転職で派遣を考えている20代必見!自分に合った3種類の派遣

     
       
転職_3種派遣
         

第二新卒の方に派遣という働き方は実はオススメの働き方です。一般的なイメージとしてあまり良くない部分もありますが、長期的なキャリアで考えると経験を積むことができる非常に良い働き方です。第二新卒の方向けにメリットとデメリットを整理していきます。

どんな人におすすめ?

discuss_business

事務の経験を積みたいと思っている方に非常におすすめです。今まで販売職や接客業などPCの使用頻度が少なかったがPCを使った業務をやりたい方、経験を積みたい方は経験を積むことができる案件が数多くあります。その経験を積む派遣の働き方についても種類があるのでそれぞれ分けて説明していきます。

なお、それぞれの派遣の特徴については派遣って実際どうなの?安定して働ける?【新卒・第二新卒向け】へ。

一般派遣

面接

第二新卒などの20代事務未経験者の方向けの求人は非常に多くあります。また、20代の方であれば派遣就業後に直接雇用(正社員や契約社員など)へ切り替わる可能性も十分にありますので長期的な就業を見込めるものもあります。社会人経験を積んでいる方であれば、最低限のビジネスマナーも評価されより派遣会社内での選考も通過しやすいです。また、売り手市場の現在(2019年)では第二新卒の求人は非常に多いため条件面についても好条件の求人が多いです。

ただし、一般派遣で就業する際に直接雇用切り替え後の条件を提示している企業は少ないです。そのため、就業後に直接雇用切り替えの話が来たが、思っていたよりも条件が悪かったなんてことも正直あります。事前に切り替え後の条件について確認できるものについては確認をしておきましょう。

紹介予定派遣

キャリアウーマン

第二新卒の方であれば、社会人経験を積んでいることから紹介予定派遣の選考通過率も高まり、一般派遣より確実に直接雇用へ切り替わるのでおすすめです。紹介予定派遣では派遣の試用期間が数ヶ月あり試用期間後は就業先企業との直接雇用に切り替わる条件です。この試用期間は実際に就業する派遣社員と雇用する企業どちらにとっても試用期間になります。そのため、就業する派遣社員が直接雇用切り替えを希望しなければ切り替えはなく退職になります。一方で企業側が直接雇用への切り替えを希望しない場合もあります。なので、双方にミスマッチが起こらないように就業して就業するかどうかを判断することができます。

また、紹介予定派遣の場合は前述の一般派遣から就業先へ直接雇用へ切り替わる場合と異なり、切り替え後の条件があらかじめ明示されているます。そのため、切り替え後の条件面におけるミスマッチが起こることはありません。このとき、昇給の機会が年に何回あるのかなどの確認が取れるためかなり細かい条件まで確認をすることができます。

紹介予定派遣のお仕事も売り手市場においては、スキルの高い経験者かポテンシャルの高い若手の採用に積極的です。ポテンシャルで判断するとなると、長期間就業してくれそうかどうかということも重要な判断材料になるため第二新卒で職歴があるのは説得力がありプラスに捉えられます。また、ポテンシャル採用なので英語の勉強をしていて活かしたい方には英文事務のお仕事や貿易事務のお仕事も求人が出ています。なので、やりたいことがあり、かつ経験を活かしたい方や挑戦したい方、経験はないが新しいことにチャレンジしていきたい方はおすすめです。

常用派遣

point

新卒採用ではハードルが高い大手企業での就業チャンスが非常に高いです。大手の人材派遣会社になればなるほど大手クライアントの求人を持っている可能性が高いです。また、実際に就業先として派遣先企業についても成長機会やサポート体制に関する審査・基準がそれぞれの派遣会社の中であります。そのため、サポート体制が整っている企業は必然的に大手企業になりやすく大手へ派遣される可能性も十分にあります。また、エンジニアなどの職については大手への派遣が顕著で、新卒で大手への就職倍率が非常に高くかつ中途採油においても経験やスキルが重視されるためなかなか大手で働くことが難しいです。しかし、常用派遣を活用することで新卒で大手の開発に携わったりすることができる可能性が十分に高まります。そうすることで実績を積むこともでき、長期的なビジョンを考えたときにもプラスの経験を積むことができます。

まとめ

第二新卒の方にも派遣という働き方でキャリアの開発をすることは非常に有益です。ニーズに合わせた派遣の働き方もありスキルアップだけでなく長期的な就業を通じて経験を積むことも可能な働き方の一つです。もちろんメリットだけではなくデメリットもありますが、これを選択肢の一つに将来やりたいことへのファーストステップにするのも良さそうですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*