どうやってOB訪問するの?おすすめの4つの方法【新卒・大学生】

     
       
OBOG訪問
         

社会人と会って話を聞いてみたいけれど、「何を話せば良いかハードルが高い」や「社会人と実際に会うとなったときにどのような人とどう会うのか」、「どのようにして出会うのか」考えるとなかなか一歩踏み出せないですよね。そこで今回は、様々なサービスを紹介することで、自分に合った方法を見つけ記事を読んですぐ社会人にアプローチをしましょう。

なぜ社会人と会うの

就職活動は大学生にとって初めて正解のない試験といっても過言ではありません。たとえば、今まではテストに関しては正誤や解き方があったりしました。しかし、就活は目指す方向も人によってバラバラ、かつ、様々な学力・バックグラウンドの方と肩を並べて活動するので自分の現状によってやるべきことや活かすことができる強みが変わってきます。そのため、自分の目指す社会人や業界で活躍している方と関わりことで少しでも自分のなりたい姿を意識して行動することが重要になります。詳しくは「何からすればいい?就活に悩む大学生必見!計画編!【新卒採用向け】」で紹介しております。では、社会人と実際に会うためにはどのような機会に参加するのが良いのか一例を見てみましょう。

SHIRUCAFE(知るカフェ)

知るカフェ

SHIRUCAFEは大学生が無料で利用することができるスペースの運営を行なっています。会員学生はドリンクサービスやwi-fi、レンタルスペースの利用や社会人との交流イベント参加など数多くの特典があります。この交流会では、企業担当者の方と交流することができ業界や働くことに関する疑問・不安を解消することができる場になっています。ただし、カフェがある場所は限られておりますので地方の学生さんは利用ができないですが利用できる方はぜひ一度足を運んでみましょう。

HPはこちら

OB訪問・OG訪問のアプリ

OB訪問・OG訪問というと以前は大学やサークルなど繋がりがある方でないと求める社会人と会うことができなかったですが、SNSの発達により「OB訪問・OG訪問」のアプリも開発されています。私も社会人として登録し学生のキャリア・カウンセリングを行なっています。代表的なものを紹介させていただきます。

Matcher

matcher

このアプリは「就活相談にのるので、〇〇してくれませんか?」というコンセプトのもと学生と社会人をマッチングしているサービスです。実際にはリターンを求めている社会人は少ないです。登録社会人は、本人確認をしている方のみ承認アイコンがついており安全性も保障されています。直接つながりがなかったとしてもマッチングする可能性もありますので、社会人とのコネクションを持つのに非常に便利です。

登録はこちら

HELLO, VISITS

HELLO, VISITS

このアプリは登録している社会人が100%企業公認ということで他のアプリに比べて信頼を勝ち取っています。OB訪問に限らず勉強会の実施や共有スペースの利用も可能なため社会人だけでなく、同じ志の学生同士で高め合うことも可能です。ただし、このアプリは在籍大学卒の社会人とのコンタクトになるため、大学によってはサービスが受けられない可能性があります。

登録はこちら

BIZREACH CAMPUS

BIZREACH

エグゼクティ層の転職で有名なビズリーチのOBOG訪問アプリです。このアプリは従来のOBOG訪問に一番近い形をとっており、在籍している大学を軸にOBOGとの接点を支援するサービスになっています。社会人側も大手企業の登録が多いため大手や有名企業への就職を希望している方にはとっておきのサービスです。しかし、現状サービスとして機能しているのは首都圏の大学やMARCH・関関同立以上の偏差値の大学になるので、在籍大学によってはサービスを使えない方も出てきてしまうのが現状です。

登録はこちら

まとめ

学生のニーズや法人のニーズにより、予想以上に社会人と関わることができる場が提供されています。これらを利用できるかそうでないかで、周りの方とのキャリアアップの一歩に差がついているかもしれません。自分にあったサービスを探して今からキャリアップや就活に向けて動きましょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*