読書

2021年2月読書日記◇年100冊読書家による本の感想と選び方

はじめまして、なべけん(@yochi_career)と申します。

2月に読んだ本

2月はモチベーションが下がり、内容もページ数もボリュームある本を読み始めたので冊数はかなり少ないです。

ただWebライティングに関する本2冊は、”よちきゃり”を運営するにあたってライティングの重要性を再認識できたので、質の高いインプットに繋がりました。
必ずしもボリュームだけではなく、インプットの質も重要だなと改めて感じました。

本当は小説も読みたかったのですが、Webライティングのインプットが楽しく何度も読み返したので1冊しか読めず。
小説は読めなかったものの、初めて「神話」に関する本を読んだので新しい発見もありました。

それでは、2月に読んだ5冊をご紹介いたします。

【ビジネス】1. 沈黙のWebライティング

「Webライティング 本 おすすめ」で検索すると高確率で出てくるため、購入しました。

キャラクターの対話形式で、文章の良し悪しを説明しているため実践しやすいです。
内容がすっと入ってくるので1日で読み終え、当日に実践し始めました。

ライティングのイメージは、レトリックだったのですが共感性の重要性を改めて観じました。
そして、学生時代に学んで以来の「マズローの欲求階層説」が出てきて、学生時代の勉強が活かせておらず恥ずかしさすらも観じました。

【ビジネス】2. 20歳の自分に受けさせたい文章講義

created by Rinker
星海社
¥924 (2021/09/26 01:45:20時点 Amazon調べ-詳細)

これもネット検索すると、上位に表示されるおすすめ著書で購入いたしました。

具体的な文章の作成法は『沈黙のWebライティング』の方が分かりやすかったのですが、一般的な文章作成のポイントはこの本でイメージ湧きました。

説得と納得の違いを意識したライティングが出来ていなかったので、読みて目線のライティング方法が学べました。

【小説】3. TIMELESS

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/26 01:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

昨年に西加奈子さんの『i』を読んでファンになり、YoutubeでVOGUEを観たり、ゲスト出演していたオードリーさんのラジオを聴いたりしていました。
このVOGUEで、西さんが何度も読み返す本として紹介していたのが『TIMELESS』だったのです。

【ビジネス】4. 道をひらく

created by Rinker
¥765 (2021/09/26 01:45:23時点 Amazon調べ-詳細)

言わずもがなですが、皆が知っている名著。やっと購入して読んだみました。

使われている言葉がわかりやす過ぎて、児童向けに書かれているのではと思ってしまうほど。

 

【神話】5. はじまりが見える世界の神話

created by Rinker
¥1,870 (2021/09/26 01:45:21時点 Amazon調べ-詳細)

下北沢でたまたま入った「B&B」という本屋さんで一目惚れして買いました。

テレビ番組の「世界の果てまでイッテQ」で、マヤ文明の跡地のロケ番組が頭に残っていました。
マヤ文明では、「人間はトウモロコシから生まれた」と言ったADさんの言葉です。
テレビは面白がって観ていたけれども、冷静になってみると文明って面白そうだなって。

土地や文化によって異なる神話を通じて、昔の人々の自然との暮らし方とかステキだなと思いました。
そして何より、本の表紙からも想像できますが、挿絵がホント素晴らしいんです。

文章そっちのけで、挿絵を楽しんでいる自分もいます。

まとめ:コツコツ読む

正直「もっと読めたかなあ」とも思ってしまうのですが、これで良いんですよね。

読んだ冊数をこなすことが目的ではないため、着実にインプットすることの方がわたくしにとっては重要です。ある意味それが出来た1ヶ月でした。

もちろんモチベーションに左右されてしまって冊数が少なくなった理由も一部ありますが、次に同じ状況へ陥ってしまったときに同じことを繰り替えさなければOK。

毎日・毎月学びです。

-読書