キャリア発達理論できゃりあでざいん【サビカス・ハヴィガースト】

     
       
キャリア
         

理論というと堅苦しく変化の激しいと言われる時代には追いついていないのではないかと思われます。もちろん理論通りに行かないこともありますが、VUCAの時代に会うように考えられた理論もあります。今回はあえて古典的な理論かと一緒に紹介することでその理論の変化や着眼点の違いを知り広げて行けたらと思います。一緒にきゃりああっぷしましょう。

マーク・サビカス Mark L. Savickas

サビカス

サビカスは、スーパーのキャリア発達理論を引き継いでキャリア構築理論を提唱しています。キャリア構築理論はその名前の通りでキャリアを構築するための要素について体系化されているものです。おそらく、就活における面接やヘッドハンティングの際はこの理論の要素を分析して人物像を選考しているところがあります。なので、自分のキャリア観を客観視できるように一つずつ確認していきましょう。それでは、キャリア構築理論を構成する3つの要素を説明いたします。

職業パーソナリティ【what】

職業パーソナリティはキャリアに関するその人の興味や能力・価値観などその人のキャリアにおける人間性を表現しています。ただしここで注意が必要なのが興味はその時時によって異なるのであくまで参考程度にその上の志向性を考えたほうがよいとも言われています。

キャリア・アダプタビリティ【how】

キャリア・アダプタビリティは職業選択や職業への適応について計画性や意思決定の観点から体系化されたものです。これについては自分から見た社会への興味だけではなく、社会からどのようなことが期待されているのかということまで考えられている。そして、キャリア・アダプタビリティは下記4つの次元から構成されています。
キャリア関心:職業上未来志向と言われており、過去を回顧し現在を熟考することで未来を展望することができるようになり現実になる。それに対する計画的な態度が関心として考えられています。
キャリア統制:そして、職業上の未来を統制する責任は自分にあると自覚することです。自ら選択することで先延ばしなどの逃避を避けて高いモチベーションで自分のキャリアを考えます。
キャリア好奇心:言葉のままの意味で職業選択について自ら能動的に調べたりすることができているかどうかということです。
キャリア自信:過去の成功体験に基づいて今挑戦している職業選択について成功のイメージが持てているかどうかということです。

ライフテーマ【why】

個人の職業の行動についてなぜそのような行動をとったのかという動機や価値観に関するものです。これは就活でいうと「困難を乗り越えた経験」や「学生時代に力を入れたこと」にあたります。これを考えることは個人にとっての意味を作り出すことで将来を形作るための能動的な行動になると言われており自己分析の重要性がわかります。

言われてみればそうかも知れないと思うこともあるかもしれませんがこれまで体系立てて自分だけで考えるのは難しいと思います。自分がやりたいことなど考えるときの一種のフレームワークとして活用してみるのも良いかもしれません。

ロバート・ハヴィガースト

ハヴィガースト

ハヴィガーストは人の一生を6つの段階に分けそれぞれの時期に獲得することや経験することを発達課題として説明しています。スーパー以前の古典的なキャリア理論なので不可逆的なキャリア論として発達段階が展開されています。

乳幼児期:歩行を学ぶ、固形のものを取る、話すことを学ぶ、大小便の排泄習慣のコントロールを学ぶ、性の違いと性に結びついて慎みを学ぶ、両親・兄弟・他者と情緒的に結びつことができる
児童期:ボール遊び、水泳などに必要な身体的技能を学ぶ、同年齢の友達と仲良くなる、良心・道徳性・価値観を発達させる、自立的な人間性を達成する
青年期:同年齢の男女と新しい関係を築く、良心や他の大人からの情緒的独立を達成する、経済的独立に関する自信の確立、職業の準備をする、結婚と家庭生活の準備をする、社会的に責任ある行動を求め・成し遂げる
壮年初期:就職する、配偶者を選択し家族を形成する、子どもを養育する、家庭外の社会集団の福祉のために責任を負う
中年期:大人としての市民的社会的責任を負う、一定の経済的生活水準を確立し維持する、子どもが幸福な大人になれるように援護する、中年期の生理的変化を理解し適応する
老年期:肉体的な強さと健康の衰退に適応する、引退と減少した収入に適応する、配偶者の死に順応する、自分と同年代の人たちと明るい関係を確立する、満足の行く住宅の確保

まとめ

あえて対象的な2名の理論家を一緒に紹介いたしました。サビカスは現在も活躍されているより先進的なキャリア理論を考案しているため、自分自身に当てはめやすいかもしれません。ただ、ハヴィガーストの発達段階についても現代も考えられる各段階での発達課題などがありキャリアを考える上で必要になってくると思います。古今の理論を踏まえて一緒にキャリアアップしましょう。新たな理論家はこちらへ。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*