【厳選3冊】新社会人(新入社員・新卒)はこれだけ読めばOK

     
       
recommend-books
         

「新入社員におすすめのビジネス書を知りたい!」
「スキマ時間をうまく使いたい!」

「本を読んで周りと差をつけたい!」

このように意欲ある社会人に向けてお届けいたします。

はじめまして、よちよち・きゃりああっぷ運営のなべけん(@yochi-career)と申します。
社会人になってから読書が習慣化し、2年目には若手の営業成績トップで表彰台に立つことができました。

入社3年目以降、年間100冊以上のペースで読んだ中で、若手におすすめの3冊を厳選してご紹介いたします。

  1. 『成功する人は、教わり方が違う。』
  2. 『入社1年目の教科書』
  3. 『コンサル一年目が学ぶこと』

成長を加速させるきっかけをお届けできたら幸いです。
それでは参ります。

1. 『成功する人は、教わり方が違う。』

成功する人は、教わり方が違う。

「上司に恵まれなかったらどうしよう…」
「教わるコツがあれば知りたい!」
「早く成長するために、上司との接し方を知りたい!」

新入社員や異動で上司が変わる方は、みんな同じ悩みをお持ちではないでしょうか。

つい上司を「当たり・ハズレ」で考えてしまいがちです。
わたしも異動前はみなさんと同じように不安を強く感じていました。

そんな不安を払拭してくれるのが、『成功する人は、教わり方が違う。』という本。
ズバリこの本を読めば、どのような環境にいても成長を加速させることができます。

1.1 受動的から抜け出す

学校では教わることが前提でした。しかし社会人になると「教わりに行く姿勢」が必要になり、この姿勢が成長を大きく左右します。

これほどまでに重要にもかかわらず、「教わり方」は学校では教えてくれません。

「教わること」に自信がない方でも、この本ではすぐに実践できる「60の習慣」が紹介されています。

ただ単にポイントが書かれているだけでなく、「なぜ必要なのか」や「どのような良い事があるのか」あわせて理解できるので、納得して実践できます。

1.2 意外とできていない「教わり方」をマスター

仕事や勉強が上手くいかないと、つい人のせいにしがちですよね。

正直、わたしはこの本を読むまで「〇〇先生/△△さんは教え方がヘタ」と一方的に決めつけていました。
ですが、「成長できるかどうかは自分にかかっている」ことに本を通じて気付かされました。

一流は、
教えてもらえるのが奇跡と感じる。

二流は、
教えてもらって当たり前と感じる。

二流は、「教えてもらって当たり前、上司は教えるのが仕事でしょう」と思っているので、それほど感謝の気持ちはありません。
会社の中でも、自分は成長する生産者ではなくお客様という意識でいる人は、「教わっていません」と言います。

教えてもらうチャンスは、もう二度とこの人に教えてもらえる機会はない、というくらい貴重です。

引用:中谷彰宏『成功する人は、教わり方が違う。』

created by Rinker
¥1,430 (2021/06/21 14:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

もっと具体的な内容を知りたい方はこちらをチェック。
わたしの読んだ感想やオススメのポイントを、引用を通じて学べます。

>>【レビュー】成功する人は、教わり方が違う◇成功のカギは60の教わり方

2. 『入社1年目の教科書』

入社一年目の教科書

「働くことがイメージできず不安」
「何を意識して仕事をすればいいか知りたい」
「社会人と学生の違いってなんだろう?」

自分のワークスタイルが確立していない方は、「働き方を見つけるきっかけ」がこの本になることは間違いないです。

正直わたしも「これは違う気がする!」と思うものもありますが、『入社一年目の教科書』きっかけで働き方を見つけたことは多いです。

2.1 仕事の3つの原則

みなさんは仕事をする上で、自分オリジナルのポリシーをお持ちでしょうか。
この本では仕事の原則を3つ上げています。

  1. 頼まれたことは、必ずやりきる
  2. 50点で構わないから早く出せ
  3. つまらない仕事はない

特に「つまらない仕事はない」は、わたしも重要だと感じています。
もしかしたら自分以外の人は「退屈そう」と感じる仕事でも、必ず「面白さをみつける」ことはできます。

この前向きなマインドを持っているだけでも立派な社会人になれます。

2.2 50の行動指針

「仕事の3つの原則」は知っているだけでは、行動を変えにくいですよね。
ですが行動に移すための50の指針が紹介されているため、本を読んだその日から行動も変えられます。

created by Rinker
¥1,539 (2021/06/22 07:09:17時点 Amazon調べ-詳細)

3. 『コンサル一年目が学ぶこと』

コンサル一年目が学ぶこと

「仕事になれ始めたから、レベルアップしたい!」
「コンサルのようなロジカルな考え方を知りたい!」
「仕事の効率をもっと上げたい!」

仕事に慣れ始め余裕が出てくると、1ランクUPした仕事のハウツーを知りたくなりますよね。
3冊目にご紹介する『コンサル一年目が学ぶこと』は、『入社1年目の教科書』と比べるとより実践的なビジネスのハウツーが学べます。

本書でも「はじめに」でこのように述べられています。

まとめると、本書を読むことで、

  • 職業を問わず、業界を問わず、 15年後にも役立つ普遍的なスキルを
  • 社会人一年目で学んだときの基礎的なレベルから

理解できるようになります。

引用:大石哲之『コンサル一年目が学ぶこと』

3.1 4つのカテゴリー

「取引先とのコミュニケーションは何を意識すれば?」
「成功している人は仕事をするとき何を考えてる?」
「効率的に仕事進める方法知りたい!」

これらを解決する「15年後にも役立つ普遍的なスキル」として、4つのカテゴリー・30のベーシックスキルが紹介されています。

  • 話す技術
  • 思考術
  • デスクワーク術
  • ビジネスマインド

「コンサル一年目」と聞くと「難しそう」と思うかもしれません。
ですが「理解できないほど難しい」ことは一切書かれておらず、いずれも実践しやすいようにまとめられています。

created by Rinker
¥1,155 (2021/06/22 02:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

こちらで読了の感想と具体的な内容についてレビューしています。

>>【レビュー】コンサル一年目が学ぶこと◇ベーシックスキル30とは?

まとめ:3冊だけ読めば未来はもっと明るく!

いかがでしたか。
この記事では、若手社員向けに「これだけ読めばOK」の3冊をご紹介いたしました。

  1. 『成功する人は、教わり方が違う。』
  2. 『入社1年目の教科書』
  3. 『コンサル一年目が学ぶこと』

3冊を読めば「成功する教わり方」と「社会人としての心構え」、「普遍的なスキル」を誰でも明日から実践できます。
行動が変われば、必ず周囲との差も出てきて結果が変わってきます。

読んだ方は感想のコメントお待ちしております。

created by Rinker
¥1,430 (2021/06/21 14:40:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,539 (2021/06/22 07:09:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,155 (2021/06/22 02:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*