初心者の仮想通貨

超初心者向け◇AAVEに仮想通貨を預けDeFi運用する方法を画像15枚で解説|MATIC運用例

aave

こんな方におすすめ

  • 持っている仮想通貨を運用する方法が分からない
  • イーサリアムはガス代が高いので安く運用する方法を知りたい
  • AAVE(アーベ)で運用をするメリット教えてほしい

このような人に向けてお届けいたします。

DeFiができるプロジェクトはいくつもありますが、AAVEを使うと手数料を安く抑えて仮想通貨運用をすることができるのです。

ここでは、20代で50万以上を仮想通貨の投資・運用をしている私なべけん(@yochi_career)が、AAVEで仮想通貨を運用する方法をシェアいたします。

この記事を読むと、AAVEでDeFi運用をすることができるようになります。

なべけん
DeFiについて詳しく知りたい人は、ヒヨコロさんの『DeFiの始め方』がおすすめ!kindle unlimitedなら無料で読めます!

>>kindle Unlimited無料体験で『DeFiの始め方』を読む

AAVE(アーベ)で仮想通貨を運用する準備【MATICの例】

aave

AAVE(アーベ)なら持っている仮想通貨を貸し出し運用することができます。更に、貸し出した仮想通貨を担保に別の仮想通貨を借りることもできるのです。

今回は、MATIC(マティック)という仮想通貨をAAVEで運用する方法をご紹介いたします。他の仮想通貨でも運用方法は一緒なので、ぜひ参考にしてください。

AAVEで運用する準備

  • 国内取引所で仮想通貨を購入
  • 仮想通貨をバイナンスへ送金
  • バイナンスでMATICへコンバート
  • バイナンスからMETAMASKへMATICを送金

国内取引所で仮想通貨を購入

まずはAAVEに預けるための仮想通貨をbitFlyerなどの国内取引所で購入しましょう。

初心者であれば、ビットコインを買えばOKです。

bitFlyerなら1円から仮想通貨が買える

はじめてで仮想通貨を購入するのが不安な人は、bitFlyerなら1円から積み立てることができます。

レートを気にせず無意識で購入できるのでおすすめですね。

CHECK!
かんたん積立
はじめての仮想通貨はbitFlyer「かんたん積立」一択◇口座開設から使い方まで解説

続きを見る

仮想通貨をバイナンスへ送金

次に国内取引所で購入した仮想通貨をバイナンスという海外の取引所へ送金します。

バイナンスへ送金する理由は、AAVEへ入金する仮想通貨が日本の取引所では取り扱いがないためです。後に、購入したビットコインを別の仮想通貨へ交換(コンバート)していきます。

海外の取引所と聞くと「大丈夫か不安」と感じる人もいるかもしれません。ですが、バイナンスは世界一位の仮想通貨取引所なので安心して利用できます。

\ バイナンスは世界1位の取引所! /

無料でバイナンスを開設する

【注意】偽リンクが多いため、検索をせずに信頼できるリンクからアクセスしましょう!

▼バイナンスの開設方法を詳しく知りたい人はこちらをチェック

CHECK!
binance
初心者向け画像14枚で解説◇バイナンスの開設方法や使い方・仮想通貨の買い方

続きを見る

バイナンスでMATICへコンバート

バイナンスの開設が済んだら、送金したビットコインをMATICへ交換をしていきます。いくつか交換する方法がありますが、ここでは簡単なコンバートという方法をご紹介いたします。

binance - convert

コンバートを選択すると、交換前後の仮想通貨を選択する画面になります。

選択して「確定」を押せばビットコインからMATICへの変換が完了です。

binance - convert

バイナンスからMETAMASKへMATICを送金

binance - fiat

a

binance - withdraw

a

binance - witudraw1

METAMASKにPolygonを追加していない人は追加しよう

MTAMASKにPolygonネットワークを使いしていない人は、このタイミングで追加をしましょう。

metamask-rpc

metamask-polygon

【Polygonネットワーク】
ネットワーク名:Matic Mainnet
新規 RPC URL:https://polygon-rpc.com
チェーン ID:137
通貨記号 (オプション):MATIC
ブロック エクスプローラーの URL (オプション):https://polygonscan.com/

