【第二新卒】職務経歴書で差を!求める人物像を押さえた3つPR方法

     
       
企業軸_職務経歴書
         

職務経歴書の作成時、企業の求める人物像に当てはめてしまうと、逆に選考に落ちてしまうこともあります。書類選考を通過するためには自身を客観視し、強みを訴求することが求められます。ここでは、自分を正しくPRするためのポイントをシェアいたします。

まず自分の強みを知る

point

自己PRで強みを考える際、”企業に合わせて書こう”という考えは誤りです。

あくまでも自分の最もアピールできる強みを語る必要があり、これを押さえて別の強みを繕うことは強みをアピールできなくなってしまいます。

もし企業に合わせて書くのであれば、企業が求めるスキル・スタンスをアピールできる経験をすることから始めなければなりません。

そのため、転職活動を始めた段階で企業に合わせた強みを見つけることは偶然一致していない限り避けましょう。

ですが、自分の強みを活かして企業に沿った職務経歴書作成や面接でのアピールをすることできます。

1. 捉え方を変え、企業に合わせる

会議

強みと弱みが表裏一体なのと同じように、強みは一つでも見方は多様です。

一つの強みも捉え方によっては複数の側面をアピールできます。強みの本質的なことは変わらずとも、自分がアピールしたいことが採用担当者によりアピールできます。

【強み変換の例】

  • 傾聴能力 → 相手に寄り添って考える・自分の意見を押し付けずに考える
  • 好奇心 → チャレンジ精神がある・現状に満足しない
  • 臆せずに意見を言う → 当事者意識がある

これらの例では、変換する前と後のキーワードを単体で見ると異なるイメージですが、根本的なスタンスは同じことを示しています。このように、あくまでも自分の強みをアピールしますが、見せ方を複数の側面を使うということです。

2. 企業が求めている人材を知る

PC&SmartPhone

企業に合わせて書こうとしても、企業が求めているスキル・スタンスを誤りなく把握しなければなりません。

そのために大きく3つのステップで把握します。

  1. 募集要項を見る
  2. 企業の情報を捉える
  3. 募集部署の特徴を捉える

募集要項を見て応募書類を作成するのはもちろんですが、それ以外にも情報を収集することでより訴求力の高い文章作成ができます。

2.1 募集要項を見る

募集要項にはスキル・経験が書かれていることが多いですが、(強みとして書く)スタンスについても書かれていることがあります。

また、必須条件と歓迎条件として段階的に問われていることもあります。なお、歓迎条件は十分条件ではなく、歓迎されているスキル・経験が備わっていても選考で有利になるとは限りません。

2.2 企業の情報

募集要項に書かれていることの本質を把握するために、企業という単位で情報収集することが必要です。

企業理念やミッションはもちろんですが、風土や経営情報についても把握することで募集ポジションを超えた活躍をアピールできます。

たとえば、企業が買収を行っていたり、企業規模を拡大している背景があれば、スタンスとして”チャレンジ精神”を求められる可能性が高いです。与えられた仕事をコツコツ・モクモクとこなすスタンスの場合ではミスマッチになる可能性が高いです。

2.3 募集部署の特徴

募集されている部署によっても、特徴が大きく異なります。

マーケティング部署であればマクロな視点が求められますし、営業部であればコミュニケーション能力や臨機応変に対応する力が求められます。

これが丁寧に要項へ書かれていることもあれば、そうでないことも往々にあります。そのためそれぞれの部署でどのようなスキル・経験が求められているのかを把握しておく必要があります。

経験している部署であればわざわざ調べる必要もありませんが、新しいことに挑戦するのであればこれについても調べましょう。

3. PRのポイント

ビジネス・コミュニケーション

企業が求めていることを把握した上で、自分をアピールする文章表現やキャリアの棚卸しをしましょう。

PRするために自分のどの経験を使うのかを考えることは重要です。経験がなければ、アピールできる経験をしにいくところから始めなければなりません。

以下では、その経験を正しく訴求するための3つのポイントを紹介いたします。

3.1 副詞表現を避ける

”自分”をアピールするのであれば、事実を過小評価されないように伝えることが求められます。

そのためには、”様々な”や”積極的に”などの一般化された副詞表現ではなく、経験したことを相手がイメージできるように表現します。

曖昧な表現を使ってしまうと人によってイメージが異なるため、過小評価されてしまうだけでなく過大評価されてしまう可能性もあります。過大評価され選考に通れば良いと感じるかもしれませんが、面接でのハードルが上がってしまう可能性があります。また、内定が出たとしても就業後のミスマッチに繋がる可能性もあり、これを避けるために事実を定量的に書くことが求められます。

3.2 事実を書くこと

できるだけ事実に沿ってエピソードを書くことで、活躍できるかどうかのジャッジに繋がりやすくなります。

自己PRや経験について聞かれる理由は、入社後も活躍できるかどうかを仕事に取り組む姿勢などから判断されます。そのため、スタンスやプロセスについて相手がわかるように事実を書くことでミスマッチを防ぐことができます。

3.3 定量的に書くこと

数字を使って伝えられるようなることで、聞き手が持つイメージがより現実的になります。

数字と聞くと売上や成績でなければ落とし込むことができないと感じるかもしれないですが、定性面に感じることでも数値に落とし込むことができます。

自分のリサーチ>企業のリサーチ

採用されるために企業の情報を収集することはもちろん重要ですが、それ以上に自分を知ることが必要です。

採用されることは、あくまでもスタートラインに立つことなので、入社後に活躍できることを前提に考えなければなりません。自分を正しく知ることができれば、入社後にスキルアップや課題解決で悩んだときの解決手段として立ち戻って考えられます。

転職活動という一点で考えるのではなく、よりマクロの視点を持って新たな一歩を踏み出しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*