SDGsを理解しきゃりああっぷ①【17のゴールについて】

     
       
SDGs
         

最近よく耳にするSDGsやよく目にするカラフルな輪っかの紋章が何かご存知でしょうか。紋章をつけていらっしゃる方でも具体的な説明ができない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな今さら人には聞けないSDGsについて理解しキャリアアップしていきましょう。

SDGsとは

goals
出典:国際連合広報センターHP

2015年9月に国連本部でサミットが開催され、世界を対象に「持続可能な開発目標」が定められました。これがSDGs(エス・ディ・ジー・ズ)と呼ばれアルファベットは3つの単語の頭文字を表しています。

  • Sustainable:持続可能な
  • Development:開発
  • Goals:目標

17のゴールと169のターゲットというより細かいベンチマークを設けつつ2030年までの達成目標としています。そしてSDGsは基本コンセプトとして「だれ一人取り残さない(No One Left Behind)」とし、グローバル化が進み貧困問題などが顕著になるなか国同士が協力しなければ達成できないとしている。ここで扱う課題は「環境」「経済」「社会」を包括的に扱いかつ相互間の関係を重視した構造になっている。また、大きなポイントの一つとして産学官全てが協力して行うということです。今までは国のみの取り組みとして行なっているものが多かったが、多くの民間企業も事業に参画しゴールに応じた取り組みを行なっています。

society 5.0とは

society 5.0

出典:経団連SDGs HP

society 5.0は前述した取り組みのうちの経団連の取り組みの一例です。今までの産業の変化をフェーズごとに分け、SDGsの取り組みとして目指す社会を5.0としているものです。このsociety 5.0では、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)と共存する時代をさしています。中には「AI vs. ヒト」のように誤った考えを持っている方がいますが、将来は互いの強みを活かして共存し、人間はAIを活用するという発想を持つ時代を言っています。

17のゴール

goal

SDGsの目標達成には、皆さんの普段の仕事と同様にスモール・ゴールのようなものが設けられています。それぞれの意味とゴールを知ることで世界のビジョンを知りましょう。

  • ゴール1(貧困):あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
  • ゴール2(飢餓):飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
  • ゴール3(健康な生活):あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
  • ゴール4(教育):すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
  • ゴール5(ジェンダー):ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
  • ゴール6(水):すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
  • ゴール7(エネルギー):すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
  • ゴール8(雇用):包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
  • ゴール9(インフラ):レジリエントなインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
  • ゴール10(不平等の是正):各国内及び各国間の不平等を是正する
  • ゴール11(安全な都市):包摂的で安全かつレジリエントで持続可能な都市及び人間居住を実現する
  • ゴール12(持続可能な生産):持続可能な生産消費形態を保持する
  • ゴール13(気候変動):気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
  • ゴール14(海洋):持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
  • ゴール15(生態系・森林):陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
  • ゴール16(法の支配等):持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスをて教師、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
  • ゴール17(パートナーシップ):持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する
    (出典:地球環境戦略研究機関[IGES]資料より環境省作成)

まとめ

企業でSDGsへの取り組みを掲げている方もそうでない方もSDGsの基本コンセプトについて確認しました。全世界で取り組んでいるため注目度は高く、今取り組んでいない企業や団体でもこの知識が必要になる時が来るかもしれません。また、未来を見据えた世界のビジョンのためグローバルな時代の共通言語になると思います。別ページでより具体的に説明もいたしますのでお楽しみください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*