スキルアップに悩む方必見!インプットだけではNG?【第二新卒向け】

     
       
アウトプット
         

SPIや期末試験などでインプットをしようとしてもなかなか記憶が定着しないと感じることありませんか。私は学生時代に多々このようなことがありました。それは、アウトプットを前提にインプットしていないことが原因かもしれません。アウトプットの重要性を確認し、どのようなアウトプットを前提にインプットするのかそれを見つけてきゃりああっぷしましょう。

本当にアウトプットって重要?

アウトプット

結論から言うとアウトプットを意識してインプットすることや、インプットすることがとても重要です。今回は、インプットの仕方が変わるという点と記憶力の観点でメリットをご紹介します。

取捨選択が上手くなる!

アウトプット

知識を習得する時にも目的が明確になっていることで能動的な情報の選択や受動的なインプットも変わってきます。有名な科学的な効果や法則で「カラーバス効果」や「引き寄せの法則」、「カクテルパーティー効果」などと言われる「選択的注意」と言う心理的な反応があります。

カラーバス効果

これは自分が意識していること(情報)が自分の元に入ってくる効果で、いわゆる「引き寄せの法則」と言われるものです。カラーとは(color:色)・バス(bath:浴びる)と言う意味を持っています。たとえば、占いでラッキーカラーが青色だったときにいつもより青色のものが多く目に入ったことはありませんか。つまり欲しいもの(情報)以外はさっと済ませることができるので、結果的にインプットの時間的効率化を図ることができます。なので、読書をしている人は一冊全て読まずに情報の取捨選択ができるようになります。

カクテルパーティー効果

大人数の飲み会でガヤガヤしている中でも、自分の名前が呼ばれたら反応するというものです。つまり、自分が知っていることや自分のことについての音声情報を自然に取捨選択している反応と言えます。そのため、意識することで欲しい情報を手に入れることができたりします。

記憶力もアップ?

インプット

テスト前など友人と一緒に勉強し自分が教えたことについて妙に理解度が高かったり記憶力が良いと感じたことはありませんか。それも実は科学的根拠があり何をすれば記憶が保持されるのかということが明らかになっています。
ラーニングピラミッド

どれくらいのアウトプットが必要?

結論から言うとインプットの比率が3に対してアウトプットは7するべきであると言われています。つまり、インプット:アウトプット=3:7ということです。これは前述の記憶力とも関わりがあり、2週間で3回使うと長期記憶として定着すると言われています。よく知られている忘却率についてエビングハウスの忘却曲線といわれるグラフがあります。

どうやってアウトプットする?

アウトプット

アウトプットの方法は自分が継続的に取り組むことができるSNSの仕様や友人との日常会話でももちろんOKです。アウトプットと聞くとプレゼンや勉強会などハードルが高いものを想像しがちですが、もっと気楽に捉えて継続することがまず目標になります。

モチベーションが上がる目標設定

モチベーション

アウトプットに関わらず適切な目標設定は重要です。では、どのような種類がありどのような目標を設定すればモチベーションが上がり継続することができるかということを紹介いたします。

  • Comfort zone:快適領域(現状達成可能な目標設定)と言われ安心感はありますが、自己成長はなかなかみられません。
  • Learning zone:学習領域(少し背伸びした目標設定)と言われ、ワクワク感が湧きドーパミンが分泌され集中力、やる気、記憶力、学習機能を高め自己成長に繋がります。
  • Danger zone:危険領域(不可能に近い目標設定)と言われ、ノルアドレナリン・ストレスホルモンが分泌されやめたい、逃げたいという気持ちから不安や恐怖に繋がってしまいます。

大きく3つに分かれる目標設定ですが、自己成長できるように学習領域の目標を設定しましょう。ただ現状、コミュニケーションの頻度や普段使うものについても人によって異なると思うので下記の一例から良さそうなものがあれば明日から実践してみましょう。
友人へ雑談で共有してみる
SNSアプリの活用する(twitterやfacebookで記事投稿する)
日記を書く
プレゼンする
勉強会や読書会へ参加する

もっと知りたい方へおすすめ

樺沢紫苑さん著の『学びを結果に変える アウトプット大全』という本がおすすめです。樺沢さんは現役の医師で精神医学や心理学を心得ており、科学的な観点でアウトプットの重要性がまとめられています。また、普段本をあまり読まない方も章立てが細かいのでとても読みやすく初心者にもおすすめです。面白すぎてなべけんは一日で読んでしまいました。ぜひ一度調べてみてください。

樺沢紫苑『学びを結果に変える アウトプット大全』サンクチュアリ出版

まとめ

アウトプットの重要性と明日からどのような方法でアウトプットするのか考えられましたでしょうか。理論や実践方法についてより具体的に知りたい方はおすすめの本を読むのも良いかもしれません。ただし、インプットよりもアウトプットの方が重要ということを忘れずにインプットするようにしましょう。少しずつ意識を変えて効率の良いインプットをし一緒にキャリアアップしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*