転職で新しいことを|異業種や異職種キャリアチェンジ3つのポイント

     
       
転職_キャリアチェンジ
         

転職では今までのスキルだけでなく、違うことにチャレンジしたいという理由で就職活動を行う人も多いでしょう。異業種または異職種のキャリアチェンジに必要なことをまとめました。最初は慣れずに戸惑いも多いため対策も必要です。

今の時代、転職を行い別の環境、職場で仕事を行うのは珍しくなくなりました。中には今とは別の業種、異業種に転職をして新しく仕事をしていきたいと考えている方もいるでしょう。しかし、今までとは違った仕事になるため、何も考えず転職を行うと失敗をしてしまいます。では、異業種に転職をする際のポイントとしては何があるでしょうか?

異業種に転職する理由を明確にしておく

writing_business

異業種に限った話ではありませんが、転職を行う際には明確な理由を持っておきましょう。今とは違う職種へ移るため、明確な理由もなく曖昧な心持ちで行うとイメージと違い後悔する可能性が高いです。

何より相手の企業からは今の仕事から逃げたいという逃げの姿勢であると見られてしまいます。面接において聞かれた際、相手に伝える必要があるため伝えられるレベルになる理由を持っておきましょう。理由を考える時は実際転職できた後の将来をどのように考えているか伝えられるかが適切といえます。

一般の転職活動と同じように前の職場に対する不満を理由として行うのは厳禁です。不満を理由の転職は逃げと見られてしまうのはもちろんのこと、本人の心持ちも逃げる側に傾きやすくなってしまいます。

明確な理由を持つためには選択先の企業に対する知識も必要です。転職活動を行う際には異業種に対しての知識、情報を十分に備えなければなりません。転職を決めた時は情報集めから始めた方がいいでしょう。

経験してきた仕事から何を活用できるか考える

load_business

異業種に限った話ではありませんが、企業が採用を行う際のポイントとしては以下を見ています。

  • ポテンシャル、基礎能力
  • スタンス、仕事に対しての考え方
  • ポータブル、仕事に活用できる強み
  • テクニカル、専門性の高さ

異業種の転職となれば専門性がないのは避けられないため、テクニカルに関して考える必要はありません。他3つの点に対し考えなければいけませんが、特に異業種へ転職する場合はポータブルが重視されます。

今の職種から仕事の内容が変わった場合でも全く違ったものになるとは限りません。前行ってきた仕事から転職先の仕事に通用する経験や知識もあるでしょう。異業種側で何を求められるかを考え、経験と照らし合わせてアピールできるか考えるのがいいです。

面接では前の仕事について高確率で聞かれるでしょう。相手企業は別の職種なため、前の職場によってはほとんど知識がないケースも多いです。知らない相手にも問題なく理解できるよう説明を考えておきましょう。

転職先が存在するか確認をする

typing_lady

仕事の経験があるといえど異業種の転職となれば未経験からのスタートとなります。求人では未経験でも可能とされている種類を探しましょう。

職種によっても未経験でも大丈夫とされる企業の頻度は変わってきます。主に未経験でも選択先の多い職種は以下の通りです。

  • IT系
  • 不動産系
  • サービス系
  • 営業系

他にも新規事業や急成長している企業も人材を確保するため未経験可で募集しているケースもあります。しかし未経験可は問題のある企業のケースも少なくないため、企業の情報をよく調べ判断しましょう。

年代による難易度もあり20代であれば転職は難しくありません。30代以上となれば仕事の知識や経験が見られるため厳しい環境となります。しかし厳しくはありますが不可能ではないため活動が無意味にはなりません。

転職に関してはサイトを探すだけでなく転職エージェントも活用しましょう。

まとめ

ケースにもよりますが異業種へ転職を行うと今までと環境が大きく変わります。今までと考え、行動共に変わるため最初は戸惑う方も少なくないでしょう。環境の変化により自身の健康に影響をもたらす可能性も考えられます。異業種へ転職を行う際には変化によりもたらせる影響も覚悟し臨みましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*