受けられます。

まとめ

キャリアウーマン

20代という短い期間で複数の転職をするとなると、社会からよく見られないのではと不安になる方も多いです。ですが、どのような理由で転職を考えているのかということを明確にすることでこれが大きく改善されることがわかりましたでしょうか。また、相談する相手も人材会社以外にキャリアカウンセラーという専門家への相談が有効ということを知らなかった方が多いのではないでしょうか。改めて自分自身と向き合いキャリアチェンジを考えてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*