経理事務って何?必要なスキルや経験など5つのポイント徹底解説!

     
       
経理
         

会社には、お金の計算や管理を任される経理という職種がありますが、それに対して経理事務というポジションもあります。事務職と経理の間のようなこの呼び方の仕事は、実際に何をやるポジションなのでしょうか。その呼び方からして、経理と事務の丁度真ん中のような印象がありますが、その業務内容は会社の規模によっても様々です。そんなポイントを5つに分けてご紹介いたします。

何をする仕事?

経理事務

事務よりの経理業務というとわかりやすいかもしれませんが、商品を受注するための電話対応や見積書の作成などは経理事務の仕事になります。一般事務は、来客対応やファイルの整理など雑務が多い一方で経理事務の場合には、給与計算ソフトを使って従業員の給与の計算をするケースもあるのが実情です。

会社の規模が大きい場合、こうした仕事は経理に回されるのですが例えば新卒で入ってきた新人は経理事務として入社して、慣れてきたころに簿記の資格などを取得して経理で本格的に財務を担当するといったケースもあります。どこまでその仕事を任されるのかは、会社の規模や人数などによっても違っているケースが多いです。

たとえば、新卒に比べて第二新卒でスキルがそれなりにある場合には、その分簿記の資格を持っていたり経理の実務経験がある可能性があるので、そのスキルを買われて採用になるケースがあります。会社としても、新卒で全く何もわからない人を採用して一から指導するよりも、第二新卒を採用して即戦力になるほうがメリットが大きいです。未経験でも大丈夫という募集の場合でも、同じ条件なら経験者をとりたいというのが採用する側の正直な気持ちですので、経験があることは強いといえます。指導するのも手間がかかりますし、資格を取得できるまでに育てるのも手間がかかりますが、第二新卒なら既にある程度のスキルが取得できていたり前職での経験が生かせるということでお互いにとって良い出会いです。

伝票処理・掛金管理・精算

いわゆる日常経理と言われる業務内容になります。未経験の方向けに求人がある場合はこの内容のものから始めていきなれてきたら業務内容が広くなるものが多いです。経理事務に従事する方であれば日商簿記を取得する方も多いと思いますが、これでいうと3〜2級の内容のものです。決して難易度が高い業務ではないですが、これらをスピード感持って取り組むことができるということが必須の経験になります。

財務管理

前述の伝票処理からさらに難易度が上がる業務内容が財務管理になります。企業の決算情報の取りまとめや損益計算書など会社の経営に携わる業務も経理部門が担当しています。これらの業務は非常に難易度が高いものとして分類され未経験の方は経験する機会が少ない内容です。ただし、企業によっては経験を積むことによってこれらの業務を任せてもらえるようになりさらなるスキルアップをすることも可能です。また、これらのスキルを持ち合わせて転職市場へ臨と高給の仕事への面談も可能になるほど社会からの需要が高いスキルです。これらの業務は資格で言うところの日商簿記1級レベルに分類されます。

PCスキル

excel

パソコンを使う機会は必ずあるので、マイクロソフトのワードやエクセルやアクセスなどといったソフトは完璧に使いこなせることも必要です。経理となると扱うものが数字になり膨大な量の数字の集計業務などが含まれます。そのため、エクセルのVLOOKやPIVOTといった高度な関数も使用経験があると非常に重宝されます。また、マクロを組むことができるようになればより難度の高い業務を任せてもらうことができ、スキルアップにも大きく繋がります。

沢山ポイントがあると、自分には無理かもしれないと思うかもしれませんが、新卒で入った会社で経理事務に回されたときにはせっかくですのでそこで数年の経験を積めば、転職には必ず有利な条件になるはずです。もちろんそこで勤め上げるのも良いですが、キャリアアップを目指して転職売る場合には前職のスキルを活かして新たなフィールドで活躍できる機会があります。

給与計算

一般的に給与計算は人事事務の業務内容になりますが、中小企業などの独立した経理部がないような企業の場合は給与計算業務を対応する場合がございます。給与計算については、給与計算実務能力検定といった資格がございますのでこれを取得することももし未経験から始めるのであれば有意義になります。給与計算は、会社によって計算をする部署が異なりますが経理事務に任されるケースも少なくありません。もし任されるとしたら、給与は毎月の事ですしミスは許されない仕事ですので徹底的にエキスパートとしての技術を身につけたいところです。

資格

資格

第二新卒が経理事務で転職やスキルアップする場合のポイントとして、日商簿記の1級または2級の取得をしているかどうかです。これを持っていると、企業としても採用する際の目安になりますしそういう意味では既卒の場合には経理事務の経験も欲しいところです。特に先述した日商簿記の2級は、経理事務で仕事をする場合につかえる技術や知識が身に付きますし、テストの費用も数千円とリーズナブルです。スクールに通ったり通信教育などで学習をすることで取得している人が多いですし、1級でなくても十分アピールすることが出来ます。1級は高度な試験ですが2級を持っているだけでも就職には十分有利です。たとえば、前職が全く経理事務とは関係ない仕事をしていたとしても勉強中ということは大きなアピールポイントになります。もちろん、その後資格を取得したほうが良いですが数字を追うことの重要さを理解している、ということを主張していくのが重要です。

前の仕事でも同じ職種だった場合には、経験者ということで優遇されることもありますが、その分スキルを要求されますし即戦力での採用となります。未経験でも採用される可能性は十分ありますが、日商簿記の2級は取得しておくと何かと便利ですし、最もアピール力の高い資格と言えますので経験していない方は取得を検討するのがおすすめです。第二新卒は即戦力を要求されますが、やる気次第では未経験でも活躍できるフィールドです。

まとめ

第二新卒は新卒に比べると不利のような気がするかもしれませんが、最近は終身雇用もなくなってきており新卒で就職した会社を数年でやめるということも、決して珍しいことではありません。ただし、せっかく就職したのですから次につながるような知識や技術は身につけておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*