人事に興味がある方必見!必要なスキル・経験5つのポイント徹底解説!

     
       
ヒューマンリソース
         

組織に所属する人に特化して仕事を行うのが、人事の仕事です。どのような事業形態であっても、組織の要となるのは、やはり人。だからこそ、人をどう動かし活性化させていくのかは非常に重要なポイントとなります。今回は、人事の仕事に興味がある!という方に向けて、必要なスキルや積んでおきたい経験について紹介します。

■人事には多様なスキル・経験値が必要

 

人事とは、企業の中で決して花形とは言えない職種です。モノやサービスではなく、人事が扱うのは主に人。限られた人材をどう生かし、そして将来を見据えてどう育てていくのかが、人事の仕事の中心となります。具体的には、以下のような仕事があります。

  • 人事企画
  • 新規スタッフの採用や雇用
  • 人材教育や各種研修
  • 評価

またこのほか、勤怠管理や給与計算などの労務管理も、人事の仕事として割り振っている企業も少なくありません。裏方という印象も強い仕事ではありますが、人事が上手くいっていない企業は、どれだけ潜在能力を秘めていても、それを発揮することはできません。企業を上手く回していくためには欠かせない仕事をしていると言えるでしょう。人事が扱うのは人であるため、非常に幅広いスキルや経験値が求められます。人事の仕事で成長していくためには、人事の仕事について適切な知識を身につけるところからスタートしましょう。

■人事に必要な5つのスキル

ヒューマンリソース

人事のプロとして活躍するためには、以下のようなスキルが必要となります。

  • コミュニケーション能力
  • スケジュール管理能力
  • 書類作成能力
  • 情報収集能力
  • 将来を見越した戦略的な思考力

人事の仕事をする上で、もっとも重要視されるのが、周囲の同僚・上司・部下とのコミュニケーション能力です。人を相手に仕事をするからこそ、コミュニケーション能力は必須。相手の要求を的確に読み取る必要がありますし、また自分から発信する情報を、適切に相手に届ける事も大切です。

また、人に関わる企画などを担当したり社外の人とやり取りが生じることもあり、スケジュール管理や書類作成といった事務スキルも必須となります。最初から必須というわけではありませんが、効率よく作業をこなせる人は、やはり評価も高いです。

最後に、人事として活躍するために欠かせないのが、人材育成や雇用に関する業務です。会社を成長させていくためには、さまざまな情報に触れ、それらを多角的に分析・思考できる能力が必要となります。

  • 各部署の業務内容に関する基礎知識
  • 雇用や労務に関する法律や制度知識
  • 会社が目指す将来像
  • 人材に関する各種情報(能力・適正・性格・評判など)

これらの情報を組み合わせた上で、これからの会社に必要なプランを立てられることも人事にとって非常に重要なスキルとなります。

■人事に必要な経験とは?

 

人事として活躍するためには、さまざまなスキルが必要となり、その基盤となるのが社内における幅広い経験です。人事以外の仕事経験は、非常に重要な意味を持ちますし、社内各所に人脈を作るチャンスにもなります。特に第二新卒のように若い時期には、業務内容を問わず、積極的に挑戦してみるのがおすすめです。人事に携わる人にとって、現場を知ることは人材管理に欠かせない経験の一つです。

また人事希望であるにも関わらず、なかなかスタートラインに立てないときには、中小企業で経験を積むのもおすすめの方法です。大手企業と比較すると、中小企業の人事はより幅広い分野を担当することになります。人事に関わる業務を幅広く担当することで、人事に必要とされる各種スキル・経験を、非常にスピーディーに身につけることができるでしょう。

■資格取得を目指すなら「社会保険労務士」「キャリアコンサルタント」がおすすめ

キャリア相談

人事のプロを目指し、着実なステップアップを望むのであれば、人事の仕事に生かせる資格の取得について、積極的に検討してみてはいかがでしょうか。おすすめの資格は、社会保険労務士とキャリアコンサルタントの2つです。

社会保険労務士とは、人材に関する専門家であることを示してくれる国家資格です。労働関係や社会保険関係、年金関係だけではなく、人材に関する諸問題を幅広く扱うエキスパートで、近年では、人材を通して経営上の問題にまで踏み込んで、コンサルティングできるような能力も求められています。取得までの道のりは決して簡単ではありませんが、大手企業では社会保険労務士資格を必須としているところも珍しくありません。

キャリアコンサルタントは、面談を通じて個々が活躍する場面や、その能力を伸ばすためのサポートをする専門家です。人材育成を非常に重要な柱とする人事にとって、こちらも欠かせない資格の一つだと言えるでしょう。キャリアコンサルタント資格も国家資格で、受験するには実務経験を積むか、もしくは認定講習を終了する必要があります。自分自身の経験を踏まえた上で、資格取得についても前向きに検討してみてください。

■まとめ

企業の中で「人」に特化して仕事を行うのが、人事の特徴です。人材は企業の要となるものですから、人事の仕事には非常に大きなやりがいがあると言えるでしょう。ただし人事として活躍するためには、幅広いスキルや経験が求められます。まだ社会人としての経験が浅いのであれば、さまざまな仕事を経験し、スキルアップを目指すことこそが人事にふさわしいスキルを身につける近道と言えそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*