AAVEで仮想通貨を入金して運用する方法

準備ができたら数分でAAVEで運用するのは5分でできます。

AAVEで運用するステップ

  • マーケットを選択する
  • AAVEに仮想通貨を入金する
  • 仮想通貨の借入れをする

>>AAVEにアクセスする

AAVEでマーケットを選択する

AAVEへアクセスをしたら「アプリに進む」をクリックしてください。

aave - home

その後に、マーケットを選択します。

今回はMATICを入金するので、Polygonマーケットを選択します。

aave - market

マーケットを選択した後に、入金をしたい仮想通貨を一覧から選択します。

仮想通貨を入金をする

仮想通貨を選択したら、このような画面が表示されます。

詳細を確認して問題がなければ、「入金」をクリックしましょう。

aave - lend

次の画面では、具体的にいくら入金をするか選択する画面になります。

マーケットへ入金をするときにMATICがガス代(手数料)として必要になるので、MAXよりも少ない金額を入金しましょう。

aave lend

Continueをクリックし確定すると、METAMASKで了承が必要になるので「確定」をクリックします。

aave - meta

確定をすると、入金の処理に進みます。

aave - matic

準備が整ったら最後に「入金」をクリックすると、預け入れが完了します。

aave - lend

仮想通貨の借入れ

預け入れが完了すると、預け入れたMATICを担保に別の仮想通貨を借入れることができます。

aave - borrow

AAVEでMATIC運用する5つのメリット

では、なぜAAVEで仮想通貨を運用するのが良いのでしょうか。

ここでは5つのメリットをご紹介いたします。

5つのメリット

  • MATICが減らない
  • 預入れによる運用益が発生
  • さらにMATICの運用益が発生
  • さらに借入れることで利益発生
  • 借入れた仮想通貨をPancakeSwapで運用

MATICが減らない

シンプルですが意外と重要で、預け入れた仮想通貨の価値がなくならない・AAVEがサービス停止しない限り保有されますよね。

銀行にお金を預けるのと同じように、自分が保有するMATICの価値を保ちながら運用益を得ることができます。

預入れによる運用益が発生

持っているだけではレートの上がり下がりだけの利益になりますが、預け入れるだけで利益が発生するのもメリットの一つですね。

さらに、日本円を銀行に預けるより高い年利で運用することができます。日本の銀行の年利は0.001%程度です。つまり、100万円を1年間預け入れて1,000円程度しか利益が発生しません。

ですが、今回預け入れたMATICは0.27%の運用益が発生いたしますね。

さらにMATICの運用益が発生

さらに、画面をよく見ると運用益に加えてMATICが3.45%の年利が得られます。

つまり日本円を銀行に預けるのに比べて、多額の利益が発生するのです。

さらに借入れることで利益発生

さらに、預け入れた仮想通貨を担保に別の仮想通貨を借入れることで更にMATICの発行もされるのです。

借入れのレートによっては、借入れるだけでプラスになることもありますね。

借入れた仮想通貨をPancakeSwapで運用

ここで借入れた仮想通貨を使って、PancakeSwapでさらにDeFi運用をすれば借入金を運用することもできます。もはや利益しかでないのでバグってますね。

まとめ:仮想通貨を持っているだけではもったいない

いかがでしょうか。

まだ一般的ではないDeFi運用の方法を画像つきで分かりやすくご説明いたしました。

運用益が出やすいですが、もちろんハイリスク・ハイリターンの運用なので最終的には自己責任です。

失っても良いお金を使って運用することが重要ですね。

まずバイナンスを開設していない人は、開設するところから始めましょう。

\ バイナンスは世界1位の取引所! /

無料でバイナンスを開設する

【注意】偽リンクが多いため、検索をせずに信頼できるリンクからアクセスしましょう!

-初心者の仮想通貨